新着記事

2007年01月18日

世界樹の迷宮ふぁ〜すといんぷれ

sekaiju.jpg
ギアーズと並び、既にAmazonでは品切れという【NDS】世界樹の迷宮
携帯機のソフトなおかげで、本日購入ゲーム群の中で、真っ先にプレイする栄誉を賜りましたw
そんなわけで新宿から帰宅の電車内でプレイしてみた(約1時間半)雑感などなど。

いやーウィザードリーだなぁ・・・
と、語るほどのウィズ経験者じゃないるしはですが、そんな半端ウィズ経験者が抱いた印象、とゆーことで。
だっていきなりギルドでさ

「とりあえずパーティキャラ作れや」

と、放り投げられ、えーどんな職業で組めばバランスいいのかしらヤッパリ回復は一人は要るよね、とか悩みつつ結局プレイ時間の半分を費やしてみたり。
(あ、余裕あったら後でギルド名とかパーティ編成とか晒すおー)
しかも最初のミッション始まるやいなや

「スキルポイントあるから割り振りなさい」

とか言われてテキトに割り振ったら、3人目くらいで職業に適したスキルに割り振り(スキル習得)すると新しいスキルがオープンする事が発覚!(しかも序盤から戦闘に役立ちそうなのが)うはぁ、失敗した!(つд・)
・・・とか、そんな放置っぷりもウィズを連想させてくれました。
ってか、また取説読まんのが悪いんかな・・・アハハ

んで、ウィズっぽさのもう一つの要素が手書きマッピングシステム!
最近の若いのは「マッピング」なんて概念自体知らないんじゃなかろうか・・・
あ、そこ、オートマッピングのコトじゃないぜ?
むか〜しのゲームはね、オートマッピング機能どころか「マップ」すら表示出来ないシステムで、それこそ頭に叩き込むか、さもなきゃ紙とペンを用意して、自分でマップ作成するしかなかったんよ。
あー懐かしいな〜方眼紙とか買ったっけ・・・

で、この世界樹、一応自分が移動した箇所は色が変わるんだけど、壁であるとか、階段であるとか、そういうのは全て自分で、DSの下の画面にペン(スタイラス)で書き書きしなければいけないのだ。
sekaiju_maping.jpg
↑こんな感じで。
最初「えーうまく書けるンかな?」と不安でしたが、書き心地はなかなか。
この作業が郷愁を誘うわけですよ〜。な〜つかし〜。

あと、これはゲーム内容の感想ではないですが、スタイラスを使わないといかんので、満員電車内でのプレイは若干厳しいかもしれませんね(^_^;)

ま、まだ実質30分も冒険してないので、ホント雑感、って感じですが。
なんとなく昔の香りのする3DダンジョンRPGに餓えてたら、プレイしてみるのも一興かもですよ。
キャラ絵などは可愛い系なので「末弥純じゃなきゃヤダ!」という昔気質なヒトには向かないかもしれませんが。
オッサン系や肥満系作れないのは残念でした・・・
ただ、クラスごとにキャラ絵が男女ごとに2種選べるので、まーいいのかな?(後々少なく感じるかも?・・・どうかねw)

詳細は公式ブログ参照してくださいませ!
(これはDSカテゴリ作成かもね・・・)
posted by るしは at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(NDS) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31654636

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。