新着記事

2007年11月10日

バイオハザードUアポカリプス

日曜日に劇場観賞予定なので、その予習として観てみました。
51IrUd0i4SL__SS400_.jpg
バイオハザードUアポカリプス(原題:ResidentEvil:Apocalypse)
(ジルジャケなのは管理人の嗜好仕様です)

いやー・・・やっぱつまn・・・ゲフンゲフン
ゲーム版の3のストーリーにアリス(ミラジョヴォ)をぶち込んだだけの展開に、前作のオリジナル要素が嬉しかったるしの評価は低いです。
せっかく街を舞台に色んなバリエーションのゾンビさん達が登場してるというのに、主人公が超人的すぎて雑魚扱いされてるトコも悲しいところですね。
原作より登板のジルも、おかげで影が薄くて・・・

▲が以前書いたバイオ1感想で触れた雑感なんですが・・・概ねそんな感じですねぇ。
無理くり褒めるとすれば、

★都市部でのゾンビ禍を描いている。
★一応ゾンビ映画の定石を守っている。
★一部シーンの原作ゲームへのオマージュが微笑ましい。
★ジル(シエンナ・ギロリー)の再現性の高さと美貌が文句なし。
★カルロスが途中参加ヒーローにしては強くて意外と格好イイ。


しかし、突っ込みどころは前作よりはるかに多く・・・

■ハイブから市外への感染拡大過程がはしょられててガッカリ。
■演出が平板すぎて緊迫感がまったくない。
■ネメシスのデザインが忠実なのはいいが、作り物っぽすぎて萎える。
■超人アリスが目立ちすぎな上登場人物が多く、せっかくのジルやカルロスも霞んでしまい、結局アリスが大暴れしてた印象しか残らない。


そして、やはりゲーム版3のストーリーをさらに薄めたストーリーと超人アリスの食い合わせが圧倒的に悪いんだよなぁ・・・
1のハイブ感染の過程とか結構怖かったし、その真相と主要人物の記憶喪失が絡む独自のシナリオは良かったのにね・・・
どう考えてもポール・F・アンダーソン(前作の脚本・監督、今作では制作・脚本)は手を抜いていたとしか思えない。
で、本腰を入れたと思われる「AVP」もイマイチってどうよ?
(まぁ、もともとそんなに力のある監督・脚本家だとは思ってないケドさ)
そこに今回の監督、アレクサンダー・ウィットの平板演出が加わり、結果たいくつなゾンビ映画になってしまいました。

あぁ、みんなが2のことあんまり苛める(笑)もんだから「ここはいっちょう擁護したろう」と思ったんですが・・・あははー^^;

ともかく、アリスという要素がデカいので、そういう脚本を作らないと駄目だよね。
原作ゲームに目配せせずに。
まぁでも、これで3は変な期待をせずに観れますよ^^;
-------------------------------------------------------------------------------
ちょっと話が逸れますが、ゲーム版の3「ラスト・エスケープ」のシナリオは結構好きでした。
2が「次はゾンビの溢れた街が舞台に!?ヤッホゥ」と思わせておいて実際の舞台は9割が建物内部でガッカリだったので、街に蠢く様々な種類のゾンビと戯れられて幸せでした♪
そのノベライズであるS・D・ペリー著「バイオハザード5追跡者ネメシス」(中公ノベルズ)は、カルロスやニコライの肉付けが上手く、ゲーム原作の都市ゾンビ小説としてはなかなか読ませます。
ペリーの6巻まであるノベライズ・シリーズは、ゲーム版「バイオ」の「一地方都市の特殊部隊がなんで国際企業あいてにそこまで戦えるの?嘘臭ぇー」という部分にそれなりに納得のいく補完をしてるので、ゲーム経験者には特にオススメですよ。
(残念ながら6巻で翻訳ストップしてますがね・・・しかも絶版かもわかりません^^;)
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画(ゾンビ系ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
確かに、イマイチ新キャラを活かしきれていない感がありましたよね。

STARSの皆さんとか、あまり意味の無い面白黒人とか、そこそこ面白いところは結構あったと思うのですが。
Posted by かからないエンジン at 2007年11月10日 11:00
>>かからないエンジンさん
そうですね〜。
あのゴチャゴチャした中でそれなりに印象に残るサブキャラがいるわけですから、彼らにもっと焦点が当たってたら、また違ったでしょうね。

しかし、やはり面白黒人が続投でジルが降板なのは納得いk(しつこいw)
Posted by るしは@管理人 at 2007年11月10日 14:25
2はやっぱりシエンナ一人で映画を支えた感がありますねー。

ポールたんって、「ここで頑張れば、面白くなるのにー」っていう、痒いところに手が届かない人のような気がします・・・orz。
その割にお仕事がたくさんあるのはヤリ手だからでしょうか(毒)
(ミラのお腹の子のオトンはポールたんなんでしょうかね〜。)
Posted by kurosui at 2007年11月10日 21:59
>>kurosuiさん
>ポールたんって、「ここで頑張れば、面白くなるのにー」っていう、痒いところに手が届かない人
>のような気がします・・・orz。

ホント、そんな感じそんな感じ。
細かいところにこだわらないお人なのかもしれませんね・・・

いや〜、しかし2を再見したおかげで3を見る気力がみるみる減退してしまいました^^;
Posted by るしは@管理人 at 2007年11月12日 20:26
こんばんは。
やっとこさ、おさらい完了しました。
ジルはいいですね〜やっぱり。
あの肩がたまりません。
ミラジョボ大活躍も、私は大歓迎ですよ・・・。
ラーメン頭とミカンのネットみたいな服さえなければ・・。
TBよろしくデス♪
Posted by アガサ at 2007年11月18日 23:29
>>アガサさん
おさらい、お疲れ様でした!
ホント、薄っっい内容ですよ、ね・・・
ミラジョボ大活躍も、それをメインに据えたシナリオなら良かったのに、なんというか、ミラの超パワーアップに唐突感が拭えませんよね。
もうちょいミラが自身のパワーアップに戸惑うシーンがあってもいいのに・・・
(まぁそうなるとジル達の扱いがますますアレになったでしょうけど)
3は思い切った舵取りを期待したいところですが・・・どうなんでしょうね^^;

そういえばまた最近TBや、TBのお返しを漏れなく忘れてるような・・・orz
よ、よろしくされましたデス!><
Posted by るしは@管理人 at 2007年11月19日 20:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/65534390

この記事へのトラックバック

『バイオハザード2/アポカリプス』
Excerpt: やっぱアレですよねぇ・・。主役よりも人気が出ちゃ、マズいっスよねぇ・・・。 そんな訳でジルさん、今作限りで見納めデス!! 『バイオハザード3』 おさらい祭り第2弾。 サクサクっとおさらいしま..
Weblog: すきなものだけでいいです
Tracked: 2007-11-18 23:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。