新着記事

2007年04月04日

サランドラ

るしはの超お気に入り映画である未公開作品「THE HILLS HAVE EYES」元ネタがこちら!
sarandora.jpg
サランドラ(原題:THE HILLS HAVE EYES)

さて、そのリメイク版感想で、「本家はぶっちゃけツマンナイ」とか言ってたるしはですが・・・

ウエス・クレイブンさん御免なさい!
結構面白かったです(^_^;)

※例によってネタバレあります!嫌な人は回避で!

しかし、その面白さが純粋な面白さなのかは・・・う〜ん、どうだろう?
リメイク版を気に入ってる故にガードが甘くなってるってのは、あるかも。
あと、リメイク版との比較をしながら鑑賞ってのが、思いのほか、楽しかったのも事実で・・・
なので、この感想読んで「よし!Amazonで注文だ!」というのは、よくよく考えてからにしてね(^_^;)
(って、そんな奴いないかw)
さて、今回のサランドラ感想をお読みになる前に、もし未読であるなら、本作のリメイク版であるTHE HILLS HAVE EYESの感想を是非お読みください。
でないと、多分チンプンカンプンになります。
・・・ってか、読んでも事前に多少のの知識がないと、やっぱチンプンカンプンかもね(^_^;)
この、「わかる人だけわかって下さい」的なスタンス、狙ってやってるわけじゃないんだけど、なんとかしないとなぁ・・・

では、気を取り直して、感想です。
sarandora_title.jpg
しかし、吃驚しました・・・
リメイク版のストーリー、ほとんど本家と一緒なので!
逆に、違うところを挙げてった方が早いんじゃないだろうか。
てなわけで、早速差異をピックアップ。

家族の微妙な設定の違い
家族構成、わんこの頭数は一緒でした。
・父親&母親
・兄夫婦&赤ちゃん
・弟
・妹
・わんこ2頭(ビューティ&ビースト)

ただ、微妙な差異として、

・兄がインテリ臭くなく、意外と行動派(眼鏡だけどホットパンツ!)
・弟が、リメイク版は少年でしたが、本家だと青年。(やっぱりホットパンツ!)
・ビーストの武勇伝が凄い。

最後のビーストの武勇伝は、もしかしたらリメイク版でも語られてるかも。
いやほら、何しろ英語のヒアリングなんて出来ませんのでネ(^_^;)
しかし・・・他人ん家のプードル噛み殺すのは、やりすぎだと思うよ?(汗)
それを武勇伝っぽく語る家族も、ある意味スゲー・・・そりゃ殺人鬼一家に勝つわけだわ・・・

殺人鬼一家の設定が結構違う
まず、冒頭に出てくるガススタンドの親父。
こいつがまさに、殺人鬼一家の《父親》でした!

彼の奥さんが身篭った二人目の子供が、殺人鬼一家の頭目。
そいつ(仮にパパと呼びます)が母親のお腹を引き裂き誕生したのが悲劇の始まり。(誕生時体重10キロ&既に剛毛アリ)
やがて家畜などを殺し始め、しまいにゃ家に火を放ち姉(健常者)も殺害。(一応こっそりやってたようですが)
さすがにキレた親父が脳天カチ割り、砂漠に遺棄したのですが・・・
当然息を吹き返し、しかもどっからか女連れてきて(売春婦らしいが、そのまま居着くのが凄いなw)子供をしこたま作り、人喰い殺人一家の出来上がり!

冒頭、親父はとうとう土地を捨てて逃げようとしたのですが、キャンピングカー一家の車にガソリン入れたりしてるうちに機会を逸してしまいます・・・合掌。

リメイク版だと、どうだったんだろう?
リメイク版観たかぎりだと、《獲物》を誘導する役割を、いくばくかの報酬と脅しで仕方なく請け負ってる、ような印象だったんだけど・・・
気になるなぁ・・・

そうそう、その冒頭の、まさに逃亡の準備を進める親父のところに、リメイク版でいうところの《赤頭巾ちゃん》登場!
そういえばリメイク版でも登場してたっけ。(赤い布盗んだだけだったけど)
ただ、リメイク版と決定的に違うところがあります。

なんと、彼女は親父に一緒に連れてってとせがむのです!
しかも、一般社会に出ることを考えてか、可能なかぎり着飾って!
(・・・まぁ、トチ狂ったインディアンみたいな格好でしたが)
つまり、最初から彼女は一家の生き方に反対しているわけです。

《赤頭巾ちゃん》の役割も、一応原典にあったんですね。ちょっと感動。

そして、そんな行動をとるだけあって、彼女は外見的には普通の女性です。(小汚くて臭いけど)
そう、オリジナルの殺人一家に《フリークス》はいないんです。
パパが巨漢で毛深かったという以外、そういう描写はありません。
凶暴で、人間を喰らう他は、ただの野生化した人間です。
どちらかというと、インディアンのイメージですね。
リメイク版の《フリークス》という要素は、舞台の「核実験場跡地」という設定から付け加えられたのでしょう。
・・・まぁ、確かにマイケル・ベリーマンの顔は、こう言っちゃ失礼なんでしょうが、フリークスっぽいですけどね。
sarandora_mikel.jpg
↑ノーメイクで熱演のベリーマン氏(この後わんこに噛み殺されますw)

で、その殺人鬼一家の構成ですが、リメイク版に比べて結構少ないです。

・パパ・・・元気な巨漢。リメイク版では頭肥大で歩けない
・ママ・・・あれ、そういえばどっちでも死んでないよコイツw
・長男・・・リメイク版の《唇兄》ですね。やっぱ助平。
・次男・・・マイケル・ベリーマン。当然《ハゲ弟》
・三男・・・《監視役》やっぱ最初の犠牲者。
・長女・・・とても普通人。リメイク版《赤頭巾ちゃん》

まぁ、構成人数が少ないのは後半の展開の差(ここが最大の違いでした)のせいなんですけどね。

ストーリー展開の違い。
ストーリーは、概ね同じなんですよ。
ビューティが最初に犠牲になるのも、それを見つけた弟が途中で足を踏み外して気を失い、そして自力で帰還するのも。
さらに、キャンピングカー一家の犠牲者の死ぬ順番やシチュエーションも一緒。
妹が×××されるシーンもありましたよ。
そういえば、クレイブンといえば「鮮血の美学」ですもんね、それに比べればおとなしい方・・・なのかな?

ちなみに、「鮮血〜」は未見なのですが、ホラー者として観た方がいいのかなぁ?
無断リメイク作品(というかパクリw)の「暴行列車」の方がいいという話もありますよね。
パクリのくせに、音楽がエンニオ・モリコーネとか聞くと、確かにそんな感じも。(根拠なし)
でも、作品としてどうなんでしょうね?誰か見た人いませんか?

なんか話が逸れましたね(^_^;)軌道修正〜。
で、どこが違うのかと言うと、兄がビーストを連れて、赤ちゃん奪還に向かってから。

リメイク版だと、核爆発の影響を調べるために建てられ、そのまま放置された仮設の街を一家が根城にしていて、そこに侵入した兄が指とかいろいろ無くしながら血みどろのバトルを繰り広げたのですが・・・

オリジナルではですね・・・イキナリ《赤頭巾ちゃん》が赤ちゃんかかえて出迎えます!
うは、奪還バトルなしですか!( ̄□ ̄;)
・・・まぁ、こちらの殺人一家は原始人よろしく狭い洞窟で暮らしてるので、奪還バトルなんて描きようがないわけですけどね(^_^;)
後は、それを追う兄弟二人と兄&ビースト&《赤頭巾ちゃん》のバトルです。
ちなみにパパは、キャンピングカーに残った弟&妹を殺すべく単独行動・・・そうなんです、なんと、リメイク版の《髭》の行動パターン!
ですから勿論、末路もほぼ一緒です。

そして、一番印象に残ったのは・・・

やっぱり、ビースト君!( ̄Д ̄)/

こと、ビースト君の最強わんこぶりに関しては、オリジナル版の方が上でしたね!
ビーストの総KILL数はオリジナルもリメイク版も2体と一緒で、最初が《監視役》を突き落とすってのも同じなんですが、その後が違います。

リメイク版→身動き取れない頭肥大親父を噛み殺す。

オリジナル→なんと、タイマンでマイケル・ベリーマンを噛み殺す!!

・・・強ぇー、ベリーマンはジョギリ(笑)持ってんのに無傷で勝ってるし!!
・・・やっぱ史上最強のわんこだよ・・・
あ、ちなみに公開当時のポスターなんかでは、この《ジョギリ》という凶器がやたらクローズアップされてましたが、別に本編でジョギリと呼ばれることもなく(まぁ、バタリアンのオバンバみたいなもの)しかも、手のひらサイズの缶切りみたいな刃物なので吃驚です(^_^;)

しかし、ビーストは泣かせるよ・・・
ビューティの死後、鎖を千切って飛び出し、ビューティの亡き骸の元へ・・・
sarandora_tooboe.jpg
悲しげに遠吠えをするビースト・・・

sarandora_ikarinobeast.jpg
そして!怒りに燃えたビーストの復讐が始まる!!

※この過程で双眼鏡野郎を崖から突き落としてますが、画面が暗い&アングルがUPすぎてマトモな画像が撮れず!残念!

しかし、単に怒りに任せただけじゃないのが、ビースト君の利口なトコロ!
sarandora_todokeruze.jpg
ちゃんと敵のトランシーバーをゲット!「飼主様に届けるゼ!」
勿論、届けた後は、復讐・再・開!!

sarandora_ikarinobeast3.jpg
「がー!!」

sarandora_ikarinobeast2.jpg
この怒りの眼差しを見よ!!

sarandora_maikel_dead.jpg
さしものマイケル・ベリーマンも断末魔の痙攣ですよ!ぴくぴく。

sarandora_yattaze.jpg
「見てくれたかい、ビューティー。仇はとったぜ・・・」

・・・最高に格好良いぜビースト・・・DVD買ってよかったぁ。


あ、最後にもう一つ、大きな差異を。
リメイク版だと、殺人一家の罠で事故るキャンピングカーですが・・・
オリジナルでは、完全に単なる事故でした!(笑)
あそこで事故らなきゃ、誰も死ななかったかと思うと・・・ちょっと醒めますね(^_^;)

ともかく、「マトモなホラー映画」を期待して観ると30点くらいですが、ビースト君の雄姿を期待して観ると

何故か90点くらいに跳ね上がる。

そんな変な映画なのでした。

しかし、やっぱリメイク版、大勢の人に見てほしいなぁ!
あっちのビースト君も格好いいからさ!
リージョンフリープレイヤーじゃないと観れないので、画像撮れないのが残念!
(まーリージョン設定いじれば見れないこともないんだけど、回数制限あって怖いから、ね^^;←基本チキンですから)
posted by るしは at 00:31| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画(田舎系ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
強いワンコ(;´Д`)ハァハァ・・・
ジョギリ(;´Д`)ハァハァ・・・

・・・観たいーー!
リメイク版は個人的にツボなキャストなのですよ。
でもやっぱりわんこが一番みたいです。
Posted by kurosui at 2007年04月04日 21:46
>>kurosuiさん
さすがkurosuiさん!未公開映画のキャストもバッチリチェックですね!
ツボな役者が誰か気になりますw

しかし、いまだに公開はおろか、DVD化の話も聞きませんねぇ・・・ホントに絶望的なのだろうか・・・
多くの人に、ビーストの雄姿にハァハァしてほしいんだけどな〜。
下手したらアジャ監督のリメイク版「ピラニア」の方が先に来そうですね。
Posted by るしは@管理人 at 2007年04月05日 14:15
こんばんは。
昔の記事にコメントすみません。
昨日のショービスカウントダウン見ました?
「the hills have eyes2」が6位(か5位)に入ってましたYO!
これはるしはさんに報告せねば〜!とついコメントしてしまいましたw

あ、上の気になるキャストはテッド・レヴィン(キャンプ一家父)です。
名探偵モンクのストットルマイヤー警部役が好きなので・・・。
Posted by kurosui at 2007年04月09日 22:34
>>kurosuiさん
見ました!見ました!いきなりランクインで吃驚!
・・・でも、短命そうですねぇ・・・(^_^;)
フリークス家族も、フリークスというよりはミュータント・・・むしろ某洞窟ホラーの地底人?みたいな感じで、1の雰囲気が微塵もないのが残念!

テッド・レヴィンですか!うわモンク見たことない(^_^;)
でも、パパってばテッド・レヴィンだったんだ〜ちょいとWikiで調べてみたら、そうか「ヒート」のあのオジサンだ!
あと、「羊たちの沈黙」のバッファロービルも!?

モンクの粗筋読んだら観たくなりました(^_^;)
新シーズンもやってるんですね!どっかで放送しないかな〜。
Posted by るしは@管理人 at 2007年04月10日 12:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/37499053

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。