新着記事

2007年10月27日

FPSの日@[Shadowrun体験版]

連休はイイ。連休は最高です。連休にノーベル平和賞を授与してあげたい気持ち。
で、晴れて(雨だったが)連休初日を迎えた昨日は、るしは的にはFPSの日という祝日に指定してもいいほどFPS三昧でしたので、遊んだFPS色々の雑感などを。(長くなりそうなので分割で)

まずは、
「Shadowrunって、あのテーブルトークRPGのシャドウランだったのね!」
と今頃気付いた私がShadowrun体験版をやってみました。
やはり、異色なFPSですねぇ。
武器だけでなく、魔法や特殊能力を取捨選択するシステムなんですが、その魔法や特殊能力が武器並みに重要です。(その分、武器の種類は少ないのかな?)
[グライダー]で滑空出来たり、[近くにいるとライフを回復してくれる樹]を植えられたり、死んだ仲間を[復活]させられたり、[突風]で敵をフッ飛ばさせたり。
(ドラゴンボールの気合砲を思い出す)

中でも白眉は[テレポート]

8メートル先の進行方向に瞬間転移する魔法なんですが、これのおかげで普通のFPSではアリエナイ戦術が可能です。
[透視]で壁の向こうの敵の位置を把握し、壁をすり抜けて奇襲とか、1Fから2Fへ、敵の背後にテレポートしたりとか、一瞬で間合いを詰めてショットガン叩き込むとか。
(これまたドラゴンボールのVSセル完全体での瞬間移動→かめはめ波を思い出す)
また逆に追われてる場合は弾幕はりながら後ろ向きに壁の向こうに撤退したりもできます。

魔法類はMP制(MPは時間で回復)ですが、中にはMPの最大値を消費するのなんかもあり、どの魔法や特殊能力をセットし、どんな武器を選ぶかで、戦い方がガラリと変わるわけですね。
選択する種族の特性もかなりの差があるようで(ここらへんは体験版では体感出来なかったけど)これは色々試行錯誤するのが楽しそう。
しかし、ただでさえ超の付く方向音痴の私にとって、テレポートという移動手段を考慮した上での立体構造の把握は、かなり難易度の高い要求ですな。
実際、チュートリアル後のBOT戦(自分以外全部NPC)で翻弄されたり、迷子になって孤独にウロウロしてるうちに決着が付くとか、かなり情けない事態に(汗)
が・・・頑張らねば。

ちなみに、コレ体験版のくせにマルチプレイを選べます。
(製品版自体マルチプレイ特化型ソフトだし当然か)
で、いっちょ実戦を・・・と、部屋を検索してみたら・・・

ありませんでした^^;

まぁ、半年以上前に製品版が発売されてるので当然か(笑)
多分今日明日中には製品版が届くと思うので、マルチプレイはもうちょいお預けです。
posted by るしは at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Shadowrunは内容の割に値段が高い気がしてスルーしてしまいました…
Posted by 臼猫 at 2007年10月27日 21:23
>>臼猫さん
半額だったのでチャレンジしてしまいました。
マルチプレイに特化した内容でフルプライスの面白さなのかどうか、明日あたり試してみる予定です。
Posted by るしは@管理人 at 2007年10月27日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62693310

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。