新着記事

2007年07月26日

携帯版ハリー・ポッターと賢者の石(2)

実は、昨夜ちょっと飲んでたんですけどね・・・
最近アルコール耐性がかなり低下している自覚があったので、薄いヤツ2杯だけで、後はノンアルコールにしてたのですが・・・

それでも二日酔いに・・・orz

たった2杯で二日酔いって・・・もう駄目ぽ・・・
そんなわけで、今日は布団でウ〜ウ〜ゴロゴロ、ハリポタ読んだりしておりました。
----------------------------------------------------------------
で、ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)
とうとう私の大好きなマクゴナガル先生のシーンがキタ!
マルフォイが意地悪で投げたネビルの思い出し玉を、初箒のハリーが空中で見事キャッチ!
それを見咎めたマクゴナガル先生に怒られるかと思いきや、実はグリフィンドールのクィディッチ・チームの監督であるマクゴナガル先生にシーカー(超重要なポジション)としてスカウトされるシーンです。

ここも結構違う&原作のが格好よかった!
まず、ハリーが初めて箒に乗るシーン。
映画では箒に乗って飛ぶこと自体サラっと描かれてましたが、原作では初体験なのに本能的に箒の操り方を悟る(僕には教えてもらわなくてもできることがあったんだ)ハリーと、それを見て呆然とするマルフォイの描写があります。
ん〜、痛快。
そして、いよいよマクゴナガル先生が登場!
映画同様無言でハリーをウッド(チームのキャプテン)のところに連れていく先生ですが、そこで露骨にこれまでの敗北を悔しがったりと(スリザリンに6連敗中w)熱いところを見せてくれます。
おまけに、1年生は代表選手になれないという規則を曲げられるか策をめぐらす規律に厳格なはずのマクゴナガル先生!(そして実際曲げてしまうw)
・・・ミネルバさん、あんた最高だよ!
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。