新着記事

2007年05月14日

ますます盛り上がってまいりました。

ああああああー!

時 間 が あ り ま せ ん ! !

ゆ・・・唯一の休日・・・寝て過ごしたァん・・・orz
馬鹿馬鹿俺の馬鹿!時間を返せ!
ああ・・・机上の空論と消えた素敵なプランが虚しいぜ・・・

ぱいと遊びたかった!最近『遊んで遊んで』が激しいの・・・スマヌ
ゲームしたかった!ハワイとNYが呼んでるのに・・・ううう
DVD観たかった!最近増えてないのに消化が進まない・・・
映画館行きたかった!TVのスパーダーマン2観てハマる。ドック・オクが格好えェのよねぇ(はぁと)

そうそう、今年度から固定資産税がコンビニでも振込み可能になりました!
現状では平日に休むとか不可能なので助かりますね!
・・・ってかコンビニ可でなきゃ危うく延滞の危機・・・あーぶねー。


posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月12日

ちょっとイイ話

ありえない事態が職場(書店)で勃発したので実況いたします。

一瞬、幻聴かと思いました・・・

なんと店内で「ケッチャム」と言う声が!
声の主は大学生と思しき女性で、私の、実益を兼ねていない趣味全開ジャック・ケッチャムコーナーの前で「ケッチャム」を連呼しています。
あろうことか彼女は、連れの友人(女性)に、よりによって「隣の家の少女」のあらすじを熱く語っているではありませんか!
メグとかルースとか、固有名詞がバンバン飛び出し、彼女が「隣の〜」を熟読していることは、その熱弁が雄弁に物語っています。
「それでルースが二人を虐待しはじめるんだ〜」
「地下室に監禁されて〜」「顔とか酷いことに〜」「爪が剥がれて〜」

おかげでお友達はドンびきです。(笑顔がひきつっていた)

結局お友達がケッチャム作品を手に取ることはなく、本人はまだまだ熱い口調で語り続けながら「オフシーズン」を買っていったのでした。

なんだか心温まる、書店の午後でした。
posted by るしは at 18:20| Comment(4) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

13巻も買えるかー!(ノ`□´)ノ⌒┻━┻

さすがに録画番組が多いので、HDがあっという間に圧迫されます。
こないだのお休みに記事の仕込みをしつつ「ヒロイック・エイジ」をDVD-Rにダビング中したんですが、あ〜、、つい観ちゃうなぁ。
フートォかわえぇのぅ黒ハート1話撮れなかったのが悔やまれる・・・
しかし、「再見に耐えうる」ってコトは・・・マジでライブラリか!?
とか思ってたら・・・

DVDは2話(だけ)収録の4935円!!
全13巻で合計64155円!!
・・・orz

なんか、最近流行ってますね2話(だけ)収録・・・ヤメテクレー
「エル・カザド」もそうらしいですね。(あっちは6kオーバーらしい)
その点「ロミオ×ジュリエット」は3話収録、全8巻と素晴らしい構成。見習おう!
(まぁ、それでも1万ほどお安いだけなんですが・・・これらの数値は税込み定価です、念のため)
ああ、しかし「ヒロイック・エイジ」はお気に入りなので悔しいなぁ・・・
しかも2巻同時発売か・・・殺す気?

夏以降、私はいったいどのシリーズを収集していることでしょうか・・・?
夏が怖いな・・・夏のボーナスは出来れば全額温存したかったのでね・・・

んじゃ、遅れに遅れの感想です。

・エル・カザド(第6話)
・ロミオ×ジュリエット(第4話)
・地球へ・・・(第5話)
・獣拳戦隊ゲキレンジャー(第12話)
・ヒロイック・エイジ(第6話)
・エル・カザド(第7話)


あらら、「エル・カザド」一順しちゃったよ。

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月11日

蜘蛛の糸とマウイの空

Xbox360の怖いところは「ゲーマーカード見ればプレイ履歴がバレバレ」というところですね。
そんなわけで・・・ええ!買いましたとも!「SPIDER-MAN3」!
spiderman3.jpg
ただ、本格プレイは休みまでお預け。
昨夜無理やり起動させたのは、カオス館から送られてきたブツのジャケに、漢字表記が一切なかったから
北米版がリージョンフリーじゃない(日本の本体で動作しない)ので、注文したのはアジア版だったんですよ。
で、今まで購入したアジア版は、ジャケには格好イイ中文タイトルが付くし(そこらへんはコチラを参照)ジャケ裏の説明や取説にも、英語と中文が併記される形だったのです。
なのに、漢字がナイ・・・

間違えて北米版キタコレ!?

と、ちょっと焦りつつ、確認のため起動させたわけです。
(結局無事動いて一安心)
そしたら、ね?ちょっとはプレイしちゃうじゃないですかw
で、親切なチュートリアルやりながら、
「お〜、アクションが多彩だ!」とか
「スゲー!直感的操作で映画まんまにビルの谷間をびゅ〜ん!」とか
「編集長、クリソツww」とか
「このすかしたナレーション・・・もしやブルース・キャンベル様!?」とか
(実際どうなんだろ。OPのクレジットにはいたけどねw)
そんな感じでわくわくしてたら3時目前・・・
今睡眠不足で死にそうになりながら仕事(の休憩)中なのです。
自業自得?おふこーす!

ちゃんとしたプレイは休みに突入してからになりそうです。
うまくすれば再来週にはシフトも安定しそうなので、もうちょいマトモに余暇を捻出できるかな。

とか言いつつ「テストドライブ」でまったり流してそうな予感もw
TD_jp.jpg
フレがマウイ島にインしてたら、ロスルEですかねぇ、やっぱ。

なんだか、他の積みソフト達の怨嗟の声が聞こえたような気が^^;
供養(?)の意味で、未クリア放置中の360ゲームを晒してみますか。

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

バレバレ

m6_a.gif・・・で、ゲーマーカードの蜘蛛のアイコンは何?

mandragora.gif・・・・・・ごめんなさい。
posted by るしは at 03:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT.10

c`06.jpg
しかし…▲の画像だけ見ると「ドラゴンエイジ6月号の感想」みたいですが、実は学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEADだけの感想なので要注意!
御免ね!俺、この雑誌では、あと「ドロテア」くらいしか読んでないんだ!w
そしてHOTD感想はネタバレバレですのでコミックス派の人はご注意をというわけですよ、kurosuiさん。

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月09日

Web翻訳

最近、Web翻訳サービス(るしはは主にSo-net翻訳を利用してます)で海外サイトでニヤニヤするのがマイブームです。

例えば、ジャック・ケッチャムの公式Webサイト
JKHP.jpg※クリックで拡大
▲が普通に見たWebサイト。当然英文です。
これをWeb翻訳にかけると・・・

JKHP_jp.jpg
▲日本語版Webサイトの出来上がり♪

海外サイトを英語力ナシで楽しめるのが、まぁ第一の利点なんですが、やはり機械翻訳のトンチンカンな訳文を見るのが楽しいのです!

例えば、ケッチャム公式Webで楽しいのが、作品のタイトル。
「THE GIRL NEXT DOOR(邦題:隣の家の少女)」→「少女の次のドア」
なんかはフツーですが、
「OFFSEASON(邦題:オフシーズン)」→「オフ季節」(笑)
そして、
「THE LOST(邦題:黒い夏)」→「その 失われました」(爆笑)

オフ季節ってどんな季節よっw
黒い夏に至っては、なんか韓流ドラマみたいになってるしwww
他にも、Gauntlet Press(ガントレット出版!格好イイ!)が
「籠手出版」・・・コテ出版・・・(は、腹が痛イ)

いやー、しかし、やはり邦訳されてない作品、結構あるな・・・売れれ!「襲撃者の夜」!!
こいつが売れれば、他の翻訳にもはずみがつくはず!
皆さん!興味なくても買ってください!
たかだか数百円、いいダロ?(何気に酷い事を言う奴)
そして、扶桑社様!お願い!ぜんぶ訳してー!!
あ、短編情報に、ケッチャムのゾンビ小説のコトが!!
よ・・・読ませてェェェェェェェェェェェェ!!!
機械翻訳によると、タイトルは「墓地ダンス」!
収録されるのはジョン・スキップ編集のゾンビ・アンソロジー「モダン・ゾンビ」
ん?・・・ジョン・スキップって・・・やっぱり!
かつて創元推理文庫から訳出されたゾンビ短編集「死霊たちの宴」の編者じゃん!
うわ、ゾンビ一筋かこの人!素敵!素敵すぎ!

・・・すいません、本筋から外れて盛り上がってしまいました・・・

さてそのWeb翻訳、逆に日本語サイトを英語にすることも可能なわけで・・・

CatGlassSecond.jpg
▲「ねこめがねSecond」→「Cat Glasses Second」!
ん〜、なんかインターナショナルな感じ?w
posted by るしは at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月08日

さあ、盛り上がってまいりました。

mandragora.gifさてさて、今週が正念場のるしはです。

m6_a.gif何が何が?

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月07日

「襲撃者の夜」感想(後編)

あ、そうそう!前回「オフシーズン」を強くオススメしましたが、一つ注意点を忘れてました!
巻頭の《序文》と、巻末の《作者あとがき》は最初に読まないこと!

何故なら、凄まじいネタバレの嵐だからです!!

と、言うわけで・・・読み終わった〜
offspring_2.jpg
ジャック・ケッチャム「襲撃者の夜」(扶桑社ミステリー文庫)
《後編》ですよぉ〜

すいません、ちょっと呆けてます^^;
いやぁ、良かったわぁ〜ん・・・

え〜感想はオチに触れずにはおれないので、追記で。
未読の人はご注意を♪

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月06日

5月7日のシステムアップデートで(´Д⊂

XNEWSさんで読んだんですが(以下コピペ)
(Xbox360は)5月7日に実施されるシステムアップデート後にマーケットプレースのリージョンコントロールが強化されるそうです。
 これまでは日本在住のユーザであっても、住所を海外で登録したゲーマータグを使用すれば海外で配信されているコンテンツをダウンロードできました。
しかしアップデート後は不可能になります

 今回の対応についてマイクロソフトは、地域を限定して配信しているコンテンツは特定地域のユーザにのみ配信するという契約になっていて、それ以外の地域のユーザがダウンロードできるのはコンテンツの供給元との契約違反になるためとしています。
 今後はアカウントの登録地域と本体の接続場所がチェックされるようです。

・・・えェー!?Σ(゜Д゜)
な、7日って明日ジャン!
明日から、もう北米タグでムービーとか体験版落としたり出来なくなるのね・・・(´Д⊂

それだったら、どのリージョンもコンテンツ共通にしてェ!ヽ(;´Д`)ノ
(どうせ海外製体験版はローカライズもされないんだから・・・)

あと・・・まさかリージョンフリーの360ソフトまでなくなったりしないよね?・・・ドキドキ
posted by るしは at 13:09| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バタリアン(金曜ロードショー版)

ROTLD.jpg
「・・・見てみたいか?」
「何を?」
「その吹き替え版だよ」
「どうせ冗談だろ?」
「ここの地下室にあるんだぞ!」
「またまたw」
「・・・行くか?」
「ホントなの!?」

そんなわけで、ユニーダ医療品商会のフランク氏に、秘蔵のビデオを見せてもらいました(笑)
そう!
名吹き替えの誉れ高い、あの金曜ロードショー版「バタリアン(原題:THE RETURN OF THE LIVING DEAD)」を!

さて、その吹き替え版の素晴らしさについてはkurosuiさんちのコチラに詳しいので、その素晴らしすぎる声優陣を見て慄いてください。
豪華すぎる!まったく豪華すぎるよ!!

今回、ちょっと語りたいのは、「バタリアン」の作品としての素晴らしさ。
その先見性です。何しろ・・・

・走るゾンビ
・考えるゾンビ

そう、後年リメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」や、元祖ロメロ御大の「ランド・オブ・ザ・デッド」が導入した《新機軸》が、既にココに!
それを、特に取り立てて「新要素ですよ」と振りかざすでもなく、パロディとしてポイっと放り投げているのが凄い。
しかも、その放り投げるテンポがもう、絶妙!
久しぶりに再見しましたが・・・目を離す隙がありませんでした。
いや、マジで。
パロディ云々以前に、まずゾンビ映画として、なんて正しい映画でしょう。
ゾンビ映画に不可欠な要素が軽快なテンポで詰め込まれ、それに加えて、キャラクターは立っているわ(これは吹き替えが大きく貢献してるかもしれない)ブラックユーモアは気が利いてるわ、そのくせ、おふざけだけで終わっていなわで・・・
まさに好き者達にとっての宝箱みたいな映画です。

面白いとは思ってましたが・・・ここまで、優れた作品だとは・・・

最近はTV放映されることもないので、未見な人が多いんじゃないでしょうか。
「走る系」から復権した次世代型ゾンビから入った人も多いでしょう。
そこから過去のゾンビ作品を振り返る際、出来れば「NIGHT OF THE LIVING DEAD」や「ゾンビ」と一緒に、「バタリアン」も観て欲しいですね。
なにしろ、正当な「NIGHT OF THE LIVING DEAD」の続編なわけですからw(マジでw)

そのためにも、是非、吹き替え版収録に新盤DVDのリリースを!
どこか、出してくれないかなぁ。

しかし・・・やっぱこの映画の導入部とテーマ曲は最高!!(はぁと)
posted by るしは at 00:00| Comment(10) | TrackBack(2) | 映画(ゾンビ系ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月05日

「襲撃者の夜」感想(前編)

肌を粟立たせながら読んでいます。
ケッチャムの文章は(金子浩氏の効果的な訳文と相まって)ページを捲らせる力が半端じゃないので、ともすれば作品の勢いにまかせて一気に読み進めてしまいます。
そこをグッと抑えて、一章を読み終わったら戻って読み返すぐらいの姿勢で熟読中。

久しぶりの新刊ですからね、この貴腐ワインをじっくり味あわなくてどうしますか。
offspring_2.jpg
ジャック・ケッチャム「襲撃者の夜」(扶桑社ミステリー文庫)

原題は「OFFSPRING」
こちらでも書きましたが、「オフシーズン」の続編です。
「オフシーズン」を未読の方へ
先日の検索ワードTOP20で上位に入った日本未公開ホラー映画「THE HILLS HAVE EYES」。
「なんで公開しないの!?観たいのに!」と興味津々で地団駄踏みつつこのタイトルで検索したあなた。
「THE HILLS〜」の原点「サランドラ」や「クライモリ」、そして「悪魔のいけにえ」とそのリメイク「テキチェン」連作が好きな、「やっぱホラーは人喰い一家モノにかぎるよな」という、あなた。

追記以降の感想には、「オフシーズン」のオチを含むネタバレが満載です。
「襲撃者の夜」があまりにもストレートな続編なので、前作のバレなしに語る事は不可能なんですよ。
だから、前作を未読の方は回避が望ましいです。
あるいは、速攻で「オフシーズン」を読んでください。(推奨w)
offseason_2.jpg
あなた達ならば、至福の読書時間を約束します。

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

処刑教室

何故かふと思い出したので書いておきます。(なんでだろ?)
class_of_1984.gif
処刑教室(原題:CLASS OF 1984)
キャッチコピーは「たとえ俺の生徒でも、もう我慢できない!」
暴力の蔓延した高校に赴任してきた理想に燃える音楽教師ノリス(ペリー・キング)は音楽祭を開催しようとするが、スティッグマン(ティモシー・ヴァン・パタン)率いる不良グループに目の仇にされ、様々な嫌がらせを受ける。
やがて逆上した同僚が返り討ちにあい、マイケル・J・フォックスがヤク漬けにされ転落死。
そして、音楽祭当日、指揮台に立つノリスに届けられた写真には・・・

この映画に初めて触れたのは、フィルムでなくノベライズで。
当時、配給の日本ヘラルドは出版部門を持っていて、積極的に映画のノベライズを翻訳してたんですよね。
かのゾンビ(DAWN OF THE DEAD)も、最初の邦訳「生ける死者の夜明け」はここから出ていたりと、忘れられないレーベルでした。

とにかく、かな〜り昔にTV放映で一度観たっきりなので、結構記憶が曖昧です。
それでも、キレて拳銃を突きつける同僚教師や、ラリって国旗掲揚ポールに登るマイケルや、奥さんを囚われキレたノリス先生の逆襲は、よく憶えています。

その逆襲が、壮絶の一言。

処刑というニュアンスとは、ちょっと違うんですが、「暴力教室」の上位表現としての《処刑》ってキモチはわかります。
確かに、結果的に先生のやることが凄いですから。
不良どもが殺す気満々ですから、必然的に反撃も苛烈にならざるをえないわけです。
もう「殺られる前に、殺れ」の世界。
先生、殺ります。
うん、これは確かに《処刑》かも。

それにしても、当時は、不良の一人を工作室の電動丸鋸でぶった切るシーンは衝撃でしたねぇ・・・
さすがに映画では直接描写を控えてたと記憶してますが、最初に読んだノベライズ版の切り株表現は、多分、るしはの電ノコ切断初体験でした。

そんなわけで、後半のカタルシスは凄かった〜。
「THE HILLS HAVE EYES」に匹敵する・・・って感想は、過去の記憶が美化してるのかなぁ?
スラッシャー映画のラストの反撃と同種の興奮は、るしはに「あ、俺バイオレンスもイケる口」と認識させてくれたものでした。
個人的に、記念碑的作品かもしれません。

しかし、残念ながら未だにDVDリリースされてないという悲しい現実。
ターミネーターモドキのなんちゃってSFと化した続編なんていいから、さっさとこっちをDVD化してくれないかな〜。
今見たらどんな感想を持つのか、再確認したいんですよね。

「ヒッチャー」同様、DVD化が待たれる1本です。
(そういえば、リメイク版『ヒッチャー』どうなった・・・)
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

武装錬金∞

busourennkinn_mugenndai.jpg
武装錬金∞ファンブック(集英社)

mandragora.gifぶっちゃけた話・・・

m6_a.gifイキナリぶっちゃけ!?ってなんで対談形式!?

続きを読む?
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月02日

久しぶりに検索ワードTOP20

まずは2007年4月ページ別TOP10を。

1.購入予定リスト&欲望リスト
2.テキサス・チェーンソー ビギニング
3.WARTECH senkoのronde
3.ソウ3(原題:SAW3)
4.THE HILLS HAVE EYES
5.サランドラ
6.マイ・ボディガードが観れない件
7.学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT.9
8.これはやっぱ多すぎですって^^;
9.グエムル−漢江の怪物−


あ、10位忘れてた!・・・まぁいいか^^;
1位は予想通りですね。記事内の記載タイトルが多いですから。
2、3、4、5、7位あたりは嬉しいですね、個人的にw
特に「THE HILLS HAVE EYES」が上位にいるのは頼もしい限りです。
この調子で、なんとかDVDリリースを!
驚いたのは3位ですかね。やっぱセンコロって人気あんのかな?
北米版リリースが待たれますねぇ。(あのジャケ欲しいw)

では、検索ワードTOP20は追記にて。

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(4) | TrackBack(1) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月01日

順調に復旧中!

やった〜♪
こちらで愚痴ってた、「巧みにポイントを突いた簡潔な感想」のブログ様を、ついに発見!
ようし、今度はブログ名忘れないぞー!
後は、360関連のいくつかを見つければ、ブログ関連のブックマーク復旧はひと段落だなぁ。
・・・ブログ以外のHPとかはマダマダなんですけどね^^;

今週のアニメ・特撮感想は
・エル・カザド(第4話)
・ロミオ×ジュリエット(第3話)
・地球へ(第4話)
・獣拳戦隊ゲキレンジャー(第11話)
・仮面ライダー電王(第14話)
・ヒロイック・エイジ(第5話)

の6本です。(まだ多いなぁ^^;)

続きを読む
posted by るしは at 00:25| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。