新着記事

2007年10月01日

エヴァンゲリヲン新劇場版:序

新世紀エヴァンゲリオン
書店に勤める者として、放映当時の異常とも言える副読本刊行フィーバーは印象深い出来事でした。
アニメファン以外にあそこまで一般層に浸透したのは、なんだかんだいって「面白かった」からに他なりません。
魅力的なキャラクターに、毎回カタルシスのあるストーリー展開。
そして、散りばめられた伏線の数々は自然と「そのネタについて語り合いたい」という欲求を起こさせ、それが口コミとなって本来の視聴者層を越えた「ファン」を生み出していったわけです。
普段ロボットアニメ観ない様な奴まで観てたもんなぁ。(で、翌日語るんだよねw)
そして、後半の(賛否両論ある)超展開でカルト化に成功。

純粋に物語を楽しみたかった私にとっては、伏線の回収を放置したTV版のラストは「×」。
劇場版は物語的結末が付けられましたが、好きかと問われれば「NO」。(理由はカタルシスが皆無だったから)
なので、今回の「エヴァンゲリヲン新劇場版:序」、まったく観る気なかったのですが・・・
eva_02.jpg
ネットで読んだ感想の、ある一言に「ぴくっ」と反応しちゃいまして、それは・・・
(※ネタバレにつき反転)

今回の新劇場版は、実はリメイクではなく、前の劇場版のその後の物語なのではないか?

と、いうものです。
どうも、私は「メタフィクション」という構造自体に弱いんです。
前回の劇場版のラストで世界の破壊と再生が描かれたわけで、設定的にも「再構成された似て非なる世界」がリメイクの皮を被っていても問題ないわけで、それが本当にリメイクの皮を被ったモノだとしたら・・・

(反転終了)

これは、確認してみたいな、と。

で、観てきたわけですが、まず最初に驚いたのが人の数。
初週と言うわけでもないのに、劇場に列が!!
「エヴァって、まだこんなに商売になるんだ・・・」
と、素直に感心しました。
ま、実際私のように関心を失っていた者をも、こうして劇場に脚を運ばせるくらいですからね・・・そこは「さすがエヴァ」といったところでしょうか。

さて、では本編の感想ですが・・・
※以下、ネタバレ部分反転しておりません。未見の方は自己責任で!

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。