新着記事

2007年10月05日

テキサス大恐怖・悪魔のいけにえ〜殺戮チェーンソーが迫る

「いい加減に積みDVDをなんとかしようぜ企画」であります。
TTCSM_TV1.jpg

・・・いえ、悪魔のいけにえのパチモン映画ではありませんで、昭和54年に東京12チャンネル「火曜洋画劇場」で放映された際の、まぎれもない「悪魔のいけにえ」そのものでございますが、ええ、勿論私もこのTV放映タイトルには観た瞬間吹きました^^;

そんなわけで、「悪魔のいけにえスペシャル・コンプリートBOX」の特典である、TV放映版日本語吹替えヴァージョンで久しぶりに本家本元を観賞いたしました。

悪魔のいけにえ(原題:THE TEXAS CHAIN SAW MASSACRE)

かなり前にレンタルビデオで観たきりなので、ホント久しぶりの観賞です。
久しぶりとは言え再見だからか、日本語吹替えで観たからか、「リメイク版」「同ビギ」を経ているからか、初観賞時に感じた「異様な息苦しさ」を全然感じなかったのは意外。
そのせいか、
「え〜それ追いついてるんじゃないですか?」とか、
「いくら爺様が伝説的殺し屋(牛専門)だったって、どんだけ昔の話にリスペクトしてんだコイツラwって、ちょwそれは無理www」とか、
「あの後トラックの運ちゃんどうなったんだろ・・・」とか、
変なところにばかり目が行ってしまいました^^;

とはいえ、やはり唐突なお客様撲殺シーンから肉鉤おもてなしまでの流れは圧巻。
TTCSM_TV7.jpg
恐がらせようという意図よりも、異常な行為を淡々と見せるキャメラがこの作品を不動の存在にしてるんだろうなぁ。
展開だけ見れば、ラストなんてぶっちゃけ放り出したかのような締め方なんですが、「悪いけ」に鉤っては(←IEナイス変換w)これが名状し難い後味を残す。

あと、やはり色々記憶が欠落しているところがありまして、例えば千客万来状態にパニクるレザーフェイスさんとかw
絶えずネクタイをきりりと締め、ディナーの際には正装(何故か女装だがw)を己に律するレザーフェイスさんは、きっと急なお客様が苦手なんでしょうね。
TTCSM_TV9.jpg
「急だったからちゃんとおもてなし出来なかったじゃない・・・あれほどお客様を連れてくる時は事前に連絡してって言ってるのに・・・」

そしてなにかとチェーンソー(字幕によれば自動のこぎりw)がクローズアップされがちな本作ですが、どう考えても最強ウェポンはメイソン(コック)さんの箒でした(笑)
とまぁ、こうして主要人物のキャラクターを再確認してみると、「悪魔のいけにえ2」はあながち滅茶苦茶な続編ではないなぁ、と思いましたよ。

それにしてもこの日本語吹替え版ですが。
TTCSM_TV10.jpg
なんかキャストがやたら豪華なんですけど!
で、この吹替え版、TV放映時にカットされた箇所は字幕で対応してあるんですが・・・
あの狂気感満点の晩餐シーンがほとんどカットってどういうコト!?
どうやらTV版では爺様に血を吸わせた後いっきに爺様の過去の栄光にリスペクトするトンカチ儀式のシーンなんですが、一番気の狂ったシーンを削除とはもったいない。
まぁ、だからこそのカットなのかもしれませんが。
あそこでのマリリン・バーンズの芝居は、ホント正視に堪えないグッジョブな演技ですからね。
ただ、どうも字幕シーンの音源は吹替えより音量が抑えられているらしく、もしかしたらそれも上記の「異様な息苦しさ」を感じなかった一因かもしれません。
-----------------------------------------------------------------------
さて、こうして改めて見返して思うことがあります。
それをこれから書こうと思いますが、これは絶対的に少数派な「ホラー映画好き」のなかでも、さらに異端な意見になることでしょう。
しかし、それを本人も充分理解した上で、敢て、書く。

私は「テキサス・チェーンソー ビギニング」の方が好きだー!

俺様主義な薀蓄の魔術師チャーリー(自称ホイト)が好きだ。
ホイトの奇行に嫌悪感を表しつつ追従する主体性の無いママが好きだ。
なんでこんなにツイてないんだかわかんないモンティ叔父さんが好きだ。
太ってるだけで不気味なティーレディが好きだ。
そして、解体一筋でイマイチ何を考えているかわかんないけど躊躇を知らぬ頼れる大黒柱にして童貞猫背青年トーマスが好きだ。

そんなヒューイット家が大好きなのです。

・・・ま、伝説的名作を差し置いてリメイク版「ビギ」の方がイイと抜かすのは俺くらいだろうなァ。
勿論、どちらが作品として優れているかと言えば、躊躇なく「悪いけ」と答えますよ。
そして、「ビギ」が「悪いけ」と、さらにそのリメイクである「テキチェン」の築いた土壌の上にようやく立っている、という大前提もわかってます。
でも、メイソンさんも言ってるじゃないですか。

「人それぞれだ。好みは別だ」


posted by るしは at 00:00| Comment(8) | TrackBack(2) | 映画(田舎系ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ちぃぃっす!

ホラーの古典を前に、勇気あるカミングアウト、おめでとうございます(笑)!
と言うか、ホント好みは人それぞれですよね。
私もビギニングは好きですよ♪
リメイク版の時は、さすがに散々「こんなのレザちんじゃないやい!」と息巻いていましたが、今思えば「頭角を現すしむけんに対し、いつまでもカトちゃんに肩入れしているドリフファン」みたいなモノなのかもなぁ、と・・・。

嗚呼!全ての元凶はホイトなんだよなぁ・・!
あのキャラは良すぎますよねぇ・・。
Posted by アガサ at 2007年10月05日 01:50
待ってましたのイクラちゃん!!
るしはさんの「テキサス大恐怖」祭り、楽しみにしてました♪
元祖レザちんは「急なお客様」が苦手ですよね。
まあ、「急なお客様」しかきっとこないであろうヒューイット家なのですが・・・
それにしても豪華な吹替人です。カークの田中秀幸さんはアノ田中秀幸さんなんですよね?
「悪魔のいけにえ」をTV放映していた時代っていい時代だなあ。「ゾンビ」とか。
今なら何がなんでも放映してくれなさそうで・・・。木曜洋画劇場あたりでやってくれないですかねえ。
るしはさんは「テキチェン ビギ」がお好き!
・・・「主体性の無いママ」「童貞猫背青年トーマス」!!
あのママ、ホント主体性なさすぎ・・・
ビギニングは「トーマス、童貞だけど男になる!!」って感じですよね(こんなコメント書いちまったよ・・・)
Posted by ふぉんだ at 2007年10月05日 09:20
るしは様

 そちらはずいぶんと涼しく、秋らしくなってるようですね〜。積みDVD消化月間にふさわしい季節ですね。「悪いけ」観賞レビューお待ちしてました〜。
テレビ放映のタイトルに時代を感じますね〜。大恐怖なんて、今なら超恐怖になるのでしょうか(笑)

>私は「テキサス・チェーンソー ビギニング」の方が好きだー!
男前なセリフですね、るしはさん。チキン返上です!


Posted by フレコ at 2007年10月05日 13:03
わお〜!
待望の「悪いけ」レビューですね!

ナルホド、るしはさんはリメイクの方がお好きなのですね。
確かに勇気ある告白、私もるしはさんの漢気をしっかり受け止めましたよ!
私は「ビギ」の闇に消え行くトーマスのかっこよさにシビれました。
あえて「悪いけ」の逆を行くラストはリメイクスタッフのやる気を感じたというか。

それにしても「悪いけ」の豪華な吹替陣ってば!
モーガン・フリーマンボイスのコックさんって想像できないわ〜。
いかがわしい「大恐怖」なタイトルも素敵。
豪華ボックスやっぱりいいわ〜!

Posted by kurosui at 2007年10月05日 22:39
>>アガサさん
ちぃぃっす!

>「頭角を現すしむけんに対し、いつまでもカトちゃんに肩入れしているドリフファン」

ああ、わかりますその感覚w
それにしても、最近リメイクに対する姿勢が柔軟になってきたなぁ、と我ながら思います。
これもmisoji効果でしょうか?

>嗚呼!全ての元凶はホイトなんだよなぁ・・!

そうなんです、ホイトなんです。彼の魅力をさらに引き出したライターに拍手!
同じく彼がシナリオを担当した3だか4も見てみたいものです。
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月06日 12:04
>>ふぉんださん
おまたせいたしました!やっと「悪いけ」観れました!まだ他にもアレとかソレとか溜まってますが、気長にお楽しみに!
(早く観ないとなぁ・・・)

>カークの田中秀幸さんはアノ田中秀幸さんなんですよね?

そうなんです、マイケル・ビーンがアッサリ殺されちゃうんです><
なんという贅沢!
他にも、ジャッキー・チェンや衝撃のアルベルトがアッサリとw

しかし、TV放映版は一番神経に障る晩餐のシーンがカットされてるし、今でも地上放送いけそうな感じですよね。
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月06日 13:14
>>フレコさん
涼しくなってくると、積みDVDにしろなんにしろ、色々なことがやりやすくなってきて助かります。
(これでマトモな休みがあればなぁ・・・)
あと、電気代的にも助かりますね!

チキン返上出来たんでしょうか・・・いまだにビクビクしているのですが^^;
(全然チキンですw)
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月06日 13:27
>>kurosuiさん
我ながら大胆発言を受け止めていただきありがとうございます!
「ビギ」のリメイクへのスタンスは大好きです。
もうちょいトーマスの幼少時とか見てみたかったですけどね!
(ホイトのもw)

坂口氏は、確かショーン・コネリーもやってましたよね!
そこらへんの持ち役を想像して見ると、なんだかとんでもなく豪華な映画になって凄いですよw
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月06日 13:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

悪魔のいけにえ
Excerpt: ホラー映画界の「元祖・一発屋」トビー・フーバー監督がお届けするホラー映画の金字塔、 「悪魔のいけにえ」 この映画よりも先にリメイクの「テキサス・チェーンソー」、「テキサス・チェーンソー ビ..
Weblog: 不機嫌なハウスワイフ 〜日常、映画ときどきアメリカ〜
Tracked: 2007-10-05 09:39

悪魔のいけにえ〜狂気と笑いのあいだ〜
Excerpt:   「悪魔のいけにえ」(ネタバレ) 言わずと知れたホラー映画の金字塔。今更私が何を書いたって二番煎じにしかならないんですけれど、ようやく「いけにえ」を見ることができたーっていう変な達..
Weblog: でぃすかば日記
Tracked: 2007-10-05 23:45
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。