新着記事

2007年07月17日

積みゲー消化月間:旧箱DAY

日頃、着実に積みゲームソフトを増やしております。(最近は増殖に歯止め傾向。さすがにw)
そして現在Xbox360アジア版「TRANSFORMERS:THE GAME」に大ハマリ中で、さらに、映画鑑賞後のお楽しみにとってある同じくアジア版「Harry Potter and The Order of thephoenix」も控えています。
なのに、「テストドライブ」「SPIDER-MAN3」「WAETECH」「MARVEL:ULTIMATE ALLIANCE」「THE DARKNESS」そしてDLコンテンツがキタコレな「プロジェクトシルフィード」と大量の360ソフト郡が順番待ちな上に!
なんと、さらに月末には日本語版「OBLIVION」まで攻めてくるというこの状況。

ヤバイヤバイヤバイ絶対消化が追いつかない。

とりあえず「TRANSFORMERS」のクリアは目指すとしても、連休も最終日ということで、買ったっきり開封もしていない可哀想な奴らを救済しましょう企画ー。

旧箱(Xbox)ソフトを遊んであげることにしました。

【北米版Xbox】STUBBS THE ZOMBIE
なんだかやたら70年代っぽいアメリカ風近未来都市に、突如現れた1体のゾンビ君。
ビジュアルはなんだかポップ。(やはり70年代風)
でもゾンビ(プレイヤーキャラ)がガジガジ齧ると盛大に血がビュービュー出ますがw
そうして齧られた市民は、お約束どおりゾンビに!そうやってどんどん仲間を増やしつつステージを進めていくアクションゲームです。
・・・結構麻薬的な魅力がありますね、コレ。
自分の手をちぎって投げつけると、それが人間を操って操作出来ちゃったりとか、ホラー映画へのオマージュが面白いなぁ。

【北米版Xbox】DOOM3
実は、PC版を持ってるので初プレイじゃないんですけどね。
いやぁ、しかし、やっぱこの世界観サイコー!
火星の宇宙基地の実験で地獄の門が開く!
門から出た人魂みたいなのに取り付かれた人間はゾンビ状になって襲い掛かる!(兵士は武器を使って!)
映画版ではこの《地獄の門》がスポイルされてたのが残念なポイントだったので、やっぱゲーム版はイイわぁ(はぁと)
※しかし、火星の先住人類の遺伝子を用いた人体実験という設定は、後半のロック様の悪役ぶりが素晴らしい超人バトルに繋がって、それはそれで好きなんですけどね。
そして、今見てもグロ気持ち好いグラフィックは充分観賞に耐えて素敵!
あー、しかし、このゲームの暗がり怖っ!相変わらず心臓に悪いゲームです^^;
ちょっとロードが長いのが残念だなぁ。

【Xbox360】HALO
これも、旧箱でプレイ済み・・・でもクリアしてないのよね・・・3にそなえて・・・あーでも、2もあるか・・・うむむ。
しかし、面白い。
映画的な演出は勿論だけど、敵の強襲艇が飛来してコブナント達がワラワラ降りて来るインタラクティブ性とかたまりませんね。
そしてつい、射撃を忘れてグラントを追いかけ殴り倒したくなりますね。
グレネードで短い手足をバタバタさせて吹っ飛ぶグラントも可愛いくてね。
総じてコブナント萌えーな、萌え系FPSであります。(間違ってる)
惑星規模の、謎のリング状構造物《ヘイロー》上の大地のマップデザインも素晴らしい。
よく出来たゲームです。感心感心。3が楽しみ。
そういえば、1と2をカップリングして3に併せて再販するとか。
箱ソフトが再販!素晴らしい!

【Xbox360】HALO2
ついでに2もちょっとだけプレイ。
コブナントな方が「裏切り者〜」って罰を受けていましたね。
これはやはり1のラストを受けてのモノなのだろうか・・・やはり1のクリアが先かな・・・
2のマップは1に比べて面白みがないというかわかりにくいというか閉塞間があるというか・・・あまり好きじゃないナー。
ま、1の前半の舞台が広々としていて素敵すぎただけというローケーションの差、なのかもしれないけど。
2の取り説見たら1で「グラント」だった可愛い萌えコブナントが「アンゴイ」になっててちょっとショック!どっちを信じたら!?
あとさ、コルタナの性格、変わってない?^^;

【アジア版Xbox】PHANTOM DUST
アジア版。でも中身は日本版。ようするにアジア版ってリージョン設定変えただけで中身そのまんまってコトなのね。
(ちなみに『ファントムダスト』は和ゲー)
チュートリアル的な序盤だけやってみましたが・・・これは気になる。
雰囲気が「バロック」というか「ディスピリア」というか・・・
荒廃した世界、記憶を失った人類、跳梁跋扈する異形の敵・・・わぁお大好きなモチーフでないの。
(それも知らずに買ったのかコイツ)
中身はミッション形式なのでRPGかなと思いきやアクション。
フィールドで「遠距離攻撃」「近距離攻撃」「防御」に大別される各種スキルを拾って任意のボタンに装備して戦うという変り種。
あ、そうか、FPSのマルチプレイに近いね、このシステム。
でも、一応レベルもあるのか・・・フムフム、これは興味出てきました。
---------------------------------------------------------------
そんなわけで、どれもなかなか楽しめそうな良作ばかりで・・・どうしろっちゅーねん!
これに旧箱ソフトでは「PREDATUR」(やっぱり面白い)もあるし!
前述の360ソフトも山積みで!
消化できるわけないやん!うわああああああん><

・・・まぁ、自業自得なんだけどね・・・とりあえず優先順位を決めて計画的にかからねば。
まずは「TRANSFORMERS」クリア目指して頑張ります・・・えいえいおーぅ。

(これで趣味がゲームだけならまだしも、映画もあるからな・・・果てしない・・・2ヶ月くらい休みが欲しいデス・・・)
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月16日

スコーピオンキングの不思議

うむ、書こうかどうか迷ったんだけども。
ぶっちゃけわざわざ書く程の事でもないかな、なんて思ったり。でも書く。

え〜先日地上波で「ハムナプトラ外伝スコーピオンキング」をやってまして、私、ザ・ロック様が首だけ出して顎で蠍潰したりしてるトコと、後はラストの数分あたりしか観ていないわけですが。
つまり観ていないに等しいんですが。
そのラスト。(以下ネタバレ含む)

矢を背中に受けながらも、弓を構え、刺さった矢を抜き、番えるザ・ロック様。
それを見た敵(ラスボス)は、不敵な笑みを浮かべて両手にサーベルを構える。

ここで私は思った。
さてはこの敵、二刀流だけあってかなりの使い手!
あの不適な表情から判断するに、弓矢を斬り落とすくらい朝飯前に違いない!
つまり、このザ・ロック様の一射は、おそらく敵を倒すためのいくつかのステップの一つ。
きっとここ以前の展開になんらかの伏線があり、全編を観ている視聴者は、きっと、
「やーい、敵ボスの馬鹿!ロック様はお前じゃなくって、あそこを狙ってるんだよ!」
と、興奮と期待が最高潮のクライマックスなはず!ああ、そんな人たちが羨ましいぜ!

そして矢を放つロック様!

矢 、 敵 ボ ス に 普 通 に 命 中

・・・・・・え?

るしはさん、しばし呆然。
その後、高所から落ちたボスは爆発の炎にまかれ、なかなか派手な最後を迎えはしますが・・・えええと。
いいのか、あんなオチで?

そういえば最近、ロック様とかヴィン・ディーゼルとか、一時期持て囃された兄貴達を見かけませんね。
ヴィンの兄貴は、やっぱ予算回収出来なかった「リディック」がいけなかったのかしら・・・
「リディック」未見なのですが、聞くところによると「スコキン」同様「頭悪い系兄貴映画」みたい。
「リディック」の前作である「ピッチ・ブラック」は逆に低予算だけど評判イイですね。これも未見。DVD持ってるけど。(さっさと観ろ)
面白いのは、この2作、監督がキチンと続投してるんですよね・・・それでいて落差がものすごいとか・・・「ピッチ〜」観たあかつきには、「リディック」も観てみよう。ネタのために。
「リディック」地上波でやんないかなぁ。(最近やった気がしなくもない・・・)
posted by るしは at 16:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

BILLY'S BOOTCAMP MASSACRE

さて通常版に遅れること一ヶ月・・・
とうとう、例のブツが届きましたよ!!
IMG_0024.JPG
悪魔のいけにえ【スペシャル・エディション コンプリートBOX】

「シン・シティ」に比べると結構コンパクトですね。
さて、その中身は・・・

続きを読む
posted by るしは at 00:01| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

疲れた時はハリポタ

とある理由でヘトヘトなので、そんな時は新作(未見)ではなくお馴染みの映画をぼんやり観賞にかぎります。
HallyPotter_TPS.jpg
そんなわけで予習を兼ねて「ハリー・ポッターと賢者の石」を鑑賞中〜。

・・・やっぱ、イイねぇ〜(はぁと)
普段は厳格なのにクィディッチの事になると豹変するマクゴナガル先生萌え〜。

「不死鳥の騎士団」でクィディッチのシーン全面カットは、確かにしょうがないけど残念だなぁ・・・クィディッチ好きなんだよねぇ・・・
カットと言えば「不死鳥〜」もかなり大胆に刈り込まれているご様子。
MOVIEぴあ'07夏>秋号によれば、

クィディッチ全面カット(嗚呼、ロンの活躍見たかった・・・)
ハーマイオニーのしもべ妖精福祉振興協会の件(ドビー再登場ならず!)

あと、ハリーの苛々八つ当たりも縮小されてるとか。
私は《映画が先》派なので「不死鳥〜」原作は未読なんですが、既読の方から見て、このカットは如何なものでしょ?

なんて書いてるうちに映画は終盤へ。
おお、ロン格好イイ〜。チェスが得意なんて設定忘れてました!
逆にハーマイオニーの活躍がカットなのは残念。ううむ残念。

でも、最後にネビルが報われるとこは最高ですね!
TVでやってた「不死鳥〜」予告編でネビルが戦ってるシーンがあったんだけど大丈夫かしら!?とっても心配だわ!(笑)

・・・結局見終わっちゃったなぁ^^;
明日(もう今日ですが)はこのまま「秘密の部屋」に突入しちゃおうかな〜♪

それにしても(すいませんね話が飛びまくって)「不死鳥〜」ですが、シリウス・ブラックの(まともな)再登場は勿論嬉しいんだけど・・・愛しのルーピン先生黒ハートは出てこないのかしらん?
(またルーピン、ブラック、スネイプ揃い踏みシーンが見たい〜w)

あー、楽しみ。
ハリポにトランスフォーマーと、最近は映画に期待作目白押しで嬉しいなぁ。
なんとか時間を捻出せねば!
posted by るしは at 01:43| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

これは通勤電車では無理><

本日2つ目の記事。やっぱ連休って素晴らしい!

驚きの値引き価格でつい購入してしまったDSの「ドラゴンクエストモンスターズ・ジョーカー」が最近の通勤の友だ。
3Dフィールドを駆け回り、今日もMOB(モンスター)を仲間にしつつバトルな毎日。
そろそろLv.10に育ってきたコもいるので結婚(配合)も出来そうです。
戦闘画面が由緒正しいDQ式ではなく、ポリゴンを生かして仲間MOBの姿や動きが見れるのが良いね。
「真メガテン」もこんな感じにリメイクしてくんないかな。あと「リンダキューブ」とか。
メガテンと言えば、昔友人に貸したGBA版「真女神転生」をやったらそいつのセーブデータが残ってて、主人公が本人の名前で、ヒロインが当時彼が付き合っていた(過去形)カノジョの名前だったのには泣けた・・・
そこで、今回私は仲間にしたスライム♂にそいつの名前を。
同じく仲間にしたスライム♀にそのモトカノの名前をつけてみました。
2匹とも結婚(配合)可能なLv.10まであとちょいです。
ちなみに結婚(配合)すると両親の能力を継承した子供MOBに変化します。
(ここらへんはメガテンの合体と一緒)
そんなわけで、子供の名前を考えておくように。(←私信)

で、昨日発売のファミ通で一際目を引いたのは普通FFの生みの親の人の新作「A.S.H」なんでしょうが、私的には「コードギアス反逆のルルーシュDS版」に着目したい。
ぱっと見、DS版ゼノサーガにしか見えないのですが、原作アニメの象徴である絶対遵守の力《ギアス》を再現した入力システムを採用していまして・・・
そう、プレイヤーが直に命令するわけです。

DSのマイク機能を使って!

・・・とてもじゃありませんが通勤電車内でのプレイは無理><
戦闘シーンでも、援護を頼む場合はそのキャラの名前を叫べばOK!・・・って^^;
さすがに電車の中で携帯ゲーム機に向かって「自殺しろ!」とか「カレン!」とかブツブツ言ってたらなけなしの社会的地位が危うくなりそう。
しかも、いざやってみたら「普通にボタン入力で別にイイじゃん」なんて実も蓋もない結果に落ち着きそうな危うい匂いもまた楽しそうなので買うかもしれません。
タイミング的に今月放映らしい最終話の内容も含んでくれそうだし。

あんまり使いすぎると《ギアス》暴走しちゃったりするのかしら・・・ドキドキ。
どうせなら箱庭ゲームにして「コイツにはもう一度かけちゃったから使えないなぁ」とか楽しそうなんですが。
PS2版「ラーゼフォン」作ったとことかやってくれないかなぁ。
posted by るしは at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(NDS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MC☆あくしず独立創刊

今更ですが、ついに独立創刊ですよ。何がって、
MCaxisVol5.jpg
MC☆あくしず(イカロス出版)が。

今まではムック扱いだったのですが、とうとう雑誌コードを取得!
正真正銘の季刊誌に昇格です。
で、なんの雑誌かというと謳い文句によれば“ハイパー美少女系ミリタリーマガジン”

あなたは、「萌えよ!戦車学校」シリーズをご存知だろうか?
moesen.jpgmoesen2.jpg
田村尚也氏のわかり易い文章と、野上武志の漫画・イラストで世界大戦時の戦車戦を解説した、『雑学+萌え』書籍のはしりのひとつである。略して萌え戦。

ようは、その萌え戦の焦点を戦車以外にも広げた“雑誌版”なのだ。(萌え戦も連載化)
いかにも萌え系漫画雑誌的イラストで飾られてはいるが、書かれている内容は、ちゃんと“史実”なのである。
私のような『半端に関心はあるけど専門書読むのはちょっとなぁ』な不真面目なオタクには絶好の雑誌と言えます。

萌え戦やこの雑誌で、「ノモンハン事件」が事件とかいいながら日本軍の大敗のことだとか(ぶっちゃけ、昔は殺人事件か汚職事件かと思ってました)、ソ連式兵員輸送方式《タンク・デサント》がとっても危ないとか、色々知識を蓄えさせていただきました。

今号の特集は独ソ戦はクルスクを舞台にした『ツィタデレ作戦』
お約束的に『ィタ』が『ン』だったのを修正されたお題となっております^^;
おまけにツィタデレ作戦参加戦車解説では、戦車のビジュアルを美少女化してツンとかデレとか属性別に解説
W号戦車G型は“幼馴染系ツンデレでデレ寄り”って・・・いや、ホント内容はいたってマジメなんですよ?(汗)
ファミ通っぽく戦車クロスレビューとかあったり、まぁソッチ系ユーモアのセンスは必要ですなw

今号にはさらに別冊付録『メガネとボクとミリタリーな名作入門』付き。
マジメなミリタリー書籍(戦記・解説書)からフィクション、学研が自社の戦記ムックのノリで出した「ガンダム一年戦争史」なんてパロディまで、幅広く紹介していてオススメです。
あ、本だけかと思ったら映画まで紹介してる。あらまぁ、ゲームまで!これはいいな。

この雑誌に対する『既にそういう知識を持っている人』の感想を聞きたいところですよ、PONさん。

さて、萌え戦やあくしずで戦場のちょっとイイ話やらお間抜けな話やらを読んでいて、つい思い出してしまうのが、先日TV放映で観賞した映画「戦火の勇気」
冒頭、主人公(デンゼル・ワシントン@戦車長)が予定のルートを外れた友軍の戦車を敵と誤認、撃破してしまうというシーンがあるんですが・・・
昔、初めて観賞した時(今回は2度目)の感想は、『え?そんな馬鹿な』でした。
『惜し気もなく最新技術が投入された現代戦で、味方の識別が出来ないなんてアリエナイ!』
と、当時の自分は思ったのですね。
最近の映画やゲームで喧伝されるSFと見紛うばかりの最新兵装なんかをチラ見してると、なおさらそう感じてしまったり。
しかし、色々読んだりしていくと、案外そういうアナログさ(戦車長の取った識別方法は『全車ライト点灯!』)は、少なくとも湾岸戦争時代にはまだまだ当たり前だったのかな、なんて。
(素敵な精度を自慢するミサイルで民間施設誤射とかあるくらいですもんね・・・)

知識を蓄えると、自分の「リアリティの判断基準」が変わって、物事を別の視点で再度楽しめるのが良いですよね。
(勿論、その知識の真偽は別にして^^;)
posted by るしは at 13:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

E3ネタと思わせてクライヴ・バーカー讃歌

最近困っています。
書きたいネタが同時多発にして、さらに時間が無いという悪循環。
トランスフォーマー、ハリーポッター、ある小説の感想、スク・デッド感想、他にも某和製漫画と某アメコミの感想・・・
そしてDVDの消化も進まぬまま昨日郵便受けにはAmazonの不在連絡表が・・・(とうとう例のアレがキタコレ)

そんなわけで時事ネタを優先させてみました。(書くのに時間がかからないといのもあるw)
そう、洋ゲーの祭典E3です。

早速バカみたいにマケプレにて配信されたHDに入るかコノヤローな体験版とかムービーの一覧はうすねこさんとこのコッチとかソッチに任せるとして(また丸投げ)
まず私が一番着目したのが・・・

プロジェクトシルフィードアイコンパック

来た来たキター!
これは遂にゲイツ補充する時か!いえっふ〜♪
・・・と、浮かれつつ他の無料系コンテンツをDL後、ふと北米アカでマケプレ覗いたら・・・
PS_Theme.jpg

・・・なんやそれ。

え?え?え?アイコンパックだけ配信してテーマなし?ナニソレ!?
これは時間差があるだけでそのうち配信されるんでしょうか・・・そ、それとも・・・
こ、コレはもしかしたら、私もうすねこさんみたく北米ゲイツを購入しなさいという無駄遣い神の御告げなのでしょうか?
1600ゲイツで確か日本円で3千円オーバーだったっけか・・・

こ、今月は慎ましく生きていくつもりだったんだぜ?・・・orz

い、否!!
まだ日本配信ナシと決まったわけじゃないしね!気長に待とう!全然気長じゃない私が待ちきれるか甚だしく疑問だけれども!

んで、北米マケプレでなんだか鮫のアイコンパックとテーマ無料だったので鮫仕様のダッシュボードにしてみました。
IMG_0022.JPG
イイね・・・やはり鮫はイイ・・・(あ、フラッシュが・・・まぁいいか^^;)
テーマが1種類のみなのがチト寂しいけどね・・・
SHARKWEEK(鮫週間?)ってなんなんでしょうね!気になるわー。

ってか、全然ゲームの事、語ってないなぁ。
まぁ、ぶっちゃけTRANSFORMERSで満足しちゃってるってのはありますが^^;
コレは買いだな、というのは(現時点では)「Mass Effect」「Call of Duty 4」「ACE COMBAT6」「Halo3」と、なんだか無難な感じでイヤねー。
ま、「Halo3」については今回の配信ムービー観れて良かったかな。
実は、スルーする予定だったのよね・・・
ホラ、やっぱコントローラーでのFPSは苦手なのでね。
でも、ムービー見たら「続き観てー」にw
「Call of Duty 4」も、同様の理由&WWUに詳しくない(現在勉強中)のでスルー予定だったのが、以前うすねこさんとこのムービー見て「うほ!現代!?」で途端に買う気に・・・(ただしCoD4はローカライズされたらね)
しかし!
本命は勿論(?)別である・・・それは!!!
CB_jericho.jpg
Clive Barker's Jericho」!!!

まさかゲーム媒体でヘルレイザー魂炸裂とは、やるじゃん、バーカー!
一時はふぁんたじいに行っちゃってとても残念だったのです・・・
ナイトブリード(映画化名『ミディアン』)の続きはどうしたのさ!><
しかし、「ミッドナイト・ミート・トレイン」映画化や「ヘルレイザー」リメイクと、最近彼の身辺がなんだかとても血腥いのでわくわくしていたら・・・Jerichoが来ましたw
「The Darkness」の次はコイツだ!って感じがプンプンします。
で、そのトレーラーその@▼


トレーラーそのA▼


バーカーに、こういう近未来風特殊部隊って、なんか意外。
(・・・まぁ、確かにピンヘッドが宇宙行ったりはしたけども・・・)
あと、@の化け物は、なんかソウルエッジにあんなキャラいなかったっけ^^;
まぁ、しかし怪しさとグロさは折り紙付きですね。
GameSparkにUPされてたスクリーンショットの中では、さすがに転載を躊躇うようなのもあったし。

そんなわけで・・・この記事のカテゴリはホントに【Xbox360】で良かったのだろうか・・・
せめて「ACE COMBAT6」の体験版やりますか。
そういえば「プロジャクトシルフィード」のDLコンテンツもDLしっぱなしだなぁ・・・今度の土日はゲーム用の時間も作らねば・・・
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

小説版トランスフォーマー2冊同時刊行!

つーか、360ゲーム版のことを語りたいわけだが、語ってる暇があったら遊びたいというか遊ぶ暇もないこんな職場もぅイヤというか色々ありますが、私は元気です。(嘘)

そんなわけで、久しぶりに早川書房が陳列ケースなんかも(こんな弱小店舗にまで)送ってきたってコトは、結構力入れてるのかしら?
TRANSFORMER_novel.jpg TRANSFORMER_GoY.jpg
(左)トランスフォーマーズ
(右)トランスフォーマーズ ゴースト・オブ・イエスタディ

一挙2冊刊行!
無印の方は映画版のノベライゼーション。
「ゴースト〜」の方はその前日譚。
さぁて、どんな出来なんでしょうね?
とりあえず前日譚の方を読んで、ノベライズの方は映画観賞後ですかね。
で、ちょっと吃驚したのが、著者。
ななななんと!

アラン・ディーン・フォスター!

あの、映画以上に面白い伝説的傑作ノベライズ「遊星からの物体]」(サンリオ刊・絶版)の著者ですよ!
・・・しかし・・・このヒトもキャリア長いなぁ・・・
確か最初のスターウォーズのノベライズも彼なんですよね。(ルーカス名義だが彼がゴーストライターだった)
私的イメージで言えば「映画ノベライズ=フォスター」というくらい、ノベライズを体現しているお方です。
う〜ん、実に久しぶりのフォスター作品。面白いといいなぁ。

しかし、登場人物チラ見したら「オプティマス・プライム」が「コンボイ司令官」になってました。
ハイパーホビー8月号の付録小冊子(保存版トランスフォーマー玩具集)だと、「名称は字幕と音声の統一を図るため英語版に準拠」ってなってたけど・・・実際どうなんでしょうね?
そうそう、映画の方も、DVD出す際の吹替え版が気になりますね。
かつてのアニメ版の声優陣が集合したら凄そうw

あー、ちっくしょー語りたいなぁ・・・とりあえずPONさんのアニメ版講座を読んで溜飲を下げるとしますかね。

・PONさんのトランスフォーマー講座その1
・PONさんのトランスフォーマー講座その2
・PONさんのトランスフォーマー講座その3

アニメ版をスルーしていた過去の自分を全力で責めたい最近の私。
posted by るしは at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

1408→ルネッサンス→トランスフォーマー

ご飯食べながら(安いレトルトナポリタンは激不味だった・・・)録画していたショウビズ・カウントダウン見てたんですが、ちょっと気になった奴を。

1408
スティーブン・キング原作、主演ジョン・キューザック、サミュエル・L・ジャクソンってだけで観たくなります。
幽霊屋敷モノの変種(こっちはホテルの一室)なんですが、トレーラー見る限り面白そうでした。

《あらすじ》
娘の死をきっかけに死後の世界に興味を持ったジャーナリスト。
しかし、有名な心霊スポットに行っても全然そういう体験をしない彼。
ついに、「死後の世界はない」という結論に至るが、あるホテルの1室の話を聞き、その部屋に泊まる決意をする。
ホテルの支配人によると、その部屋では都合56人が自殺していて、しかも全員、部屋に入って1時間以内に死に至ったというが・・・


なにより、この二人が主演ってだけで怪しさ爆発なトコがイイw
しかし、一昔前は「キング原作」っていうと駄作の宝庫だったものですが、最近そんな印象がないのは、一体誰のおかげなんでしょうね?
(『霧』の公開マダー?)

ルネッサンス
モノクロアニメ・・・って言っちゃうと「あっそ」って感じですが・・・
ちょっと↓のトレーラー観てみてよ。

凄まじく視神経が疲れそうだけど、この画面は観てみたい!
あらら、14日から日本公開ですか〜・・・う〜ん、まいったゾ。
7月はハリポで手一杯だというのにぃ・・・

トランスフォーマー
最新トレーラーが遂に公開!

・・・うおおおおおお子様心が燃え上がるぜー!!
やっぱこの意味不明に複雑怪奇かつ滑らかな変形最高!
これは今世紀最高のド派手お馬鹿映画誕生の予感がw

さて、ここでさらにトランスフォーマーについて語りたいことは山ほどあるのですが、今日は久しぶりに定時にあがれたので、とりあえずゲーム版やってきます^^;
明日も多分トランスフォーマーネタ!(笑)
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

検索ワードTOP30(2007年6月)

もう3日もTRANSFORMERSやってなくて死にそうです!(挨拶)

さて、恒例企画2007年6月ページ別TOP15

1./image/MUAGE(【アジア版Xbox360】MARVEL ULTIMATE ALLIANCEパケ画像)
2./image/transformers360(【アジア版Xbox360】TRANSFORMERS:THE GAMEのパケ画像)
3.通勤の友:TOUCH THE DEAD
4./image/D26D_PSP(【北米版】D&D Tacticsパケ画像)
5.TOUCH THE DEADクリア
6.アジア版続々リリース
7.スターシップ・トゥルーパーズのこと
8.ザ・ロック
9.所有PS2ソフト一覧
10.Xbox360体験版2連発
11.6月購入予定更新
12.ポルカとララ
13.今日は「悪いけ」記念日!
14.Xbox360ワイヤレスレーシングホイール体験..
15./archives/200702-1.html(アイマス記事)


トップ2が洋ゲー画像っていうのは(嬉しいけど)どういうことなんだろう?
クリックで飛べると思われちゃったかな?
(画像にリンクが張ってないのはただの不精です^^;)
ってか、貼付してある記事自体よりアクセス数上って・・・イメージ検索かな?
それにしても、かなり洋ゲー率が高くなってきましたね。
Xbox360やリーフリな携帯機やPS3は、確実に洋ゲー認知に一役買ってると思われます。
最近は和ゲーより面白かったりするからねぇ・・・
和ゲーといえば、最後のアイマスの人には御免なさい。ぶっちゃけ積んでます^^;

映画方面では、真ん中に「スタシトパ」「ザ・ロック」感想なのがイイ感じ。
交流ブログ様にリンク貼っていただいたり、TBした効果でしょうか。多謝多謝!
6月はTV放映映画をけっこう観れたので、それなりに感想書けてよかったな。
まぁ・・・またしても後半は職場ゴタゴタで感想溜まってますが・・・orz
7月後半から8月いっぱい結構ゴタゴタが予定されておりまして、チト不安・・・頑張ってシフト調整に努めなければ・・・

では検索ワードは追記にて。

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

簡易版映画感想3連発(2007年6月分)

ついに最終手段です。
余裕があれば個別に感想書きたかったところなのですが、どうも無理っぽいので、せめてまとめて感想だけでも、と。
まぁ、ぶっちゃけ「これは絶対画像付きで感想あげてやる!」というほどのめり込めなかったダケなのかもしれないけどね。
(TV放映映画の場合、HDレコーダーで録画しているので画像を貼付するには一旦DVDに焼くという工程がかかるので、別途『熱意』が要るんですよ^^;)

戦火の勇気(原題:COURAGE UNDER FIRE)
閉ざされた森(原題:BASIC)
どちらも、米軍内の物語というだけでなく、数少ない生存者の嘘の証言を調べるうち真実が判明する・・・という同一のネタなんですが、映画の印象はかなり違います。
ま、それは出演者を見れば一目瞭然w

戦火の勇気=マジメな映画(デンゼル・ワシントン、メグ・ライアン)
閉ざされた森=娯楽映画(ジョン・トラボルタ、サミュエル・L・ジャクソン)

物語のテンポもかな〜り違って、「戦火〜」戦後も名誉勲章叙勲のための、元部下の兵士達への型どおりの調査(麻薬やってたり同性愛者じゃないかの確認)なのに対し、「閉〜」では撤収間近な基地で訓練中行方不明になったレンジャー隊の、2名だけの生存者(救助直前に仲間同士での銃撃戦が確認されている)への聴取ですから。
嘘をついていた兵士の理由も、方や「人間の弱さ」
方や「基地内での非合法ビジネス」
当然、オチなんか全然違います。
どちらも良作ではありますが、なんで個別感想書くほどじゃないかと言いますと・・・

まず「戦火〜」。
その真相の衝撃、それは「プラトーン」で既に、もっと醜く描かれてるっていうのが一つ。
もう一つは、それぞれの証言者によって過去のシーンのメグ・ライアンが別のキャラクター(勇敢だったり、臆病だったり)に描かれるんですが、それが「完全に証言者の嘘」だったのが物足りないなぁ・・・と。
「Aからはこう見えたが、Bはこういう姿を知っていた」というような深い書き込みが見たかったんだと思います。
ま、それは私の勝手な期待なんですが、それでもやはり、メグ・ライアン扮する上官の描写が物足りなかったな。
「子供のいる女性兵士」「メグ・ライアン」その2点に頼りすぎな気がしました。

一方の「閉〜」は・・・
なんというか、トラボルタんの「ああいう芝居」はもう飽きたというか・・・おかげでラストの衝撃のシーンも「やっぱりね」感が・・・
トラボルタんの役は、もっとマジメそうな役者の方が良かったと思うなぁ・・・って・・・あ、そうか。
「戦火〜」と「閉〜」、キャストを丸ごと入れ替えて撮ったら面白そうw

シュリ(英題:SHIRI)
日本で最初にヒットした韓国映画だそうですよ。しかも韓流ブーム以前に。
なるほど、確かにそこらへんのB級ポリティカルアクションに比べると面白かった。
ちゃんと被弾描写もあってよかったです。(←拘りポイント)
ソン・ガンホンがグエムルと正反対のキャラを演じていたのも楽しめました。
南北ネタのキワドイ話かと思ってましたが、テロを強行するのが北の一部隊の独走で、標的は韓国大統領だけでなく某将軍様も含まれていたりと、意外と世情に配慮した作り。
出演者では髭面のチェ・ミンシクがやはり印象深い。
彼の「ン十年待った」は、たかが3年待っただけで偉そうな、所詮選民思想かぶれのエギーユ某にゾッコンのアナベル某に聞かせてやりたいw
(ただ、彼らのテロで即統一はどうかと思うけど^^;)
う〜ん、「オールドボーイ」観たくなってきた・・・TVでやらんかしら。

ダイハード(原題:DIE HARD)
初見は、なんと大阪で。
受験の後、帰りの夜行の電車待ち。(ちなみに落ちたw)
とても感心しましたね・・・スライやシュワのような「力押し」でないところや、ウィリスのオッサン臭さ(笑)、アラン・リックマンの格好良さ、etc・・・
てだ、個人的にはDVDでライブラリするほど好きではなかったり。
アクション映画は必ず緩急があるものですが、そのタイミングがどうも合わないっぽいです。
多分、ジョン・マクティアナンのテンポが生理的に合わないんだと思う。

だから、このシリーズは2ほ方が好きだったりします。
事態が転がりだすのも早いし、パウエルも出るし(笑)敵の中にT1000はいるはフランコ・ネロはいるは、おまけにボスがウィリアム・サドラー!(さあ、君もTVの前で全裸でレッツ体操!)
それにロレンゾの最後の笑顔は最高だし、マービン役のトム・バウアーは「THE HILLS HAVE EYES」に出てるし(関係ない)ソーンバーグも大活躍だし(笑)そしてなんといってもどんでん返し!
そしてラストの爽快感!イピカイエー!!
なので、パウエルどころかソーンバーグが出ない3はたとえグルーバー兄が出ようが好きじゃない。
「偶然居合わせておまけに奥さんが人質」というシチュエーションがないと、マクレーンがただのアクションヒーローと化してしまうのもなんか違う・・・せっかくスライやシュワと差別化出来た部分なのにね。
そんなわけで4.0はぶっちゃけどうなのか、誰か教えてください。
監督レン・ワイズマンというのも一抹の不安が・・・いや「アンダーワールド」は大好きだが、それはあくまで統一された世界観(『カラー』と言い換えてもいい)とベッキン姐さんちょお綺麗という部分がずば抜けてるのであって、監督としての力量は(2観てないので)私的に未知数なのよね・・・

最後に・・・そろそろ「イピカイエー」の良い訳を誰か発明してください。
唐突に「イピカイエー」言われると、それまで日本語なだけに違和感がね・・・^^;
まぁ確かに「yippee yi yea、mother fuker」って日本語のキメ台詞にしては長いんですよね・・・いっそマザファッカ部分も「マザファッカ」でいいんじゃないかしらん?
その方が違和感なくない?

・・・結構長くなっちゃった・・・
別にこいつ等分けて個別にしても良かったかもね^^;
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

Xbox360本体保証期間延長

先日マイクロソフトがXbox 360 本体の保証を特定条件下(所謂“死のレッドリング”)で3年に延長すると発表しました。
かなりの経費がかかると思われるので(調べたら計上する経費11億だって!)思い切った決断ですね。
ま、そんだけ多かった=本体の基礎設計がイマイチだったということなんでしょが、ユーザーにとっては良い発表です。
(後は返却時に原因を正直に書いてくれればねw)

ところが、なんか最近知り合い数人から「Xbox360大変らしいじゃん」とか「終わったな」というメール等をもらい、正直『おまえら馬鹿か』と内心蔑んでいた私ですが・・・

なんか○売新聞とか朝○新聞が「MSが自主回収」とかデマを全国規模で流してたらしいですね。
360の認知度など知れたものですから、そりゃ大新聞に書きたてられたら「大変らしいじゃん」「終わったな」になりますわね。

・・・○日と読○は買う価値ないな。
まぁ、仮にも新聞を自称するなら、情報の伝達が出来るくらい日本語勉強してから出直して欲しいとこだ。
posted by るしは at 23:46| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ボス犬は吠えるが、常に正しい♪

今、ご飯食べながら録画しといた「逃亡者(原題:THE FUGITIVE)」観てるんですけどね・・・
なんかキンブル医師の脱走の過程が短い気がするんですが、気のせいでしょうか?
随分前に観たっきりなので、カットされてるのか気のせいなのか、自信がもてない〜うむむむむ。

いや〜、しかしジェラード連邦保安官、カッコイイわぁ〜(はぁと)
瞬時に逃走犯の行動半径から封鎖範囲を指示するとことか、たまらんですわ。
容赦なく部下に指示するとことか憧れちゃう黒ハート
反面、その部下に慕われてるとこが凄いですよね。
「ボス犬は吠えるが、常に正しい」「なんだそのブーって」「ポニーテールだからって舐められるなよ」とかやり取りも楽しい。
彼の部下達も最高で、私の好きな「愉快な仲間達」の一組ですw

負われる側のキンブルも、物語自体は唐突に始まるものの、進展するにつれ回想シーンや友人達の反応、彼本人の行動で人物に深みが出て行くなど、「ドラマの映画化=尺が足りねー」を上手に解消したシナリオで素晴らしい。
ラストのジェラード保安官の優しさと「そういうことにしといてくれないか」が、またイイのデスw

ジュリアン・ムーアが小さな役で出てて吃驚。

さ〜って、この調子で溜まったTV映画感想やっつけるかな!

・・・TRANSFORMERSやってから^^;
posted by るしは at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発散

どうも昨日の休日出勤が我ながら納得いかなかったらしく(笑)
本来なら新宿あたりに出る予定だったんだよなぁ・・・と思ってたせいか、休日出勤終了後、自然と足は新宿へ。(一駅)
IMG_0017.JPG

ええ、発散しましたとも!

・・・とは言っても、基本的に頭が緊縮モードなので、可愛いものですが。
【人形】リボルテック【トロ】\1600-
【NDS】ドラゴンクエストモンスターズ・ジョーカー \1900-
【菓子】ロールちゃん \150-

リボルテック【トロ】は、実は一番欲しかったリボルテックがコレでした。
セイバーオルタ購入時には売り切れてたのに、昨日にかぎってソフマップで「本日再入荷いたしました〜」とキター。
あと、やたらDSソフトの安売りしてました。
「世界樹の迷宮」とか、同じ頃話題になってた名前忘れたS-RPGとか、ポケモンとか色々。
そんなわけで、ドラクエ・シリーズですよ。
マトモにやるのFC版の1以来?
あいや、別にFF至上主義というわけではなく、むしろ邪聖剣ネクロマンサー至上主義者
・・・あの頃から血飛沫とか好きな子供でした・・・
「あれ?BROTHER IN ARMS DSは?」とか突っ込まれそうですが・・・すんません、戦車面で詰まりました・・・orz
「萌える!戦車学校」再読してリベンジします(T-T)

さて、たっぷり眠って、日曜はロールちゃん食べながらゆっくり過ごすとします。
posted by るしは at 00:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月07日

このジュースはさすがに遠慮したい件

土曜日は公休日なんですが潰れました。ぶちゅ。(挨拶)

先日触れた「ブラック・スネーク・モーン」の単館ロードショー。
BSM.jpg
サミュエル・L・ジャクソンとクリスティーナ・リッチというビックネーム(だよね?)のダブル主演にもかかわらず、単館。
やはり、『オヤジが少女を監禁』というネタがいけないのだろうか・・・

と、思っていたらば。
Captivity.jpg
「キャプティビティ」全国ロードショー

・・・こっちもヒロインがストーカーに監禁される話じゃなかったっけ?

アレか、主演がキム・バウアー役ってのは、そんだけ集客効果が期待されるのかな。
(『24』未見だし周囲でハマった人もいないのでイマイチ実感が・・・)
それとも、コーエン脚本のせい?そこまで持て囃されてるのかな、コーエン。
うむむ〜不思議なり。

ただ・・・ゾンビ手帖さんで知ったんですが、この映画・・・

かなりグロいのだが大丈夫?(汗)

個人的には「ソウ3」や「ホステル」、「テキチェン・ビギニング」より痛そう・・・ってか、俺、これ劇場じゃ無理だわ><
下に動画2種への直リンク張りますが、マジでグロイので自己責任でドゾ。(概略つけといた)

@ペンチで抜歯
A眼球・耳・内臓のミックスジュースを漏斗で強制ゴクゴク

Aは痛そうというか・・・気持ち悪そう^^;
しかし、オフィシャルサイトのトレイラーだと『スタイリッシュなサイコサスペンス』にしか見えないという凄まじい罠!
今秋、「24」好きなライト層が顔面蒼白になって劇場から出てくる姿が全国的に見れそうな予感・・・
posted by るしは at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

シン・シティ コンプリートBOXの中身が凄い(でも未見)

さて、ゴッドファーザーBOX以上の巨体を誇る、シン・シティ コンプリートBOXを、ようやく開封しました。
IMG_0011.JPG
まずは、ディスク5枚組みの観音開きパッケージの内容から。

・ディスク1:本編(オリジナル版)124分
・ディスク2:特典ディスク(メイキング他)134分
・ディスク3:リカットストーリーズ(追加・再編集版)160分
・ディスク4:オリジナルサウンドトラックCD
・ディスク5:スクリーンセーバー&壁紙集


なんといっても、赤字のディスク3が今回のキモ。
各エピソードを独立した物語として再構成。追加フッテージもあるようです。(グロ増加らしい)
そして、その他の特典は、

・原作コミック「THAT YELLOW BASTARD」(日本未発売も初翻訳)
・豪華解説書
・トレカ16枚フルセット(あ、写し忘れた^^;)


ちなみにBOXにはスペーサーが入ってまして(その中にトレカが入っていた罠)、それを抜くと既発売の原作コミック2冊を収納できるようになっているそうです。
(これがデカさの一因)

あらゆるメディアのシン・シティ関連商品が入っちゃうという意味では、確かにコンプリート。
こりゃファンにはたまらない逸品でしょうね!
そして、ディスク1+2と同内容のプレミアムエディション買っちゃったファンは、別の意味でたまらないことでしょう・・・(涙)

そして、開けるだけ開けてTRANSFORMERSにトランスフォームする私(えー
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月05日

JAWSあれこれ

帰宅したら、木曜洋画劇場で「JAWS」をやってました。
JAWS_mokuyou.jpg

・・・駄目だ、やっぱ違和感が・・・orz

私はですね・・・水曜ロードショー1981年版の熱烈な信者なのですよ。

ブロディ署長(ロイ・シャイダー):滝田裕介
フーパー博士(リチャード・ドレイファス):樋浦勉
クイント(ロバート・ショウ):北村和夫
エレン(ロレイン・ゲイリー):寺田路恵
ヴォーン市長(マーレイ・ハミルトン):細井重之


やっぱ、コレが最高でしょう・・・
今回のは、羽佐間版のようですが・・・まず市長の声が違和感炸裂。
署長の助手もなんか甲高すぎないか・・・
ブロディ、フーパーは、まぁ許容範囲内だが、あ〜、でもブロディにはもうちょい、弱弱しさが欲しいな。
ブロディにしちゃ格好良すぎです羽佐間さん。
そして・・・そしてクイントが!クイントがー!><
クイントがただのオッサンだよ!
こんなの・・・こんなの、あたしの愛したクイントじゃないっっ!!

まぁ、刷り込みなんでしょうなぁ。(素に戻って)

しかし、それを抜きにして傑作であることに違いない。
モンスターパニックのはしりにして、以降全ての後続作品を歯牙にもかけぬその完成度。
もし未見という人がいたら、今すぐDVD買ってでも見るべし。
ハッキリ言って、あらゆる演出効果の教科書みたいな作品です。
これを20代(30代はじめだったかな?)で撮りあげるなんて・・・スピルバーグ、恐ろしい子!

これ見ると、無性に「ディープ・ブルー」(レニー・ハーリン監督の方ね)を見たくなります。
あの映画のJAWSシリーズ(1〜3)へのリスペクトは凄いからねぇ。
ぶっちゃけJAWS2は最後のブロディ署長が異様に格好イイだけの平凡なスラッシャー映画だし、3は見るべきところすらないんだけど、それでも嬉しくなります。
ラストとか、JAWS観た後だとニマニマしちゃうよね。にまにま。
でも、周りには「つまんねー」って意見が多くて・・・
るしはさんは不満だよ!

ま、それはそれとして今回の羽佐間版JAWSですが・・・

やっぱ最後のキメ台詞は『くたばれ、化け物!』じゃなきゃやーっっ!><(しつこい?)
posted by るしは at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

買い物+7月購入予定

散髪に八王子に出たついでに買い物〜。
kaimono070704.jpg
・デジカメCanon PowerShot A570IS
・WACOMのタブレット
・リボルテック:セイバー【オルタ】


デジカメはね〜迷ったんだけど、ぱいの可愛い写真撮れずじまいってのも癪なんで、接写向きで安いのを購入。(2万ほど)
これで、↑のみたいな酷い写真とはオサラバさ!(後は腕の問題)
タブレットは携帯の手書き入力が気に入ってから、ずっと欲しかったもの。
ま、我慢してもよかったんだけど、思ったより安かったのでデジカメ買ったイキオイで^^;(5千円くらいだったかな?)
リボルテックってのは、稼動部分をちょい工夫してあるフィギュア・・・という認識でイイのか?
主にアニメのロボットもシリーズをそれなりにリーズナブルな価格(約2千円)で提供している。
その新シリーズの第2弾だそうです。
黒い装甲風のドレスが格好イイ!と、ハイパーホビー8月号見て思ってしまったので、デジカメ購入で溜まったポイントで購入。
とりあえずウリのへたらない稼動関節を生かしてスパルタ式突撃ポーズを!(・・・やっぱ円盾が欲しいね・・・)
いいかげんFateやんないとなぁ。(口だけですが)

さて、もう今月ですが恒例の購入予定7月分

【Xbox360】THE ELDER SCROLLS W OBLIVION
【DVD】悪いけBOX
【DVD】秒速5センチメートル 特別限定生産版DVD-BOX
【DVD】武装錬金?巻
【輸入DVD】The Melancholy Of HARUHI SUZUMIYA: Vol.2
【輸入DVD】Madlax: Complete Collection
【映画】ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団


輸入ゲーム攻勢がひと段落なおかげで、ゲームはOblivion1本のみ。
突然360アジア版ファンタスティック・フォーが発売になったりしないかぎりは、このままいけそう。
反面、DVDが多いよなぁ・・・
悪いけが今月にズレこんだのが痛い・・・でも6月発売だったらもっと痛かったw
ここでも、輸入品が私の財布を苦しめるわけですが、ハルヒの2巻目はホント楽しみ!
そしてマドラックスですが・・・だって2クール全話入ってて5千円だよ?
そりゃ買うって。(さぁ、画質はどんなもんかねw)
ちなみに以前候補に挙げていたロミ×ジュリDVDはスルーです。
恋愛模様のドキドキさはイイんだけど、革命劇がほんとグダグダで駄目でした・・・(素材が勿体無いな・・・)
一方、阿漕な2話だけ収録DVDなヒロイックエイジはとても面白いのが辛い・・・販売形態逆だったらよかったのにな、コイツラ(涙)
あと、ゲキレンジャーDVDは発売まだかしらん。
目下最も全力で視聴してる番組故、絶対集めるもんね!最優先で!!

最後にデジカメ君の威力(?)を見よ!
IMG_0001.JPG
よお〜し、ぱいの写真いっぱい撮るぞー!
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月04日

Billy's Boot Campが面白そうな件

(承前)そんなわけで、「TRANSFORMERS」「THE DARKNESS」で夜更かし後、寝る前に録画予約を・・・とTVを付けたら!
BBC.bmp

回して回して回して♪・・・って、これが噂の!
ブートキャンプ(出典:フリー百科事典ウィキペディア)

1、Boot Camp
アップルコンピュータにより開発・配布されているソフトウェア。インテル社製CPUを搭載したMacintoshにおいて、Windows XPなどのx86系OSの利用を可能とする。

2、Boot Camp
米国陸軍などで新兵の基礎体力育成のために行われる特殊な軍隊式の短期間トレーニング。

3、ビリーズブートキャンプ(Billy's Boot Camp)
上記2を元にビリー・ブランクスが考案し作り上げた短期間集中型エクササイズ。アメリカ三大フィットネスに数えられるほどの人気を博している(他の2つはヨーガとピラティス・メソッド)。単に「ブートキャンプ」とも呼び習わされている。

これが噂のBilly's Boot Camp!
おー初めてマトモに見た・・・なんか楽しそうね・・・

いや〜実は私も昔は不浄王キュクレイン的バディkyukurein.gif←コレw・・・ってココまで酷くはなかったよぅ)を誇っていたものですが、ねこ通院ダイエットで健康診断による理想体重である60kgにまで削減!(最盛期は80あったんよ!)
しかし、通院がなくなり、徐々に徐々に体重が嵩みつつありまして・・・
そんなわけで、2ヶ月ほど前から毎日ストレッチなどするようになりまして。
と、言っても本格的なモノじゃないですよ?
ホント、準備体操というか、ラジオ体操レベルの軽い奴。
それでも、最初の頃は筋肉痛になったりと大変でした。
どんだけ運動不足だったんだって話ですな。

で、その軽めのストレッチも無事習慣化に成功し、もうワンランク上&楽しげなのないかな〜・・・なんて思っていたところ。

しかし、このブートキャンプ。短期決戦モノなんですね〜。
皆さん素敵杉な笑顔で励んでおりますが、よく見れば凄い汗・・・

凄 ま じ く キ ツ イ ん じ ゃ な い だ ろ う か ・・・

ってか、DVDが9800円はチト高いなぁ。
う〜ん、誰か実践してる人、感想プリーズ^^;
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

取り急ぎ、「THE DARKNESS」が面白い件

昨夜は例によって午前様帰宅で、↓の記事をUPしたのが午前1時頃。
記事に書いたとおりにそのまま「TRANSFORMERS」プレイに突入。
・・・嗚呼、感想書きたいな。
でも、ガンガン進行してるので書きたい事がどんどん増えて収拾が大変なことに・・・ううう、請う御期待。
で、丁度行き詰まったので(弱虫ジャズ一体でブラックアウト&スタースクリームのタッグに勝てるわけないじゃん!←知らない人にはワケワカランなw)、止せばいいのに北米版Xbox360「THE DARKNESS」のお試しプレイを始めた私。
時は、既に午前2時。そして・・・

気が付いたら午前3時回ってたYO!

なんか、古い言い回しですが、えらくシネマティックなFPSでした。
冒頭部分の激しいカーアクションに被さるクレジットとか、モロ映画。
しかも、その中でプレイアブル。
挿入される主人公(アントニオ・バンデランスみたいな格好と髪型のルー・ダイヤモンド・フィリップスw)の独白。
舞台はNYなんですが、地下鉄ホームとか、映画「ミミック」やPSゲーム「パラサイト・イヴ」で見た情景が、なんかやたらリアルに。
で、NPCが声かけてきて、会話が始まったり選択肢が出たり。
そのNPCの顔なんかさすがハイデフ。細かい細かい。
ってか、ここらへんだけ見ているとアドベンチャーか箱庭系RPGと間違えそう。
私、マトモにFPSやるのは「DOOM3」以来なんですけど・・・いやぁ、最近のFPSって「綺麗な画面のドンパチシーンの合間にムービー」だけかと思ってたんですが、進化してますねぇ・・・

そして本作特有の要素、うねうねちゃんと、召還出来る子鬼たんが超カワイイの♪(私の主観ですが何か?)
うねうねちゃんは狭いトコ入れるし、死体の心臓モリモリ食べるんだゾー♪
あと、好物は《顔面》みたい。顔面ぱっくんちょ!断面ザックリ!うおお可愛いぜ。
そして子鬼たんもまた愛い奴で。
車が門を塞いで出られなくて困ってたら、なんと門をよじ登り始めた子鬼たん!
そして、一生懸命車を押す子鬼たん!なんて健気な!(はぁと)
あと死体におしっこでマーキングしたりします。なんという忠犬っぷり!(違

そんなわけで、これまた期待以上のモノが来たって感じですよ。
会話が多く、ちゃんとログも残るのでサブクエスト的なものもありそう。
ううう、またしても英語力に泣かされるかも・・・
とまぁ、とりあえずはこんな感じ。
「TRANSFORMERS」みたいに収拾つかなくなる前の駆け足ファーストインプレッションでした!
物足りない人はコッチの記事のムービーで我慢してねー。

で、「寝る前にガメラの予約しとこ」とTVをつけた私の目に、噂の画像が飛び込んで来たのだった・・・!(つづく)
posted by るしは at 15:08| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。