新着記事

2007年05月06日

バタリアン(金曜ロードショー版)

ROTLD.jpg
「・・・見てみたいか?」
「何を?」
「その吹き替え版だよ」
「どうせ冗談だろ?」
「ここの地下室にあるんだぞ!」
「またまたw」
「・・・行くか?」
「ホントなの!?」

そんなわけで、ユニーダ医療品商会のフランク氏に、秘蔵のビデオを見せてもらいました(笑)
そう!
名吹き替えの誉れ高い、あの金曜ロードショー版「バタリアン(原題:THE RETURN OF THE LIVING DEAD)」を!

さて、その吹き替え版の素晴らしさについてはkurosuiさんちのコチラに詳しいので、その素晴らしすぎる声優陣を見て慄いてください。
豪華すぎる!まったく豪華すぎるよ!!

今回、ちょっと語りたいのは、「バタリアン」の作品としての素晴らしさ。
その先見性です。何しろ・・・

・走るゾンビ
・考えるゾンビ

そう、後年リメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」や、元祖ロメロ御大の「ランド・オブ・ザ・デッド」が導入した《新機軸》が、既にココに!
それを、特に取り立てて「新要素ですよ」と振りかざすでもなく、パロディとしてポイっと放り投げているのが凄い。
しかも、その放り投げるテンポがもう、絶妙!
久しぶりに再見しましたが・・・目を離す隙がありませんでした。
いや、マジで。
パロディ云々以前に、まずゾンビ映画として、なんて正しい映画でしょう。
ゾンビ映画に不可欠な要素が軽快なテンポで詰め込まれ、それに加えて、キャラクターは立っているわ(これは吹き替えが大きく貢献してるかもしれない)ブラックユーモアは気が利いてるわ、そのくせ、おふざけだけで終わっていなわで・・・
まさに好き者達にとっての宝箱みたいな映画です。

面白いとは思ってましたが・・・ここまで、優れた作品だとは・・・

最近はTV放映されることもないので、未見な人が多いんじゃないでしょうか。
「走る系」から復権した次世代型ゾンビから入った人も多いでしょう。
そこから過去のゾンビ作品を振り返る際、出来れば「NIGHT OF THE LIVING DEAD」や「ゾンビ」と一緒に、「バタリアン」も観て欲しいですね。
なにしろ、正当な「NIGHT OF THE LIVING DEAD」の続編なわけですからw(マジでw)

そのためにも、是非、吹き替え版収録に新盤DVDのリリースを!
どこか、出してくれないかなぁ。

しかし・・・やっぱこの映画の導入部とテーマ曲は最高!!(はぁと)
posted by るしは at 00:00| Comment(10) | TrackBack(2) | 映画(ゾンビ系ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
じゃっじゃっじゃ〜じゃら〜じゃっじゃっじゃ〜♪

おぉ〜!るしはさんのレビューはやっぱり適確で面白いですね。

正直「バタリアン」は同時期に公開された「えじき」よりも、映画としてはよくできているかも、とも思ったり(汗)
吹替えはやっぱりいいですね。
アーニーの骨折した瞬間が吹替えの方が全然わかりやすいです。
Posted by kurosui at 2007年05月06日 10:34
じゃっじゃっじゃ〜じゃら〜じゃっじゃっじゃ〜♪

私も目覚まし時計に使いたい音楽です。


トラッシュの声優さん・・・勝生真沙子さんがこの頃からすでに現在の勝生真沙子さんの「域」に到達していることがびっくりしました。

「あんた、想像したことある?」

「待って〜〜私、靴はいてないのよ〜〜〜」

「バタリアン」の吹替は本当に見事ですね♪ 
Posted by ふぉんだ at 2007年05月06日 11:21
こんばんわ!

ゾンビーズの皆さんの間で、バタリアン吹き替え版の鑑賞会が催されていたようですね。
うちにもあったような気がするのですが・・・。
それを探すには、物置のかなり太古の地層まで発掘しないといけないので、なかなか腰が上がらない状態です(汗)。

バタリアンは、冒頭のシーンで「NOTLD」について言及しているシーンがあったのが印象的でしたねぇ。
「正統な続編」に大いに納得の傑作だと思います。

やっぱり発掘作業に着手しようかなぁ・・。
Posted by アガサ at 2007年05月06日 22:00
>>kurosuiさん
>「えじき」よりも、映画としてはよくできているかも、とも思ったり(汗)

あ、それは私も同感かも^^;
「えじき」の閉塞感も好きですけど、全体レベルで見ると、「バタリアン」かなぁ、と(汗)

実は私、原語版を見てないんですよね。
アーニーの骨折のくだり、比較したくなってしまいました^^;
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月06日 22:49
>>ふぉんださん
ホンっっとに、豪華ですよね、声優陣!
ケイシーみたいな役を小山茉美ってのも吃驚!
キシリア様!wいやさ、アラレちゃん!ww

絶対DVD化して再評価すべき名吹き替えですよね!
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月06日 22:54
>>アガサさん
こんばんは!
吹き替え版お持ちでしたら、速攻発掘→DVD保存をオススメします!磁気テープが駄目になる前に!w

アガサさんの「バタリアン」レビューも読みたいでーす。
勿論、イラスト付きで!
アガサさんが描くアーニーとか見たいw
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月06日 23:06
またまたお邪魔します(○´∀`)ノ゙

イラスト無し時代に書いたレビューで宜しければ、ツルッとお目を通して頂けたらと・・。
TBさせていただいてみましたので・・(*´ω`)

強引でスミマセン。
Posted by アガサ at 2007年05月08日 01:40
>>アガサさん
ああ!アガサさんバタ感想書かれていたのですね!?
4、5は把握してたのに、肝心のバタ感想に気づかなかったなんて・・・自分の馬鹿ーっ!!(スンマセン…)

それにしても、ハゲでタフだから「ハーゲンタフ」だったんですねぇ・・・
いえ、コイツだけ語源がわからなくて長年の謎だったので、判明してスッキリしました!
さすがです、アガサさん。

後ほど、こちらもトラバを送らせていただきます。ぺこり。
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月08日 14:32
ありゃ?誰かお忘れでないですかい。バタリアンといえばあちし、いわゆるPONでしょうに。それを皆さんでさんざん盛り上がって。自分も混ぜてくださいよ。なんせ自分、自称ブログ界のリビングデッド、皆さんからの貴重なコメントを返すのに最長二週間かかる半死人なんすから。バタリアンは何のBGMもなく記録映画のように、乾いた空気で始まるのが好きっす。そしてB級映画と言えば安っぽいパンクで無理矢理締める力技。なにより、るしは氏ご指摘通り、まじめにギャグ映画なのがさいこー。おっと字数制限だ。携帯からなんで。また来ます。のうみそ〜。
Posted by PON at 2007年05月10日 20:25
>>PONさん
ををぅ、なんか凄い勢いのメールが来たw

>バタリアンといえばあちし、いわゆるPONでしょうに。

御免!それは知らなかった^^;
でも、確かに最後のバンクは強引だった!w
劇場公開版もああなのかしらん?気になるなぁ。

では、またのお越しを!もっとのうみそ〜
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月10日 20:59
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『バタリアン』
Excerpt: 1980年代、全国の男子生徒の間で驚異の再現率を誇っていた映画があった。 それらの作品が放送された翌日は、ある者はサバイバルナイフを意味も無く持ち歩き、ある者は酔いどれたフリをしながらカンフーの技で..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-05-08 01:37

バタリアン
Excerpt: いつもお世話になってます 「るしは」さんのブログ 「ねこめがね SECOND」の 先日の記事に インスパイヤされまして、 今回はこれ、映画「バタリアン」です。 <あらすぢ> あらすぢなんて要るのか..
Weblog: マスターオブライフ
Tracked: 2007-07-19 12:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。