新着記事

2007年10月17日

マシスン回顧

eight_birdsさんから情報をいただきまして、早速hayakawa onlineを訪れてみましたら・・・

SHOCK!.jpg13のショック
(原題:Shock!)

リチャード・マシスン(著)

吉田 誠一(訳)

ISBN:978-4-15-208682-2
刊行日:2005/11/09

税込定価 2100円



素晴らしい。マジで再刊されておるではないですか。
しかも装いも新たに・・・こんな顔してたんですね、マシスン氏w
ちなみに、▼はウチにある旧版「13のショック」
IMG_0153.JPG
相変わらずシブイ装丁ですね。奥付によると昭和五十九年の版です。
お値段1300円。
隣にあるのは同じくマシスン短編集「激突」。(320円。安っ)
ご存知スピルバーグの同名TV映画の原作ほ筆頭に、5つの短編が収められています。

うっわ、久しぶりに引っ張り出したけど懐かしいなぁ。(イキナリ回顧開始)
「激突」で『下種野郎』って言葉を覚えたっけ。
お子様だったので、すぐ実生活で使ったりしてね〜。
「こら、るしは。勉強しなさい」
「うるさい、このろくでなしの下種野郎」

たちまち家族会議召集・・・とか、今じゃイイ思い出・・・
あと「激突」収録の「狂った部屋」は、多分スプラッタ嗜好の原点の一つだと思います。
「13のショック」収録の「ノアの子孫」なんて思いっきり田舎怖い系だし、「死者のダンス」を好んで読み返した私が、後にギブスンに傾倒するのは納得の展開ですね。
(ジャンルではなく、文体や手法として、ね)

しかし・・・「13のショック」以外の作品は軒並み重版未定(絶版じゃないけど刷る気ナシの意)なようですね。
来月「吸血鬼(地球最後の男)」(原題、I am Legendなんですねw)が再版されるのに合わせて、せめて「激突」も再刊してほしいところです。
多分、激突は版を残してると思うのですよね。
(『I am Legend(仮題)』は『盗まれた街』同様訳者も変えての新刊扱い)
フィニィの「完全脱獄」みたいに容易に刊行出来ると思うので、そこに期待。
勿論、出来れば「縮みゆく人間」「渦まく谺」「夜の訪問者」そして「地獄の家」も再販してほしいですけどね!

ううむ、ウィル・スミス主演の「アイ・アム・レジェンド」も観に行きたくなってきたぞ・・・
そうだよなぁ、「インベージョン」はスルーせざるを得ない状況だし、せめてオメガンは観とくべきかな。
(最近は観たい映画多くてホント困ります^^)
posted by るしは at 00:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
スピルバーグの激突は、原作モノだったのですか・・・。
てっきりオリジナルだとばかり・・・。
騙しやがったな!スピの野郎! (※騙してはない)
「死者のダンス」って、マスターズ・オブ・ホラーでトビー・フーパーが監督した回の元ネタなのでしょうか?
凄いですねぇ、マシスンさん。
早く図書館チェックしなくちゃ!!
Posted by アガサ at 2007年10月17日 02:13
早川の異色作家短編集は中世の版画のような装丁が良かったです。
昔は五百円せずに文庫本が買えたんですね。今は厚めの新刊文庫だと千二百円とか平気でしますものね。
「13のショック」は未読なんです。
欲しいけどこれを集め始めたらまたコレクター魂に火がついてしまう・・・。
モダンホラーセレクションも復活しないかなあ。
Posted by 奈良の亀母 at 2007年10月17日 08:51
お久しぶりのぱいちゃん♪
うちの子よりも若干毛足が長めなんですね。
かわええ〜!!

アイアムレジェントを機に一気にマシスンブーム到来!とかないですかねぇ。
(ついでにフィニィも・・・。)

モダンホラーセレクションもぜひ復活して欲しいですね!
むか〜〜し「インキュバス」っていうトンでもない本がありましたっけ。
乙女には言えないあのストーリーは忘れられませんw
Posted by kurosui at 2007年10月17日 23:35
>>アガサさん
そうなんです!そうなんです!
「ダンス・オブ・ザ・デッド」でしたっけ?
なので、観てみたいのですよ〜。
これはディスカス者になったらポチっといきたい1本です。
原作に思い入れがあるので、ちょっと不安ですがw

「マスター・オブ・ホラー」は一通り目を通したくはあるのですが・・・
レンタルで全部観れるのだろうか・・・
Posted by るしは@かんりにん at 2007年10月18日 20:10
>>奈良の亀母さん
昔は本当に安かったですよね・・・私が持ってる創元の「吸血鬼ドラキュラ」なんて200円台ですよ。
そこらへんの京極夏彦より厚いのに(笑)

「異色作家短編集」集めたいところですが・・・ハードカヴァーってとこがネックです。
(せめて文庫化してくれないものか・・・)
「モダンホラーセレクション」も懐かしいなぁ。
ショーン・ハトスンとか好きでした!(言っちゃった)
Posted by るしは@かんりにん at 2007年10月18日 20:17
>>kurosuiさん
そうなんです、よ〜く見ると若干長毛のケがあるのです。
おなか壊したら大変なことになりそうでドキドキです(笑)

マシスン・ブームは期待したいところですね。
フィニの新版「盗まれ〜」はイマイチ動きが鈍く残念><
ここはウィル・スミスの頑張りに期待。
ついでに映画での吸血鬼の描写にも期待。

い、「インキュバス」だなんて!
女の子がそんなタイトル口にしちゃいけません!めっ!
まぁ、ウチの本棚にありますけどね?(えー
Posted by るしは@かんりにん at 2007年10月18日 20:26
フフフ。
インキュバス、るしはさんなら知ってると思ってました。
でも持ってるとは思わなかったわ!
恐ろしい子!(笑)

男遊びが激しいお姉さんがかろうじて助かるエピソードに笑いました。
そういうものなのかと感慨深かったですw
これも復刊してくれたら、買う・・・かも
Posted by kurosui at 2007年10月18日 23:54
>>kurosuiさん
一時期は古本屋でモダンホラーセレクションを漁ってたもので^^;
(と言っても、数冊ですけどね、持ってるの)

全部とは言わないので、傑作は復刊して欲しいですよね。
(絶版になったら、せめてデーター配信するとかしてくれればいいんですけどね)

>男遊びが激しいお姉さんがかろうじて助かるエピソードに笑いました。

あれれ?記憶にないぞ?
もしかして買ったきり読んでないのかも・・・(ありうるなぁ)
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月19日 21:16
>>レンタルで全部観れるのだろうか・・・

そんなるしはさんに朗報!
私がいつもお世話になっているWOWOWで、「MoH」一挙放送!
で、「ダンスオブ」も録ってますぜ。
「ぼっけぇ」と「ゾンビの帰還(リチャード・ドナー)」だけを消しちゃったのですが、それ以外ならありやすぜ!旦那!!
ありったけの愛を込めて、お送りしやしょうか?(笑)
Posted by アガサ at 2007年10月19日 23:01
>>アガサさん
え?え?え?

マ ジ で す か ?

ええ〜っと・・・お言葉に甘えちゃってもよいでしょうか(汗)
いやぁ、レンタルだとやっぱり限られてしまうようなので・・・お、お願いします〜!(平伏)
や、勿論、「暇すぎて臍で茶が沸いちゃう!」ってくらい手持ち無沙汰な折でかまいませんので!
ぺこぺこ。(手をすり足をする)

それにしても、「ゾンビの帰還」ってドナー監督だったのですね。
メジャー監督なのに、確かこれは単発リリースされてませんよね。不思議ですねぇ。
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月20日 14:32
キャーヤダ〜!
「ゾンビの帰郷」はドナーさんじゃなくってジョー・ダンテさんだったわ!!
私ったらチョドジ!(※超ドッキンミラクルドジの略)
ドナーさんにしてもダンテさんにしても、栄光の80年代を彩った監督さんですよね。
最近あまり見かけませんが・・・。

てな訳で、いい塩梅にお茶が沸いたらお送りしますので♪

Posted by アガサ at 2007年10月20日 21:42
>>アガサさん
どっちにしろメジャー監督ですね!w
しかし、ダンテさんはホントにご無沙汰な気が・・・単品リリースもされてないし、80年代の栄光(?)を知ってる者としては寂しいですねぇ(ホロリ)

ではでは、よろしくお願いいたしま〜す♪
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月22日 11:25
FF11/FFXI武器?防具一覧www.playonlanei.com/game
Posted by 瑚雪 at 2007年10月23日 12:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。