新着記事

2007年07月25日

携帯版ハリー・ポッターと賢者の石

そんなわけで購入〜
haripota_kennja_keitai.jpg
J.K.ローリング「ハリー・ポッターと賢者の石(携帯版)」(静山社)

・・・これ、以前ハードカバー版で読んでるはずなんですよね・・・
(確か、旧ブログで感想書いてたような・・・?)
なのに、なんなんでしょう、この新鮮さは!
まるで初めて読むみたいな感覚が^^;

やはり、ハリポタ・マラソンで観たばかりの映画版との差異の発見が面白い。
一番吃驚したのが、冒頭の、1歳のハリーをダンブルドアらがダーズリー夫妻宅に託す場面。
映画同様空からオートバイで現れるハグリッドに、映画と違ってダンブルドアがそのバイクのことを訊くシーンがあります。
それに対するハグリッドの答えが、
「ブラック家の息子のシリウスに借りたんでさ」
スゲー!1巻にして既にシリウス・ブラックに言及しておるではないですか!
ま、嘘か本当か知りませんが、ローリング女史は最終巻を最初に書いたという話。
なので、それがマジならそういう仕込みは当然バッチリなわけですね。

こうして再読してみると、映画版はかなりのアレンジが加えられてるのがわかります。
ダイアゴン横丁でマルフォイに会ってたり(ロンより先に!しかも電車内でも出番がある)、逆に映画で印象的なハーマイオニーが魔法でハリーの眼鏡を直すシーンが(少なくても小説中盤までは)なかったり。
双子の描写も多くてニマニマしっぱなしな私^^;
ダンブルドアも、登場時の印象は映画の「威厳のある爺さん」ではなく、「ちょっと可笑しな(イカレた)校長先生」ですもんね。

現在丁度真中あたりを読んでるとこです。
比較的短い「賢者の石」ですらこれだけのカット&変更シーンがあるんですから、2冊組になる「炎のゴブレット」以降はどうなっちゃうんだろう・・・
なんか、今回はスパスパ読み進めちゃいそうな予感。
(そしてドラゴンクエストモンスターズが止まりそうな予感^^;)
posted by るしは at 01:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。