新着記事

2007年11月18日

古本屋行

今日はホントは「アイ・アム・レジェンド」(原作小説)の感想を書くつもりが、なんか語りたいことが噴出して収拾つかなくなりまた後日ということで。
ああ、でもこれだけは言っておこう。

ゾンビ映画好きは必読であります。いや、ホントに。

で、今日は友人らと焼肉などつつきに行き、その帰りに古本屋へ寄りました。
そこでの収穫物など晒してみます。

アンディ・マクナブ
「リモート・コントロール」
「クライシス・フォア」(角川文庫)

以前あぷろんさんの感想読んで「見てー」と思っていた工作員モノ。
絶版なので、残りは他の古本屋で探さなければ。

ウォーレン・マーフィー
「伯爵夫人のジルバ」
「仮面のディスコヨーテ」
「のら犬は一生懸命」
「チコの探偵物語」
「愚か者のララバイ」(早川文庫)

こちらもあぷろんさんの感想見て食指が動いた一本。
コレも現在絶版のシリーズで、こちらはなんと1巻(と4巻)がなかったのが痛い。ああ痛い。
しかもその昔自分でフェアとか組んで並べてた代物であることに気付いて「なんでその時買っておかなかったの馬鹿!」と痛いことこのうえない><
で、表紙が吉田秋生さんで、どうしても「バナナフィッシュ」思い出しますね。
みなさんは「バナナフィッシュ」をご存知ですか。
ハリウッドが総力を結集して10時間くらいの超大作にすべき傑作ですよ。
んで、吹替えの際にはパパ・ディノの声は石田太郎氏でお願いします。これだけは譲れないぜ!
ってかラジオドラマになってたのね!それはそれで聞いてみたいなぁ。

それにしても、、表紙のトレース(主人公)がマックス・ロボに見えてならない(笑)

ジョン・ル・カレ
「ナイロビの蜂」(集英社文庫)

イキナリ冒頭で奥さんを殺された主人公がその真相を探るうち、妻の抱えていた問題と、その背後にある第三世界に渦まく陰謀に巻き込まれていくというお話。
冒頭で殺される役なのに演じるレイチェル・ワイズが助演女優賞を受賞したり、旦那役がヴォルデモート卿だったりと、映画がとても気になっていて、でも当時DVDを買う余裕がなく(確か『ナイト・オブ・ザ・リビングデッドBOX』を優先したw)現在ディスカスでポチっとしてるんですが、原作がル・カレって知らなかったー!しかもル・カレ読んだことねー!
というわけで購入。ホント、古典を蔑ろにしすぎです、自分。

リチャード・マシスン
「ある日どこかで」(創元推理文庫)

実は映画化にあわせて店でマシスン・フェアを企画中なのですが(また売れなさそうとか言うなw)コレを見るまで創元のを忘れてました。
「・・・でも、これまだ版あるのかな?」
と不安になったので購入。2002年のだからない可能性あるんですよね・・・と、今調べたら在庫あったw
しかも検索したら文春文庫とかでもマシスンあるじゃないですか。
これはなかなかのコーナーが作れそう!にしし♪

ジェフ・ロヴィン
「狼男の逆襲」(扶桑社文庫)

あまりに格好良い表紙に衝動買い!
ookamiotokonogyakusyuu.jpg
・・・でも今調べたら版元に在庫あるじゃん・・・orz

う〜ん、今回結構版元在庫ある翻訳本買っちゃったなぁ・・・
私、最近は出来るだけ気に入った翻訳本は新品で買うことにしてるんですよね・・・
先日のケッチャムの記事でも書きましたが、人気作家ならいざ知らず、翻訳小説は出版社にとって元々分の悪い勝負なので、
「売れなかったら続編の翻訳中止」
というのがザラにあるんです。
あなたの1冊が続刊への第一歩なの(かもしれないの)です!

・・・でも「分が悪い勝負」だから価格は高めだったりするので、なかなか厳しいんですけど。
------------------------------------------------------------------------
とまぁ、最近はすっかち通勤電車では読書モードですが、明日は北米PSPの「Alien vs Predator: Requiem」が届きます。
果たしでゲームモードなるか!?
posted by るしは at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。