新着記事

2007年02月14日

イルマーレ(原題:The Lake House)

今日は、るしはが血みどろ映画しか観ないわけじゃない、というのを証明しましょう。
20本中1本くらいは非ホラーも観るんよ!( ̄Д ̄)/
TheLakeHouse.jpg
イルマーレ(原題:The Lake House)


(あらすじ)
2006年。ある湖畔(勿論クリスタルレイク湖ではない)に立つ家を引き払うケイト(サンドラ・ブロック)は、ポストに次の住人に宛てたちょっとした手紙を残す。
そして、新しく越してきたアレックス(勿論NT専用試作ガンダムではなくキアヌ・リーブス)はポストに先住者からの手紙を見つけ、首をひねる。
アレックス以前に住人はいないはずだったからだ。そして、手紙の日付もおかしい。
何故なら、《今》は2004年だったから。


お互い半信半疑なまま《文通》を始める二人。
やがて、(ラブストーリーですから当然)二人はお互いに惹かれあい、会おうとするわけですが、そこで時間の壁が邪魔をする。
例えば、アレックスがケイトを見つけても、その時のケイトはアレックスのことを知りもしないわけです。
ケイトがアレックスの存在を知るのは、そこから2年後のことなわけだから。

でも、会おうとして会えない「セレンディピティ」みたいなドタバタ・ラブコメじゃありません。
《時を越えるポスト》というSFガジェットがあるのに、こちらの方が「嘘っぽさ」はないです。
派手な展開もなく、どちらかというと淡々と二人の生活と、《文通》の様子を描いていて、なんかハリウッドっぽくない感じ。
ここらへんは、原作である韓流映画に起因してるのかな?
(未見ですが)

《文通》の様子を、まるで会話するかのように処理していて、アレックスの発案で、彼のお薦めスポットをケイトが散策するシーンや、「喧嘩」のシーンの言葉のキャッチボールなんかは現実的に考えればありえないんですが、映画的には(というか、るしは的には)アリ。
タイムパラドックス的な辻褄も、るしははそんなに気になりませんでした。
(そういうのを即座に指摘できる頭は持ってませんw)
「時間を越える仕組み」を云々する「バック・トゥ・ザ・フューチャー」的な映画でもないですしね。
ラスト付近のシーンも、いくらでもサスペンスフルに組み立てられるだろうに、あえてそうしていない節が見受けられます。
でも、そこがいいなぁ。
とは言っても、全然盛り上がらないとか、そういうわけじゃないですよ?
なんて言うか、ハリウット的じゃなく、もっとメンタル方向に手に汗握るとでも言うか・・・御免、上手く言い表せない貧困な語彙を許して!(^_^;)

キアヌ・リーブスとサンドラ・ブロック、この、あまり性的なモノを感じさせないビジュアルの二人は、こういう純愛映画にはピッタリですねぇ。
るしはは、かなり楽しめましたよ!(≧∇≦)b
ちょっとキアヌ(ネオが最悪)とサンドラ(最近ご無沙汰でした)を見直しました。


ちょい残念だったのは、アレックスにホの字のモナ(だったかな?)が、いなくてもいいような役だったこと。
まぁ、変にでしゃばらなかったので、そんなにウザくなかったのが、救いかw
(韓国版だと、昼メロ的にドロドロと彼女もからんだのかな〜?ってのは、偏見ですか?w)

あと、タイトル。
「イルマーレ」より、原題どおり「レイクハウス(湖畔の家)」が良かったな。
「セレンディピティ」と違い、そんな重要なポジションにないんですよね、イルマーレw

最後に、吹替えのことを少し。
なんかデフォルトが吹替え版だったらしく、第一声が違和感なかったので、珍しく最初に吹替え版を鑑賞したんですが・・・
森川キアヌは定番として(この人以外にキアヌはないね)、サンドラ・ブロック役の本田貴子がバッチリすぎました!(≧∇≦)b
るしはは今まで、「サンドラ・ブロックは松本梨香派」だったんですが、これは意外な収穫だったかも。
本田貴子さんはミラジョヴォだけじゃなかったんですねぇ(^_^;)
posted by るしは at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。
たしかにるしはさんの非ホラーレビューは珍しいですね!
今日はヴァレンタインデーでタイムリーかも?w

イルマーレは未見でしたが、見てみようかな。
Posted by kurosui at 2007年02月14日 22:44
>kurosuiさん

そうですね、ヴァレンタインだったんですね。
確かに恋愛映画はタイムリーでした。
(まったく意図してませんでしたがw)

そういえば、夜食を買いに寄ったコンビニで「本日のオマケになっております」とチョコをもらいました。

・・・男の店員だったけどネ・・・_| ̄|○
Posted by るしは at 2007年02月15日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。