新着記事

2007年02月04日

ハイテンション(原題:Haute tension)

そんなわけでおくればせながら鑑賞。
HauteTension.jpg
ハイテンション アンレイテッドエディション

あらすじ(ジャケ裏より抜粋)
女子大生のマリーは、親友アレックスと人里離れた田舎の(アレックスの)実家で週末を過ごすことに。
しかし、なんお前触れもなく正体不明の男が姿を現し、最悪の恐怖が家族を襲う!
一人、また一人と男の餌食となっていく家族たち・・・
必死で逃げ隠れるマリーとアレックス。(ここちょっとニュアンス違うね)
だが一瞬の隙にアレックスはさらわれ、意を決したマリーは救出に向かう・・・
果たして、犯人の正体は?その動機は?
衝撃のラストがあなたを待つ!!

お、結構好きかもコレ!!(≧∇≦)b

殺人鬼がヒロイン、マリーの存在に気付いてないのがミソ!
(なんでかダイ・ハード1作目の序盤を思い出した)
初訪問の親友の家で、殺人鬼の視線を避け、勝手がわからぬまま電話を探す姿には手に汗にぎりますよ。
この犯人がまた、「若いおにゃのこは生首にしてHなコトに使っちゃうゾ♪」という真性の変態親父だから怖い怖い。
そのくせ、住人を求めて部屋に住人の痕跡を探す様の緻密(つまり力馬鹿ではない!)かつ手慣れたこと。
「あ〜コレがこのオヤジの日課なのね〜」と・・・
殺戮行為もなんか淡々として日常感たっぷりで・・・こえー((((;゜Д゜)))
その性癖のおかげで親友はいきなりブッ殺されることなく、マリーはなんとか彼女を助けようと(見つからないように)奮闘するわけですが…

うはー、ちょっと余談になりますが、なんかこんなゲームやりたくなってきました!
誰かスラッシャー映画風のスニークゲーム作ってくれないかなぁ。
この映画のように、ある一軒家を緻密に作りこんでもいいし、定番のキャンプ場でも可!
クロックタワーみたいに殺人鬼が不条理に出現するんじゃなくてね、ちゃんと独自のアルゴリズムで動いてほしいね。
ほとんどのモノが武器、または道具として使用可能で、朝まで生き延びるか、脱出するか、なんとか殺人鬼を撃退(一番難易度高い。殺人鬼の不死身度は13金完結編レベルが良いですね)するかしたらクリア!
他のNPCは助けてもよいし、勿論矢面に立たせたり(そこらへんNPC毎に性格設定されてて、この武器を持ったら、あるいは一緒にいるのが女性だと強気になる、とかねw)オトリにしたりも可!
う〜ん、やりてー。どっかのメーカーさん作ってw

おっと、前半の注意点を。

わんこがね・・・わんこがぁぁぁぁぁぁぁ(´Д⊂
勇敢なわんこだったよ・・・あの子にジョギリ犬(注:サランドラで活躍した戦闘型わんこ)くらいの戦闘力があれば・・・嗚呼。
人間がいくら死のうが平気なんだけど、やっぱペットはキツイわ・・・

そして(問題の)後半
出来れば、ここから下は読まずに、まずは鑑賞していただきたいところ。
(そんなわけで以下、反転)
これは、上の粗筋にもあるように、それまでの展開をひっくり返すような荒技が見れます。
いわゆる《ドンデン返し》。

るしは的には全然OKでしたね。

逆に、コレがない、純正のスラッシャーだったら若干物足りなかったかも。
ただ、例えば「ソウ」1作目のような破壊力の大ドンデン返しではありません。
途中で読める人も多いんじゃないかな?
るしはも世間の評判から《ドンデン返し》の存在は知ってたので(詳細は知りませんでしたが)冒頭シーンで結末が読めちゃったのが残念でなりません。
そうすると前半の怖さがかな〜り激減してしまうので、もったいないことしたなぁ。
(ま、おかげで怖がりなるしはもじっくり鑑賞できたわけですがw)
なので、《ドンデン返し》のことを知らずに観るのが、理想的なんですが・・・
Amazonのレビューでも殆どオチが云々、だからねぇ(^_^;)

あ、よくオチの辻褄があってないとか、アンフェアだとかいう意見を見ますが、それは違うでしょう。
《ドンデン返し》以前は、全て○○○○○(さすがに伏せる)の○○○○○なわけだから、逆に、辻褄が合わないトコが、○○○○○の異常性を表していてゾっとしますね。
コワっ((((;゜Д゜)))

ま、単純に殺人鬼との攻防を期待して観ると、肩透かし感はあるでしょうか。
終盤の、追跡→カーチェイス(!)シーンとか、もうホラーじゃないですからねw

(反転終了)
あ、あとゴアシーンについて触れておかねば。
劇場公開(日本)の際、大幅なゴアシーン削除版が公開されたと聞いて、かなり覚悟して観たのですが、そんなにグロくはありませんでした。
いわゆる「ホステル」的な執拗な人体破壊描写があるわけでもなく、シチューエーション的に「お願い!ヤメテ!(⊃д⊂)」な描写もなし。(これはまぁ、個人差があるケド)
ソウシリーズ(3未見)の方がよっぽどグロかったな。
確かに血はどばどば出ますが、一昔前の、例えば「13日の金曜日」とかのレベルですね。
久しぶりに「手仕事」っぽい特殊メイクが見れて、るしはは嬉しかったw

しかし、ホントになんで削除したんだろ?
まーこれで削除なら「THE HILLS HAVE EYES」には二の足踏むわけだなぁ・・・

いや〜面白かった。存外にツボでした。
でも、向かない人には向かないでしょう。そんな作品。

こりゃ余計に「THE HILLS HAVE EYES」観たくなってきてしまいました。
うすねこさん情報でリーフリかつPAL/NTSC変換対応なDVDプレーヤーが結構安いこともわかったし、買っちゃおうかな〜。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32699255

この記事へのトラックバック

ハイテンション
Excerpt: ハイテンション アンレイテッド・エディション 「ハイテンション」(ネタバレアリ) (あらすじ) 女子大生のマリーとアレックスは親友同士。都会の喧騒を逃れ、アレックスの田舎の実家でテスト勉強をする..
Weblog: でぃすかば日記
Tracked: 2007-05-19 21:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。