新着記事

2007年05月17日

スパイダーマン

spiderman1.jpg
スパイダーマン(原題:SPIDER-MAN)

昔、レンタルで鑑賞。
先日のTV放映で久しぶりに再見したわけですが・・・

「ダークマン」の雪辱を見事に果たしていて素晴らしかったです!

しかも大ヒットですからね!ライミの溜飲もかなり下がったことでしょう。
孤高の道を歩まんとヒロインの元を決然と去る工ンディングは、八リウッド的ヒーローにはないストイックさで、格好良かった。
ブルキャンもちゃんとカメオ出演してたしね!台詞も多くてグゥ!
(しかし『ダークマン』のラスト以上に破壊力のあるブルキャンカメオではなかった…当然だけど^^;)

なのに…DVDをライブラリしなかったのは、何故だろう?
ぶっちゃけ2だって劇場に足を運ぶことはおろか、レンタルすらしようとしませんでしたから。
いったい何をトチ狂っていたのか、当時の自分を小一時間ばかり問い詰めたい心境です。馬鹿馬鹿。
ああ、でも3の公開に間に合ってよかった。ありがとう地上波放映!

では、例によってぐだぐだと蛇足的感想を。

ガリ勉へタレ少年(トビー・マグワイア以上にへタレガリ勉を体現出来る役者がいるだろうか?)が超人的能力を手に入れてまず考えるのが憧れの女の子の気を引くことだったリ、調子に乗って周りが見えなくなったり、シナリオと監督は実にへタレガリ勉を分かっていますね。
(絶対ガリ勉へタレ少年だったに違いないw)

しかし、これだけならスパイデイは凡作でした。
凄いのは、自分が得た力に溺れた挙句、気に入らない相手へのささやかな復讐としてとらなかった行為が直接的な原因となって、育ての親である伯父さんが死亡するという展開。
その前の伯父さんとの最後の会話で、ピーターはつれない態度で酷い言葉を投げつけていて、そもそも伯父さんが凶行に倒れたその場に来たのも、図書館で勉強する(と偽って賭け試合でMJの気を引くための資金稼ぎをしていた)ピーターを迎えに来たから、というんだから、主人公の自責と、圧し掛かるものは凄まじく重い。
そして、伯父さんが最後の会話の中で言った言葉
「大いなる力には大いなる責任が伴う」
が、半ば強迫観念的な行動原理となって、ピーターを贖罪行為的にヒーローたるべく突き動かすという展開は、「ヒーローたらしめる理由」としてベストなんじゃないでしょうか。

それにしても、ここまでヒーローに「後ろ暗い部分」を設定して追い詰め、その後自己犠牲的な決断を強いるって、アメコミヒーローとしても珍しいんじゃないですか?
確か、伯父さんの件は原作アメコミでもある展開ですよね。
どこかで、登場人物が死んだり生き返ったりを繰り返すマーベルコミックにおいて、ベン伯父さんの復活だけは禁忌である、みたいなことを読んだ覚えがあります。
(確か洋泉社刊『スパイダーマン・インサイダー』でだったかな)
それだけ、ヒーローの来歴としてはかなり特異なんでしょうね。
その根底の部分がしっかりしているから、ドラマ部分も見応えがあるわけで。
一度も「飛ばしてバトルシーン観たいな」と思わせないってだけでも、凄い!

さて、ヒーローを語ったら、次はヴィラン(悪役)を語らねば。
グリーンゴブリンも好きなんですよね〜。
spider-man_GG.jpg
↑超昔のゲーム版画像。イメージ検索でコレしか見つかんなかった(T−T)
この造型、メチャメチャ格好イイと思うんですけど!
(今のところ身近な同意見ゼロ。なんで!?)
止むに止まれぬ理由から実験を強行し、結果《悪人》と化すのも素敵な定石。
そして、演じるウィレム・デフォーを生かした二重人格設定!
定番の悪役芝居と(るしはにとっては)「プラトーン」以来の善人芝居の両方が見れてお得です。
弱さもきっちり演じることが出来て、好きな役者さんの一人です。
Willem_Dafoe.jpg
↑イイ笑顔w(一度見たら忘れられない顔デスね♪)

後、特筆すべきは編集長、JJJの強烈なパーソナリティですか、ね!
あんな上司の下では絶対働きたくないけど、あんな上司になりたいデス

そして、思いっきり続編へ引っ張るハリーの件。
ここでもまた、ピーターにずっしりと重石が・・・嗚呼。

ちなみに、ゴブことノーマン氏の最期は原作アメコミと一緒なんですって!素晴らしいリスペクトだわー。
あと、MJが原作では2代目ヒロインで、初代ヒロインは途中で死亡!(吃驚です)
その際のシチュエーションがまさに映画ラストの吊り下げ状態で、原作では救えなかったのを、映画では見事(人物は違えど)ヒロインを救うとあっては、そりゃ本国で大受けするわけだ!!

しかし、そういう内輪ネタ抜きにしても十二分に楽しめるトコが、一番凄いところですね。
とりあえず懐が潤ったらスパイデイはライブラリしようと固く誓うるしはでした。

さて、次は2の感想だな・・・頑張って今週中に仕上げて、週末には3観にいってやんぜ!
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「スパイダーマン」シリーズはどれも未見の主婦ですが、
ウィレム・デフォー様が出ているんですか!?
大好きな俳優です。くぅぅぅ〜〜
「プラトーン」のデフォー様はもう「神」です。
ブルキャン様とデフォー様の「夢の饗宴」・・・
Posted by ふぉんだ at 2007年05月17日 01:45
ダークマンのブルキャンは破壊力強すぎだろw
あそこまで作り上げた映画の余韻を一瞬でぶち壊して、爆笑の渦に叩き込んでくれたぞw。

スパイダーマンいいよね。おっちゃんのライブラリに無かったとは意外だ。
主人公の苦悩も悪役のはっちゃけぶりも脇役達も言うことなし!ヒロインにだけは色々言ってやりたいが・・・
Posted by mizuti at 2007年05月17日 08:01
>>ふぉんださん
「プラトーン」のエアリス(ん?エリアス?)さんの最期は衝撃的でしたよね…(涙)
おのれ、トム・ベレンジャーめ!(怒)

「スパイダーマン」はその筋の人以外にも安心してオススメできる良作ですので、機会があったら見てやってください。
グラサンかけたブルキャンがあなたを待っていますw
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月17日 19:54
>>mizutiさん
確かに、「ダークマン」のラストはヤバイね^^;
一般の観客にとってはスパイデイ同様ストイックな格好いいラストなのに、「はらわた」以来の常連が見ると爆笑という…ライミ、なんかストレスでも溜まってたのかなw

えー、君も反ダンスト派か!
俺は「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」以来のダンスト派だぜ!(ちょっと嘘w)
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月17日 20:06
スパイディは映画秘宝に「珍しく日本人が好きなアメコミヒーロー」という記事がありましたね。
人間ドラマの部分と燃えるアクションの配分具合がいいんでしょうか?
私も他のアメコミ物の中ではスパイディとX−MENは好きです〜(はあと)

バットマンと違って、スパイディはトビーでなければならないので、もし4があるなら早めに撮ってほしいですね〜。

あ、「はらわた」が先でしたか?
Posted by kurosui at 2007年05月17日 20:19
>>kurosuiさん
実はスポーンも好きなわたくしです!(超少数派w)

「マグワイアが続投に前向き発言」とか「ギャラ高騰なのでキャスト総入れ替え」とか噂が飛び交ってますね〜。
どうやら4のゴーサインは出たようですけど。

「はらわた」は監督も気になるなぁ…あの勢いに勝てる監督っているんだろうか…
「はらわた」も続編説とリメイク説が混在しているみたいですね…
キャプスパ劇場公開版のその後だったらブルキャン続投でイケるかも!
あ、それがイイな!グル〜ヴィ!
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月18日 14:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。