新着記事

2007年03月20日

「60セカンズ」を観てたら・・・

シェルビーGT500
GT500.jpg
るしはの乏しい車の知識でも、この車は特別だ。
何故なら、ラリー・ビンセント(漫画版)の愛車であり、パーシー警部(アニメ版CVは故・富山敬)の愛車だから!
「ガンスミス・キャッツ」と「ライディング・ビーン」のリアリティってのは、るしはの知識ではイマイチ良くわからないんだけれど、まー初体験みたいなものだったので、印象は強いです。

で、丁度地上波放映してて、ながら観してた「60セカンズ」
ニコラス・ケイジ演ずる凄腕自動車泥棒にとっての伝説の獲物(盗むたび、何故か毎回ケチが付く)として登場、最後に運転することになるのが、"エレノア"こと、シェルビーGT500
確か、「ライディング・ビーン」ではシェルビー・コブラと呼ばれてたと思ったけど、まったく同一の車種かは、るしはにはワカリマセンが(^_^;)

「車泥棒」映画という事もあり、全編の殆どがその準備と盗みのシーンに費やされていて、車映画にしては驚くほどカーアクション(カーチェイス)がありません。
ぶっちゃけ、カーチェイスはラストぐらい。
その、ラストを締めるのが、"エレノア"

はっきり言って、この映画のヒロインです。

アンジェリーナ・ジョリーも霞む霞むw
警官隊も、決して"エレノア"には銃撃しませんw
追跡するパトカーだって、"エレノア"には幅寄せしませんw
"エレノア"に語りかけるニコラス・ケイジの表情と、ボディを撫でる手つきは、ジョリ姐とのラブシーンより全然エロイですからね。
(だから、ジョリ姐とのラブシーンは未遂に終わりますw)

そして、"エレノア"を傷つけた悪者には、徹底的な鉄槌がくだされるという、"エレノア"愛に溢れた、快作でした。

最後の飛翔シーンの美しさと言ったら・・・(*´Д`*)アァン

着地後、壁に接触しないよう必至でハンドルを握る主人公の姿を見てたら、なんか、無性に「テストドライブ・アンリミテッド」やりたくなりました。
GT500、ラインナップにあったかなぁ・・・ドキドキ。
ああ、でももうこんな時間!( ̄□ ̄;)
今日は携帯のヴァージョンアップ&復旧作業と、電王上映大会にほとんどを費やしちゃったからなぁ・・・
今週は早遅勤務が多いんだよな・・・うう、生殺しかヽ(;´Д`)ノ
60seconds.jpg
ともかく、「60セカンズ」はライブラリ決定!
なんだかとても家庭的な雰囲気なのも、いいですね、この映画。
ついでに「ガンスミス〜」と「ビーン」も集めちゃうか・・・って、「ビーン」のDVD廃盤状態じゃん!Σ(゜Д゜)

・・・お願い、再販してーヽ(;´Д`)ノ
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月18日

嗚呼、ベッキン姐さん、憐れ・・・

ベッキン姐さんと、勝手に呼んでいるケイト・ベッキンセールさんですが。
今丁度、地上波で「ヴァン・ヘルシング」やってるんですが・・・
Beckin_van.jpg
なんで「ヴァン・ヘルシング」のベッキン姐さんはこんなにもブスく撮られてるんだろうか・・・(ーー;)
(↑の画像はまだマシに撮れてる方・・・)

「アンダーワールド」シリーズのベッキン姐さんはそりゃもうお人形さんの様に美しく、クールで、それでいて清楚な印象すら兼ね備えていたのに・・・
Beckin_neesann.jpg
↑『アンダーワールド:エボリューション』のベッキン姐さん。
(Amazonの画像ぺたぺた)

映画自体もツマンナイので、鑑賞中止します。
『ヘルボーイ』といい、どうもこういうCGエフェクトバリバリの軽めアクションは向かないのかもしれません・・・
好きなんだけどなぁ、こういうジャンル・・・

しかし、ホント、このベッキン姐さんは酷い!ヽ(`Д´)ノ
美人を綺麗に撮れない監督として、スティーブン・ソマーズの名は覚えておこう。うん。

・・・って、感じるのって、るしはだけだろうか・・・
posted by るしは at 22:11| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月27日

ディセント(原題:The Descent)

舞台は惑星セラ・・・
エマージェンシーデイ、地底人ローカストによる一大攻勢の運命の日、その、遥かな昔・・・
冒険好きの民間人女性達が、人知れずローカスト(まだ知性も未発達で非武装)と接触していた・・・!

あの「ギアーズ・オブ・ウォー」、驚異の前日譚!!
descent.jpg
ディセント(原題:The Descent)!!!

続きを読む(注:超ネタバレ)
posted by るしは at 00:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

映画化キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!(映画秘宝4月号感想)

ちょっ、マジかよ!?
なんと吃驚、映画化ですって!
なっっっ、なんとっ!

ジャックケッチャムのっ!

隣の家の少女」がっっ!!!!!

よりにもよってイキナリ「隣の〜(原題:TheGirlNextDoor)」キタコレ!
(注:2004年公開の『ガール・ネクスト・ドア』とは別物ですw)
ソースは一昨日発売の「映画秘宝4月号」
そのホラー系映画のコーナーDEVILPRESS」。
TGND_movie.jpeg
すでにポスター画が掲載されてるから、結構制作進んでたりとか?
しかし、気になるのは映画化に当たってのシナリオですねぇ…
原作に忠実だったら、今世紀最大のとらうまむーびーになること必至ですが・・・
一応タイトルに「JACK KETCHAM'S」とは付いてるけど、果たして…
ってか、日本公開大丈夫かな〜。
ポスター画だけ見ると、単なる覗き少年の話に見えなくも無い(笑)
もしかしたらキャラの年齢引き上げてレイティング対応?
ってか、下に映ってる車はいったい・・・
とりあえず、久しぶりにネットで情報収集してみよう。
ちなみに、同記事ではケッチャムの食人族小説「オフシーズン」の続編「オフスプリング」の近日邦訳も報じられてます。
扶桑社愛してるー!(≧∇≦)b

では追記でその他の気になった秘宝の記事の感想などを。
今号は特集がアツイ!
・テキサス特集
・海外ドラマ特集
・ロボット映画特集

と、ツボ突きまくりでニヤニヤが止まりません( ̄ー ̄)

続きを読む
posted by るしは at 13:56| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

イルマーレ(原題:The Lake House)

今日は、るしはが血みどろ映画しか観ないわけじゃない、というのを証明しましょう。
20本中1本くらいは非ホラーも観るんよ!( ̄Д ̄)/
TheLakeHouse.jpg
イルマーレ(原題:The Lake House)


続きを読む
posted by るしは at 13:08| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

SHOWBIZ雑記

昨夜の「SHOWBIZ COUNTDAWN」見ました!?
気になる映画が3本チャートインしてたので、とりあげてみます。

第7位【PAN'S LABIYRINTH】
第4位【THE HITCHER】


続きを読む
posted by るしは at 13:16| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

ザイオーン!うぉぉぉぉぉぉぉ

恵方寿司をはぐはぐしながらTVつけたらやってました。
「マトリックス・レボリューションズ」

・・・誰かネオとトリニティとスミスんとこカットしたバージョン作ってくれませんか?

主役はミフネ船長、ナイロビ(あと尻に敷かれたモーフィアスもw)、バズーカ姐さんコンビ、ジム・キャリー似(笑)の給弾少年キッドでいいです。
変に捻らず、スターウォーズ1作目(Ep.4)みたいな感じで。

いや〜、しかしあのAPU(パワードスーツ)戦は魂入ってるよねぇ。
まさにスターシップ・トゥルーパーズの雪辱戦!
そしてミフネ船長(ナサニエル・リーズ濃いいぜ!)の絶叫が熱すぎる!
その後のキッドがミフネ機を操縦するシチュエーションがね!
もう拳握って応援しちゃうよね!
あの瞬間は紛れもなくキッドが主役!
重心を前に!羽根の様に軽く!頑張れ、キッドー!
バズーカ姐さん片割れも頑張った!
ナイロビ船長もカッコイイよねぇ・・・私的にはハン・ソロより上!
その3人の努力が結実するハンマー号の電磁パルス発射が、まさにるしは的クライマックスですよ!(≧∇≦)b

そこでチャンネルを変える、るしはでした(笑)
だってネオパート退屈だしつまんないんだもん。
posted by るしは at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

「悪魔の追跡」DVD化記念祭り

凄い凄い!ゾンビ手帳さん見て吃驚!
RaceWithTheDevil.jpg
「悪魔の追跡」DVD化!!(≧∇≦)b
個人的には、「悪魔のいけにえ」DVD再リリースより嬉しいかもしんない。
ピーター・フォンダ、ウォーレン・オーツという当時のメジャー俳優2人を主演に配しながらの、田舎系ホラー映画!
続きを読む
posted by るしは at 15:01| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

2006年マイベスト:映画編

ではアニメ編に続いて映画編。

個人的に2006年は、前半と後半に二つの個人的ムーブメントがあったのが特徴的。
前半のは、謂わば「ハリポタ熱」
後半は「ホラー映画熱」
特にホラー熱は凄まじいDVD購入ラッシュを引き起こしてくれました(^_^;)
そんなわけで第3位は単独作品ではなく、ムーブメントのひとつ、

【ハリーポッターシリーズ】
haripota1b.jpgharipota2b.jpgharipota3b.jpgharipota4b.jpg
ハリポタはホント面白いですよ〜もう何度繰り返して観た事か!
「繰り返して観れるか否か」
それがこの企画のノミネート絶対条件ですね。
原作がどんどん頁を増やし、カットされるシーンも肥大していく中、なかなか上手く映像化してるんじゃないでしょうか。
魅力的なキャラ、マニア心をくすぐる設定、そして意外にもハードな物語。
いや〜「不死鳥の騎士団」が今から楽しみでなりません。
「ど〜せ子供向けでしょ?」
なんて敬遠してたら勿体無いですよ!ホント面白いから。


【サイレントヒル】
silenthill.jpg
ホラー熱に先んじて劇場鑑賞をしたゲーム原作映画。
その再現性の高さと、原作のテイストを損なわないオリジナル要素との両立には舌を巻きました。
劇場で鑑賞直後の書いた感想記事とか、今読むとかなり興奮してて恥かしいったら(汗)
なんでも続編が準備されているとか。
是非とも同じスタッフでやってほしいですね。
上手くアレンジすれば、原作ゲームの2をベースに、そのままショーン・ビーン主演のモロ続編でいけるんじゃない?

では、いよいよ第1位・・・
posted by るしは at 17:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。