新着記事

2007年10月05日

君はドラッケンフェルズを知っているか!?

ななななななななななな、なんてこと!!

「ドラッケンフェルズ」が復刊されている!!

とりあえずHJのこちらのページを下にスクロールして見ていただくとして、あなたはかつて角川文庫の(冥界の門に変なイラスト付けた上途中で投げ出したことで悪名高い)ファンタジーレーベルから出た、ジャック・ヨーヴィル「ドラッケンフェルズ」をご存知だろうか?
ウォーハンマーというファンタジー・テーブルトークRPGの世界観を借りた作品なのですが、「なんだゲーム小説か」で終わらせるには惜しすぎるほど凄まじい面白さ。
Yeovil_DRACHENFELS.jpg
角川文庫版「ドラッケンフェルズ」

冒頭に描かれる、ある冒険者の一団による題魔法使いドラッケンフェルズ討伐劇。
そしてついにドラッケンフェルズを討ち取った彼らは英雄となる。
それから25年後・・・
吸血鬼ゆえ当時と変わらぬ若さと美貌を保つジュヌビエーヴは、かつてのパーティのリーダーで、今はオストランド選帝侯オスバルトに招かれ、彼の居城を訪れる。
そこには懐かしい旅の仲間達も同様にに招かれていて、オスバルトはそこで、かつての大魔法使い討伐を再現する劇を企画していたのだ。
そして、ひょんなことから当時の自分自身を演じる羽目になるジュヌビエーブ。
しかし、舞台を組み準備に忙しい劇団の喧騒の裏で、ドラッケンフェルズを演じる役者の挙動は、どこか怪しく、やがて最初の悲劇が起こる・・・

ファンタジーとしても、メタフィクション小説としても一級品です。
なにより、ヒロイン・ジュヌビエーヴの造形が素晴らしい。
残念ながら当時は「ドラッケンフェルズ」1本が翻訳されたのみで、本国で刊行された続刊は幻と化していたのですが・・・

その続編も同時翻訳!HJ愛してる!!

ヤバイヤバイヤバイ、よりによってウチには配本なくて気付かなかった><
これは大急ぎで手配しなければっ!勿論私の分を最優先で!(酷

ちなみに、作者ジャック・ヨーヴィル氏はこのジュヌビエーヴ嬢をいたく気に入っているらしく、まったく設定を異にするシリーズでも主役を張らせています。
それがキム・ニューマン名義で発表された
Newman_ANNO_DRACULA.jpg
「ドラキュラ紀元」創元推理文庫

こちらは、ヴァン・ヘルシング教授がドラキュラ伯爵に破れ、ドラキュラに支配された英国を舞台にしたif小説。
折りしも起こった《切り裂きジャック》事件を解決するため、ジュヌビエーヴがホームズやモリアーティ教授など虚実入り乱れた人物が跋扈するもうひとつのロンドンを駆け巡るという、これまたなんとも素敵すぎる作品です。
ちなみにその世界の第一次大戦を描いた「ドラキュラ戦記」に、完結編「ドラキュラ崩御」もオススメ!
(こいつらまだ絶版になってないといいけど・・・)

う〜ん、このところ通勤電車の友は「世界樹の迷宮」一辺倒だったけど、久しぶりに読書の出番がきそう!
翻訳者も違うから、その違いも気になるなぁ!ワクワク♪
しかし・・・

表紙は角川版のが良かったなぁ・・・
WHN1.jpgWHN2.jpgWHN3.jpg
三冊全部一緒ってどうよ?^^:


posted by るしは at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。