新着記事

2007年05月27日

国際速達郵便到着

前回の「THE HILLS HAVE EYES」の時は安価なUSPS(国際航空郵便)で頼んだのですが、今回は3枚ということもあり、EMS(国際速達郵便)を試してみました。
※USPSは基本料金約500円+1枚150円(配送状況トラッキング不可)
※EMSは基本料金約1500円+1枚150円(トラッキング可能)

さて、何を頼んだかといいますと…
IMAGE_039.jpg
ふと、思ったんですよね。
「THE HILLS〜」のためにリージョンフリーDVDデッキを持ってることだし、日本語版DVDのリリースが絶望的な映画は、いっそ輸入盤でいいんじゃないかと。
で、試しにDVD Fantasiumで検索してみたらあるわあるわ!
そんなわけで、

CLASS OF 1984
THE HITCHER
DEAD ALIVE

の、3本を頼んじゃったのでした!

「CLASS OF 1984」(邦題:処刑教室)
コチラで触れたように、未だ日本語版DVD化されていないし、作品的にも今後も絶望的だと思われるので。

「THE HITCHER」(邦題:ヒッチャー)
勿論、ルトガー・ハウアー版!
一縷の望みを託したショーン・ビーン版リメイクが全米ボックスオフィスで惨敗(泣)
日本公開はおろかDVDリリースもどうなんだという状況なので、おそらくオリジナル版の再リリースという恩恵はないだろうなぁ…という判断の元に…泣けます。

「DEAD ALIVE」(邦題:ブレインデッド)
これまた絶版になって久しく、中古市場ではアリエナイ高騰ぶりの一品。
ここまでハチャメチャで笑えて徹底的にグログロな作品を私は知りませんよ。
ライミが「死霊のはらわた」で生んだ「笑えるホラー」の土壌を、一気に極限まで持ってちゃった快作。
以降、この路線の作品が影を潜めたのは、絶対この作品が凄すぎるからに違いないのです。
もし、ホラー好きを自認し、この作品を未見ならば、あらゆる手段を講じてでも観るべきです。
(それなりの規模のレンタル屋なら、多分ビデオ版が残っているはず!)
--------------------------------------------------------------------------------------
いやしかし、「THE HITCHER」のジャケットには吃驚しましたよ。
お値段$9.97(約1200円)と一番安かったんですが、おそらくあちらでの一番リーズナブルなパッケージなんでしょうね。
DVDが乗せてあるスプール部分はプラスチックなのですが、他は単なる厚紙でした(笑)

そうそう、「THE HITCHER」はショーン・ビーン版リメイクももうじき北米版DVDがリリースされます。
もし、日本語版が絶望的なら、これも輸入盤で観賞になりそな予感。

あ、そこでちょっとした選択肢が。
所謂次世代ディスク…ブルーレイやHD DVDには、うすねこさんも言っているようにリージョンというものがありません。(一部例外はありますが)
つまり、日本製次世代ディスクプレイヤーで見れちゃうのです。
そこらへんを考えると、次世代ディスクで購入という選択肢もアリなわけです。
(まぁ、まだ次世代プレイヤー持ってないんですけどね^^;)

さらに、HD DVDには「HD DVD/DVD Combo Format」というのもあります。
ようするに従来のDVDプレイヤーにかければDVDとして再生。
HDプレイヤーでかけると高画質版が再生されるという仕様。
これなら、次世代プレイヤー未所持でも、リーフリプレイヤー所持のるしははDVDとして観賞できるのです。

おまけに、リージョンの区分けがなくなったことで、映画会社によっては最初から日本語吹替え・日本語字幕が収録されてるのもあったり!

そんなわけでリメイク版ヒッチャーはHD DVD/DVD Combo Format版での購入の線が濃厚です。
そして、そこらへんがハイデフメディア再生機も兼ねる次世代ゲーム機(PS3やXbox360のHDプレイヤー)購入の判断材料にもなりそうです。


さて、どれから観ようかな〜♪


posted by るしは at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱりこの三作品って日本語版は絶望的ですか?
orz

それにしても、「処刑教室」に「ヒッチャー」、「ブレインデッド」ですか!
身もだえするようなナイスチョイスですね〜!
「ブレインデッド」なんか、ホントに無茶なお値段がついてますもんね。
これ、未見なのですよ。
カンフー神父が見たいデス!
Posted by kurosui at 2007年05月28日 22:08
>>kurosuiさん
>身もだえするようなナイスチョイスですね〜!

ええ、こいつらをリストに見つけた時はマジで身悶えしてしまいましたw

>やっぱりこの三作品って日本語版は絶望的ですか?orz

次世代メディアも出始めて、色々な作品のDVD版が復刻される中、コイツラだけは未だに噂すら聞こえてこないですから、多分絶望的なんじゃないかと(涙)
もうじきリメイク版ヒッチャーのDVDがあちらで出るので、微かな期待はしてますけどね^^;

>カンフー神父が見たいデス!

カンフー神父は最高ですよ!w
是非、観ていただきたいデス!
ピージャクだと「ミート・ザ・フィーブルス怒りのヒポポタマス」が未見な私。
いっそピージャク・ホラーBOXとか出して欲しいですね。
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月29日 00:19
「ブレインデッド」・・
懐かしいですね。
るしは氏から騙し撃ちのように
見せられたのが昨日のコトのようです。
もうあんまり覚えてませんが
芝刈り機と画面がむやみに「赤く」なったことは
覚えてます。

あと、行き過ぎた残酷描写は
ギャグでしかないということも学びました。

ちなみに「デッド・オブ・ザ・ブレイン」でしたら
その昔の愛読書、ログインの読者プレゼントで当たった
ホラーゲームでした・・。
Posted by PON at 2007年05月30日 17:21
>>PONさん
デッド・オブ・ザ・ブレイン・・・俺様は定価で購入しましたが何か?
Posted by るしは@管理人 at 2007年05月30日 21:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。