新着記事

2007年09月30日

ヒロイック・エイジ

天元突破グレンラガンが終わりました。
星雲をブーメランがわりにする敵と、合体を繰り返して銀河系に仁王立ちする主役メカとか、いかにもガイナックスなスケールはさすが。
アンチスパイラル消滅の帰結であるラストと、「俺は『穴掘り』だから通って先に進むのは別の奴」というシモンの引き際が格好良かった。
ED後に後日譚を用意するサービス精神に感心し、その気になれば異種族コンタクトSFとして続けられる余地を遺すところにも別の意味で感心w

・・・しかし、結局最後までその「熱さ」と「燃やすロジック」が合わなかった。
一度観たらもうお腹いっぱいというか、胃薬くださいというか・・・
これが歳って奴なんですかねぇ・・・ホロリ(ノД`)

そして、ヒロイック・エイジの方が断然「燃える」と感じるのも、やっぱり歳のせいなんでしょうか?
それとも単なる嗜好の問題なのかな?
(一般的には絶対グレンの方がウケる、というのはわかる^^;)
HA25.jpg
意気消沈した気分を一気に吹き飛ばす実質的最終話である、第25話『最後の契約』の、この展開を観よ!
破綻してないどころか《契約》として提示された伏線を全て回収し、なおかつ、立派にSFであるところが、凄い。
シリーズ序盤のアバンタイトルで語られた《黄金の種族》の遺した言葉
遠い遠い、星の彼方。
宇宙には、《黄金の種族》と自らを呼ぶ者たちがいた。
未来を知り、星々を作り出す力を持つ彼らは、まだ未熟な他の種族たちに、繰り返し呼びかけ続けた。
自分達の生まれた星から、新たな世界へ旅立つように。
全ての可能性と希望を抱き、それぞれの未来に向かって、『出でよ』と・・・

に収斂するラストは完璧すぎて正直、鳥肌が立った。

と、いうわけで決定しました。
HA_dvd1.jpgHA_dvd2.jpgHA_dvd3.jpg
とりあえず発売中でほぼ定価だが1〜3巻を速効で注文。
HA_dvd4.jpg
4巻以降(全13巻)もサクっと予約。
今夜には、後日譚的な最終話『エイジ』が放映予定で、いやぁ楽しみだなぁ。
ちょっとスケジュール的に厳しいんですが、運良く通常より早めの放映なので、リアルタイムで観ようと思います。
おそらく、寝不足ダメージ以上の精神的エネルギーをわけてもらえることでしょう。
posted by るしは at 14:00| Comment(2) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
だって・・
だってしょうがないじゃないか!!


「グレン」って言ったら
「グレンダイザー」しか
知らないんだから!!!
(碇シンジくん逆切れ風に)
Posted by PON at 2007年10月01日 22:25
>>PONさん
うむ、よく考えたら「グレンダイザー」もイマイチのめり込めない作品だった。
もしかしたら「グレンとは愛称が悪いのかもしれないの法則」が!?
あ、でもスコット・グレンは好きですがw
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月02日 14:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。