新着記事

2007年09月21日

交渉人

緊急シフト異変によって土曜から予定されていた夢の3連休が一瞬全滅しましたが、なんとか苦肉の策を弄しまくって再確保。はふ。
しかし毎月毎週こんな調子が結局延々と続くのだなぁ・・・まぁ小規模店舗の宿命とはいえ、大規模店舗で夏休み6連休とか聞くと思わず殺してやりたくなりますね。(挨拶

で、本日はkurosuiさんの「The Sarah Connor Chronicles」記事に便乗した雑文を書こうと思っていたんですが、帰宅したらTVで「交渉人」やってて、つい、最後まで観てしまいました。
nego_sukkirisinai.jpg
交渉人(原題:THE NEGOTIATOR)

大好きなんだけど、同時に嫌いでもある作品です。
とにかく、私的にはバイプレイヤー祭りがウハウハなのです!
主演の二人は勿論ですが(実はケヴィン・スペイシーに疎いのは秘密)、デイヴィド・モースを筆頭に、サミュエル・L・ジャクソン演じる主人公の同僚達が、どこかで観た人達ばかりで、見てるだけで嬉しくなります^^
出来ればココに画像ペタペタ張りたいくらいなんですが、うう、残念ながら時間が><
くっそー、こんな時に限って!なんで明日通し勤務なの><
と、とにかく俳優さんの名前はわからずとも「あ、この人どこかで!」と、誰もが一人くらいは思い当たる、まさにバイプレイヤー祭り!
物語りも緊迫感があってなかなかです!
主人公が仲間から疑われ、殺されそうになる話なのに、負の方向にウエットな終わり方じゃないのもグゥ!
(さすがデヴィッド・モース!この千両役者めー!w)

でもね・・・

なんでクライマックスが交渉シーンじゃないのかなぁ・・・

いや、確かにスペイシーが真犯人にハッタリかますシーンは交渉と言えるけど、そういうのではなく、あくまでネゴシェイターとしての《交渉(ネゴ)》での事件解決が観たかったなぁ・・・と。

フレデリック・フォーサイスの(これは小説だけど)「ネゴシェイター」や、デヴィッド・モース主演(笑)の「プルーフ・オブ・ライフ」も、最後はドンパチなんですよねぇ・・・
これは、私の頭が固いのかもしれませんが、やっぱ宣伝通りのジャンルで勝負して欲しいんですよ。
勿論、「フロム・ダスク・ティル・ドーン」みたいな途中での大胆なジャンル変更自体が仕掛けになってる様な作品なら、むしろ歓迎なんですが・・・
例えばジェイソン・スティサム(大好き♪)の「トランスポーター」
これも運び屋が主人公のカーアクション映画で始まりながら、途中から格闘アクションになり、最後のアクションシーンに至っては主人公が車運転してないとか・・・なんか・・・納得いかないっていうか・・・やっぱ固いデスカ?

そんなわけで、「あ〜、見応えあったなぁ」と思いつつ、なんとなく消化不良気味な気持ち悪さが残る「交渉人」を、そうなるとわかりながらまた観てしまった私でした。

誰か、ネゴ・シーンがクライマックスのネゴシェイター映画(小説でも)知っていたら教えてくださいませ!!><
posted by るしは at 00:32| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画も「バイプレイヤー祭り」ですよねん♪
ポール・ジアマッティがけっこう好きだったりします。
「ケビン・スペイシーが出てきたら彼が怪しいと思え」という一時代を築いた彼ですが、だんだんと主役をはってしまう俳優さんになってしまいましたね・・・。
ネゴ・シーンがクライマックスの映画・・・なかなかないですよね。やっぱドンパチになってしまうんでしょうかねえ。
ケビン・スペイシーの声優さんが大塚芳忠さんでしたね。
Posted by ふぉんだ at 2007年09月21日 01:08
個人的には、ケヴィン・スペイシーの最後の交渉があったからセーフですw
撃ち合いで犯人殺して終わり、じゃないだけ良いッ!
Posted by TL at 2007年09月21日 09:51
>>ふぉんださん
えええ!?ポール・ジアマッティ出てたんですか!?
ウワ気付きませんでしたよ!
誰!?誰ーっ!?><

ちなみにサイドバーの右下にあるXbox360のゲーマーカードの写真はジアマッテなんですよん♪

大塚スペイシーは最初「どうなんだろ?」と思いながら見ていたんですが、後半は大塚氏の他の濃いキャラを忘れて見入ってました。バッチリじゃん!
やっぱ上手いですねぇ。
Posted by るしは@管理人 at 2007年09月21日 14:51
>>TLさん
確かに、最後ガンアクションで犯人射殺、じゃなく、
「口とフェイクで犯人確保」
したのは良かったですね!

多分、先日観た
「突入制圧がクライマックスじゃないSWAT映画」
のフラストレーションが残っていて、定石に餓えているんだと思いますw
Posted by るしは@管理人 at 2007年09月21日 14:58
渋いおじさま祭りでしたね〜。
堅実な造りの映画だけに、最後もネゴシーンで渋く〆てほしかったですね。
(私もジアマッティ氏がどこに出ているかわかりませんでしたー!)


下のゲーマーカードのジア氏は「シュート・エム・アップ」でしょうか?
色んな意味で物凄いらしいですが、これも気になりますねぇ。
Posted by kurosui at 2007年09月21日 22:28
>>kurosuiさん
そうなんです!
他にもクライブ・オーエンとモニカ・ベルッチのもあるんですが、まぁ、ジア氏が私には相応しかろう・・・なんて書いたらジア氏に失礼ですねw
「シュート・エム・アップ」は聞けば聞くほど物凄そうで、私、わくわくしながら日本公開決定の報を待つ一人です。
まー、キャストが無駄に豪華(笑)なので、最悪DVDスルーはされるだろうと安心しきってますけどw
Posted by るしは@管理人 at 2007年09月22日 22:12
ホントだ〜ゲーマーカードがジアマッティだ〜〜
「交渉人」のジアさまはおヒゲがないのでるしはさんもkurosuiさんもお気づきにならなかったのかも。
ジアさまはおヒゲのあるなしでものすごく変わるので・・・(童顔になる)
人質さんの中にいるんですよ。
Posted by ふぉんだ at 2007年09月23日 10:28
るしはさん、昨日はありがとうございました!
ラブクラフトまで守備範囲とは恐ろしい子たち!

ふぉんださん、(横レスすみません・汗)ジア氏は人質の中にいたんですか!
全然気がつかなかったYO!
よく見てるなぁ〜!
Posted by kurosui at 2007年09月23日 23:56
>>ふぉんださん
もしや・・・あの饒舌な彼・・・?
あ、でもよくよく見れば、額とか頬とか面影が!

ふぉんださん凄い!全然気付きませんでしたよ!!
Posted by るしは@管理人 at 2007年09月26日 14:19
>>kurosuiさん
ラブクラフトは基本ですよ〜w
・・・とか言いながら、ラブクラフト全集を読みきっていない半端な私です。
(本も読まなくちゃいけませんね・・・)

私も全然気付かなかったYO!
Posted by るしは@管理人 at 2007年09月26日 14:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。