新着記事

2007年06月16日

300〈スリーハンドレッド〉

300.jpg
300〈スリーハンドレッド〉(原題:300)

監督ザック・スナイダーといえば(ゾンビーズ的にも)やはり、リメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」。
「ゾンビが走る」という要素を効果的に用い、ゾンビ映画序盤の定石を冒頭10分に集約するという、その神業レベルの偉業は拍手モノでした。
(この導入部にはアカデミー賞をあげてもいい)
しかし、それ以降のシナリオと演出の齟齬がとても残念な作品でした。
ドラマとアクションの組み立てが、従来の「走らないゾンビ」のままなんですよね。
冒頭同様、全てのシーンを「走るゾンビ」仕様にしなければならないのにもかかわらず・・・
私はそこに「撮影期間が足りなかった」のと「予算の不足」の臭いを嗅いでしまうのだけど、実際どうだったんでしょうね・・・

だからかどうかわかりませんが、本作「300」は万全のプリプロダクションで臨んだ跡が窺えます。
その特殊な画面のイメージから(あと本国で大ヒットしたのもあり)大作映画扱いされてる感もありますが、実は、ハリウッドメジャー作品としては低予算なんですよね。
(『スパーダーマン3』の総制作費で、『300』何本撮れるんだろ・・・)
だから、よくよく見ればスケールの小ささが分かります。
しかし、そこを演出、画面効果、音楽が相互に補完しあった結果、

アリエナイほど勇壮な画面が劇場のスクリーンに!

このザック・スナイダーという男、映画全体をコントロール出来る環境(立場)では、実は凄い奴なんじゃなかろうか?
と、劇場でこっそり彼を見直す、るしはでありました。(前説終了)
《あらすじ》
露出狂のエロカッコイイ神王の使者が、降伏勧告に来ました。
「降伏、撤退、アリエナイ」が身上のスパルタ王レオちんは、勿論これを拒否!ついでに率先して使節団皆殺し!
しかし、神王の統べるペルシアは巨大国家群で、その軍勢は1万人オーバー。
小国スパルタが勝機を得るには、スピードと、地の利が必須。
インチキ託宣と腰抜け議会には「戦争イクナイ」と言われたものの、幼い頃からのスパルタ教育で「降伏、撤退、アリエナイ」が染み付き、スパルタを愛する王は、「ちょっと散歩いってくる」と、300人の散歩仲間(全員フル装備)を引きつれ出立するのでした。
目指すは大軍の利点を殺すテルモピュライの谷間。
かくして、300VS10000、伝説の「テルモピュライの戦い」の幕が切って落とされたのだった・・・
はたして、スパルタと髭王レオニダスの明日はどっちだ!?

飛び散る血液、腕、脚、そして首。
しかし、原作アメコミの画質を見事に再現した独特の画面効果のおかげで、不思議と残酷さやグロさは感じない。
(万人にイケるかもしれないゴア描写、というのはホラー映画の今後を考えると重要かもしれない)
筋骨隆々としたむくつけき男達の筋肉・太腿祭りなのに、何故か暑苦しさはない。
戦闘シーンも緩急つけたスローモーションの多用と、それがハッキリと活描するレイアウトバッチリなアクションには、勢い任せの乱雑さとは無縁で、むしろ美しい。
容赦ない変態侵略者を、これまた容赦なくブチ殺し返す「どっちもどっち」なお話にもかかわらず、そこにはまったく野蛮な印象はなく、むしろ詩的な、あるいは悲壮感漂う感傷的なトーンが前編を覆っている。

正直、観ながら中盤までは困惑した私がいましたよ。
もっと、あからさまに蛮勇を奨励し、なんちゃってアクションが炸裂する「熱いだけ」の映画(例えば『ランボー怒りの脱出』や『ロッキー4』みたいなの)を想像していたので。

なんと、安易なヒロイズムで敵をけちらし「やったー!俺達最強!」なだけの映画ではなかったんですよ。
そして、、自己犠牲でお涙頂戴な和製戦記映画風ベクトルでもないところが驚き。
普通はそっちに持ってくよね?やれ「尊い犠牲」だ「美しい」だの。
「ああ、彼らは凄かった。ありがとう(涙)」ではないんです。

それは、テルモピュライの戦いの結末と、その後の展開が雄弁に語っている。

これはきっと、原作の精神なんでしょうね・・・フランク・ミラーは「涙腺」ではなく、「高揚」を選んだ。
(うおおお『シン・シティ』見てー!)←原作者同じ
だからこそ、一見悲壮な展開の中で、こちらの胸の内にふつふつと燻り始める火種が感じられるはずです。
そして映画のラストシーン。
興奮という名の炎が一気に燃え上がる、その気持ちよさといったら!!
そして、最高潮に高まったカタルシスのその頂点で、映画は幕を下ろします。
こちらに素晴らしい高揚感を残す(否応ナシに残りますw)その構成がまた、ニクい!
ニクいよ、ミラー&スナイダー!

いやぁ、ザック・スナイダー、マジ見直した!
これは劇場で観賞した甲斐がありました!
DVDも「買い」決定だなこりゃ。


では後は不真面目に^^;

いやー、盾最強!
300_tate.jpg
幼い頃から慣れ親しんだ盾と、盾戦術があれば怖いものなし!
しかもその盾アクションが格好イイんだ!
そこだけでも観る価値アリ!
う〜ん、カッコヨスギだぜスパルタン。
あやうくFF11でヒュム髭作成してサブリガ穿かせるとこでしたw

こういう、例えば「グラディエーター」とか「トロイ」みたいなのに魅力は感じてなかったので、我ながら吃驚。
これも画面効果のおかげなんでしょうね!

んでね、ロドリゴ・サントロ演じる敵の神王クセルクセス(右)が無駄にエロいのがまたイイ。
300_eros.jpg
ほぅ〜ら、エロいエロいw
なんかPONさんに似てない?w

そうそう、音楽について語らねば。
本作のスコアはタイラー・ベイツ
「えー誰それ?」な私でしたが、プログラム読んでまた吃驚。

ベイツ氏の作曲作品:
「ドーン・オブ・ザ・デッド」
「デビルズ・リジェクト/マーダーライドショー2」(!)

今後の公開作:
リメイク版「死霊のえじき」(!!)
リメイク版「ハロウィン」(!!!)

これからのホラー界は、ベイツ音楽なしには語れないかもしれないっ!

では、最後に、劇場でのちょっとしたエピソードを。
いよいよ上映が始まる数分前。
後方正面のナイスな位置を占めてピール漬けハチミツレモンをグビグビしてると、中央通路をありえない客層のカップルが歩いていくではありませんか。

どう見ても70は下らないお爺ちゃんとお婆ちゃんが!!

二人はニコニコ笑いながら、なんと最前列正面に着席!
そして照明が落とされ、上映が始まったのですが・・・

いやぁ、なんかいらん心配でドキドキしました^^;
だって、なんだかんだで、平気で手足や首がチョンパな映画ですからねぇ、色々と・・・
まぁ、別に心臓に悪いショックシーンなんかはないので、お二人は無事だったんですけどねw
ちなみに、出て行く時も、二人ともニコニコしておられました。
素敵だ。

再来週は「アポカリプト」観てきます^^
posted by るしは at 19:07| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「300」、評判いいですね〜。

るしはさん、盾萌えなんですね(はあと)
そしてPONさんはエロスな王さまに似ている、と・・・(メモメモ)

なんだかんだいって、今のゾンビムーブメントを作ってくれたスナイダー監督に足を向けて寝られないと思ってるkurosuiデス。
ザックたん、このまま売れっ子監督になりそうな予感ですね。
Posted by kurosui at 2007年06月17日 21:55
>>kurosuiさん
そうですね〜、ザックたんの功績は大きいですよね。
「リメイクドーン」のヒットがなければ、ロメロ御大の復帰もなかったでしょうしね。
「リメイクドーン」が個人的には「おやおや?惜しいなぁ」だったので、過剰な期待をしていなかったのもありますが、「300」の出来はホント吃驚でした。
しかも「低予算で大成功」ですからね。
予算も増えるだろうし、次回作は要チェキですよ!
Posted by るしは@管理人 at 2007年06月18日 01:04
こんにちは。

「盾最強」に同意です!
私も盾もって、スパルタの漢に混じって丸まりたかったですもの!
私も『リメイクドーン』ではそんなに「ホホウ」と唸らなかったのですが、今作では唸りまくってしまいました。
お金を(アホ程)かけなくても、目を見張る大迫力の画を作る事は可能なんですよね。
要は才能。 それだけなんですよね。
ところで、『えじき』ってリメイクされるんですか?!
バブは・・・?! 博士は・・・?!
気になりますねぇ・・・。
Posted by アガサ at 2007年06月18日 17:39
>>アガサさん
嗚呼、アガサさん!私も丸まりたかったですよ!

そして『えじき』リメイク、されますよ〜。
確か、結構前にkurosuiさんのとこにトレーラーが貼られていたような・・・
それから噂を聞かなかったので「大丈夫か」と心配していたんですが、「300」のプログラムにしっかり書いてあったので大丈夫でしょう!
トレーラー見た限りだと、かなり原典と違う印象だったような?(うろ覚え)
「幻の初稿を映像化」だったりしたら凄いんですけどね!
Posted by るしは@管理人 at 2007年06月18日 20:30
>ロドリゴ・サントロ演じる
>敵の神王クセルクセス(右)がほぅ〜ら、
>エロいエロいw
>なんかPONさんに似てない?w

エロい(当然、エロが好きな男子と言う意味で)
は認めるけどもぅ。やはり押しかけていって
るしは氏を小1時間説教せんとww。

>そしてPONさんはエロスな王さまに似ている、と・・・
>(メモメモ)
ほらあ。Kurosuiさんにメモられちゃったじゃないすか。
まだ(はあと)だったらよかったのにw


風評被害ってヤツ(笑)
Posted by PON@増殖管理人管理委員会w at 2007年06月20日 12:49
>>PONさん
だから奥様に聞いてみなさいって!
PON氏「俺って、ロドリゴ・サ(以下略

いやぁ、マジで似てると思うんだけど!
ようし、1時間反論に努めるとしよう!論破してやるーww
Posted by るしは@管理人 at 2007年06月21日 00:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

『300<スリーハンドレッド>』
Excerpt: むせ返るような漢臭(おとこしゅう)。 いつもクリックありがとうございます! ちなみに今日も一押しいかがですか・・・? 映画館で映画を観る。 という事が、とってもゴウジャスな行為だと思わ..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-06-18 16:59

300 スリーハンドレット
Excerpt: 去年から気になっていた「300」、ようやく観ることが出来ました。大好き「シン・シティ」のフランク・ミラーと、リメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」のザック・スナイダーがタッグを組んだこの作品、期待も大..
Weblog: でぃすかば日記
Tracked: 2008-02-05 00:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。