新着記事

2007年11月07日

もっしゅもしゅにしてやんよ!

喪主してきました!(挨拶

まさか人生初会葬の葬儀で《喪主》にジョブ・チェンジする羽目になるとは…
セシル(だっけか?)がパラディンになる以上の「聞いてないよ」展開。
やーまいりました。
「このたびは、ご丁重なご弔慰ならびにご香資をtqあwせdrftgyふじこlp><」

しかしまあジョブ的に《喪主》というのは提示されたいくつかのパターンから(料金を含めて)選ぶだけで、あとは「言われたまま」でよい立ち位置なんですよ。
むしろ《葬儀屋》の即応体制には目を見張るものがありましたね。

連経を受けてから死亡届の代理提出にはじまり、
短い日数(今回は中一日のみ!)で各種プランの提示、
遺族や故人の宗派にあわせたセレモニーのアレンジ、
流動的な会葬者の人数に合わせて通夜振舞いやお済(とき)の卓、香典返しの発注数の調整、etc・・・

ある程度パターンは決まっているし、もともと即応体制が整っていないと話にならない業種とはいえ、素直に感心してしまったな〜。拍手拍手。

そういう儀式の裏側を実体験できたのは、なかなか興味深く有意義だったし、ぶっちゃけスラップスティックの劇中人物を演じているようで、不謹慎かもしれないけど、面白かったデス。
傍で見ていて親父殿も楽しんだに違いない。
「8時だよ全員集合!」とか好きだったからなw
-----------------------------------------------------------------------
しかし、問題はその後!
これはもう声を大にして言いたいっ!

銀行口座、カード、保険等契約諸々・・・

その種類に所在、名義等は、全て家族全員が把握しておくこと!><

ウチは親父が全て管理してまして、母君は自分の口座の暗証番号さえ知らない始末><
あまつさえ数十枚のクレカが出てきた日にゃもう・・・orz
(いくらポイントがお得だからってなんでもクレジット機能付けるのはヤメレ><)

結局葬儀後に余裕をもっておいた日数で処理しきれず、とりあえず直近に必須ないくつかに段取りつけて、後をもうしばらくの間残れる妹に託して東京へと帰還する、るしはであった・・・
(こりゃ近いうちにまた来ないとだわー)

企業でも家庭でも、やはり「情報の共有化は大事」というお話でした。
でないと、いざという時、もっしゅもしゅにされてしまうんよ!
posted by るしは at 23:00| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。