新着記事

2007年09月09日

S.W.A.T.

ご飯を食べたりしながら流し観・・・まぁ、以前レンタルで観賞してるのでわかっちゃいたのだが・・・
SWAT.jpg
S.W.A.T.(原題:S.W.A.T.)

言わずと知れたジャクソン叔父貴に、ミシェル・ロドリゲスはあいかわらず(笑)で、 「ディープブルー」のコック役で大ファンになったLL・クール・Jと、これだけ好きなキャストが揃っているのに・・・

・・・なんでこんなに面白くなく作れるんだろうか・・・

S.W.A.T.と言いながら、山場がS.W.A.T.的活躍の場じゃないとこがまずいけない。
やっぱ最後はヒリヒリの緊張感の末の突入劇じゃなきゃ!
なんでS.W.A.T.が囚人護送の警護なのよ・・・
(実際そういう任務もあるかもしらんけどさ・・・)
まぁ前半も妙に緩い展開だし、敵役がどいつも物足りないし、裏切り者連発でフラストレーション溜まる物語なのにラストにカタルシス皆無じゃ、どんなキャスト揃えても面白くなるわけないケドね・・・
せめて監督クラーク・ジョンソンにもうちょい「盛り上げ力」があればなぁ・・・
(いや、『ちょい』じゃ足りないか・・・)

そんなわけで、「デア・デビル」と「エレクトラ」は絶対観ないぞ、と心に誓ったるしはでした。
(いやぁ、もし好きな人いたら御免なさいね?)

口直しに「デルタ・フォース」観たくなっちゃったよw
posted by るしは at 19:00| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A.C.E.3 THE FINAL中

いったい何年ぶりだろう、こんなにPS2が起動してるなんて!
ACE3.jpg
【PS2】アナザーセンチュリーズエピソード 3 ザ ファイナル

というわけで、以下、「A.C.E.って何?」という人には甚だしく不親切さ炸裂な感じでGO!

さて今回のオリジナル主人公は学生で、王道の民間人巻き込まれ型なんですが、その強引さが凄い。
「危険だからこの機体に乗って!」
ってのはよくある話だが、
「この機体、本来は副座なんだけどなんか一人用の調整がイマイチなんで君、操縦ヨロシク!」
って、いきなり年上のお姉さんに強制されるですよw
「大丈夫、結構簡単だから♪」
というお姉さんの、専任パイロットであるはずの自己否定発言もいっそ清々しいくらいにオイオイオイって感じですがw

「なんで僕がこんなことをしなきゃならないんだ!」
という主人公の発言は至極もっともなわけですが、そこでアムロ・レイやらケーン・ワカバらドラグナー3人組やらが、
「いや俺達も無理やりやらされた派だから大丈夫w」
と有無を言わせず説得する様はとても笑えました。

で、数ミッションすると主人公が不自然なほど状況を受け入れていくわけですが、これは絶対裏でフェイ(姉さんパイロット)と何かあったな、と邪推する私でありました。(こうやって二次創作は生まれる)
しかし、いいなぁ、やっぱ年上のお姉さんだよなぁ。(管理人の年齢はひとまず忘れててください)
俺も「さすが、男の子だね☆」とか言われてー。(だから忘れとけってば)

システム的には、実はA.C.E.シリーズ初体験なのでそういう比較は出来ないんだけど、まぁ、劣化ANUBIS?(褒め言葉です、一応)
難易度はそんなに高くないのでサクサク進めて止め時が難しいね。

さて、色んなロボットアニメごった煮作品なわけだから、その醍醐味についても語っておこう。
今回は珍しく親しんだ作品が参戦してるんで買ったわけだけど、やっぱ序盤から抗体コーラリアン(出展:エウレカセブン)とか出てくると燃えるねぇ。
シリーズの歴史が新しい上に参戦作品も少ないことから、スパロボほどカオスな世界観じゃないのもイイ。
とは言っても、結構カオスだけどね。
ネオ・ジオン(逆シャア)と火星の後継者(劇場版ナデシコ)とギガノス残党(ドラグナー)が揃って武装蜂起して、しかもメインの敵勢力じゃないとかね。うん、やっぱカオスだなw
まぁでも、それくらいで済んでるのは、平行世界の二つの地球を行き来する話なので、巧く敵味方勢力を分断出来たおかげですかね。

で、話の根幹をそれなりにオリジナル主人公バレル君とその敵役ベルクト(仮面の男!)が押さえてるのも好印象。
ベルクトが仮面を外すシーンは、その直前の一騎討ちミッションとあいまって、結構マジで見入ってしまった。
で、そのベルクトの黒い機体(かっちょえーんだ)が、どうやら前作「A.C.E.2」の主役機ガンアークのブラックバージョンらしく、しかも前作のヒロインもしっかり登場したりとシリーズ経験者へのサービスも多く、そこらへんはちょっと羨ましい。

メカにちょっと触れたのでついでに語ってしまうが、そのベルクトに付き従う副官っぽいキャラのメカ、エリゴルのデザインが素敵に格好良くて、アレ、使えるようになったら嬉しいなぁ。
主役機エクスブラウもなかなか悪くないデザイン。
例によってガンダムもどきだけど、背中と尻が格好ヨイのでグゥ。
唯一の難点は肩部分の変なトサカ。これさえなければ・・・
で、この主役機、パーツの換装で戦局に特化出来るヒュッケバインやストライク(まぁインパルスでもいいが)みたいな仕様なんだけど、私はform-G(高起動型)がお気に入り。
特殊ウェポンの腰だめ射撃が気持ちイイのだ。

僚機として2機好きなロボットを連れて行けるんだけど、最初こそユウ・ブレン(ブレンパワード)連れてサイ・アーガイル気分を満喫してたんですが、ゲッコーステイト登場からはずっとニルヴァーシュ(エウレカセブン)とターミナスtypeR909。
・・・俺、そんなにエウレカ好きだったっけ?^^;
いやだってさ、コンビネーションアタックっていう、ゲージ消費で放つ3機連携攻撃があるんだけど、やはり関連のあるメカ同士だとダメージにボーナスや特殊な演出が入るわけで、彼らの場合はレントン&ホランドの「ダブル・カットバックドロップターン」なんだぜ!
そりゃもうこの2機にキマリでしょ!
(・・・好きだったんだなぁ・・・エウレカ^^;)

ちなみにメカによって色んな特殊効果もあって、ブレンだとHPオート回復だとか、オーバーマン(キングゲイナー)だと放置してると踊りだすとか(笑)色々あるらしく、そこらへんで選んでみるのも良しだね。
とりあえずはtype THE ENDが(アネモネがデレ状態で)仲間にならないかなぁ。
そうそう、エウレカはあの格好良い髭艦長も登場したので、是非原作同様仲間になってもらいたいところです。
そしたらナデシコいらないや。(それはちょっと暴言)

ところで、途中にあったガンダムXのらしいジャミルとルチルのイベントが大変興味深く、またしても原作アニメを観たくなりました。
サテライトキャノン発射のシーンで今回のウリである主題歌が流れたりして格好イイのだ。
・・・なんか今回「格好良い」連発ですな・・・スンマセン語彙少なくってorz

それにしても、コクピット恐怖症の元ニュータイプとか、萌える設定だよねぇ、ジャミル。
ジャミルとホランドが並んでると萌え死にそうですよ^^

そんなわけで現在たぶん真ん中当たりだと思われます。(15面をクリアしたとこ)
んじゃ、文字修飾もそこそこに再開してきます^^;
posted by るしは at 00:07| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。