新着記事

2007年07月29日

TRANSFORMERS:THE GAMEクリア(AUTOBOTS側)

何がこれほどまでに私を惹きつけるのだろう?
ぶっちゃけ、それほど凄く良く出来たゲームってわけじゃないんだけど。
transformers_8.jpg

↓トランスフォーム!(ガチャガチャガチャ)

transformers_4.jpg
【アジア版Xbox360】TRANSFORMERS:THE GAME

の、AUTOBOTS(サイバトロン)側、クリアー!

一見すると箱庭系レースゲームです。
車がロボットへとアリエナイ変形をするトコ以外は^^;

ただ、箱庭系のなかでは、至極単純な部類ですかね。
とりあえず車道には車が走り、通行人も歩いてます、というだけ。
壊せるオブジェクトの豊富さや逃げ惑う人々、崩れるビルなどはさすが次世代機って感じですが。
ビルに登れたりしますが、収集アイテム(集めるとボーナスムービーやギャラリーがアンロック)の隠し場所にすぎず、ゲームの根幹には全然絡んでなかったり。

戦闘も至極単純。
一部の敵に、特殊な攻撃をしないかぎりダメージを与えられない奴が数種類いて、そいつらの攻略法(与ダメ手段)発見が良いアクセントでした。
(ぶっちゃけそこらのボスより手強い・・・と、思ったらラスボスがそいつらの集大成なのには苦笑しつつ納得w)

こう書くと、なんだかネガティブキャンペーン展開中って感じですが、私、か、な、り、気に入っております^^

やはり、キモは変形。
とにかく、その変形がキモチ格好イイの一言に尽きる!
(やはり、この部分が惹きつけるのだろうか?)
比較するのは大それた感じもあるが、車モードでドライブすれば気分は「テストドライブ」。
そしたら、いきなり対向車がロボットに変形!襲い掛かってきます!
こっちも一瞬で変形、途端に大味なロボットバトルに!(笑)
transformers_2.jpg

transformers_5.jpg

transformers_7.jpg

transformers_6.jpg

transformers_3.jpg
逃げ惑う民間人!(ちゃんと停車した車から逃げ出す芸の細かさ)
戦闘の巻き添えで吹き飛ぶ炎上する一般車両!
爆発、倒壊する家々、ビルディング!
たちまち集まってくる、警察車両、ヘリコプターからは容赦ない攻撃が!(蚊の刺す程度ですがw)
その中で敵DECEPTIONS(所謂デストロン軍)ロボを撃破すると、再び車にトランスフォーム!
猛スピードで警察を振り切ると、また優雅なドライブ再開。
時折、収集アイテム探しにビルにわっしわっしと登っては、暮れなずむ夕日を眺めたりします・・・

・・・楽しい^^

箱庭ゲーとしては作りこみも甘く、自由度も明らかに足りないのですが、様々な私的にツボな要素が、そこらへんを補完してくれているようです。
こうして、またしても数少ないゲームクリア履歴に洋ゲーが追加されてしまいました(笑)

ま、クリアと言っても、AUTOBOTS側をクリアしたのみなので、実質道半ば。
というわけで、ちょっとDECEPTIONS側をやってみました。
最初のプレイキャラはヘリコプター(MH-57Pave Low)にトランスフォームする、JAZZ(日本名はマイスター)でさんざん苦戦したBLACKOUT。
この面の箱庭は砂漠。
そこに点在する米軍基地を強襲するのがメインのミッションなのですが・・・

なんか別ゲームみたいに破壊っぷりが楽しいんですけど^^;

さすが世界の警察アメリカ軍!数は力ってか!?
次から次へと現れる戦車、車両・・・それらを千切っては投げ千切っては投げw
さらに、途切れることなく飛来するヘリや航空機をガンガン叩き落すのは、AUTOBOTS側のマッタリさとは一線を画す爽快さ。
(AUTOBOTS側にない飛行形態へのトランスフォームも新鮮)
AUTOBOTS側では設定的にも街の破壊に一抹の抵抗感があったんですが、コッチは悪役ですからねw
微塵の躊躇もなし♪

これはまだまだ楽しめそうな予感が。
月頭には映画も観てくる予定だし、まだまだ私の中でTRANSFORMERS熱は継続しそうです。

しかし、なんでこんなに楽しいんだろ?
TRANSFORMERSには殆ど興味がなかったのにねぇ・・・何がツボにはまるかわかんないね、ホント。
posted by るしは at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。