新着記事

2007年11月28日

え?

Xbox360版「CALL OF DUTY4」が今年の12月24日に日本語版緊急発売

ってマジですかー!?
posted by るしは at 21:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

[KUF:CoD]体験版感想

テキトーにやったら韓国夕グ作れちゃったのでした。吃驚。(挨拶

ところで私の友人で、RPGの魔法が大嫌いな子がいます。(のことだw)
魔法はいわゆるMPゲージを消費して行使するわけですが、この何かしら「減る」のが感覚的に嫌なのだという話です。

ちなみに彼はDiablo系(八ック&スラッシと属性武器等の収集要素)が好きなので、来月発売のXbox360ソフト「キングダムアンダーファイア:サークルオブドゥーム」はオススメしてあるのだが…

通常攻撃すらゲージ消費

というシステムを彼が受け入れられるかひじょうに興味深い。
ちなみに武器や装備、アクセには
「SP(これを消費するわけ)が毎秒〇〇ポイント回復」
というのが設定されていて、それらを他の性能とあわせて取捨選択かつ合成で装備品自体を育てていくのが(多分)本作の醍醐味っぽい。

体験版で使える2人のうち、長物メインのフルプレートアーマーの人でデカイ武器ぶんまわしてたらあっという間にSP枯渇→「単発攻撃しか出せない><」状態になったものだけど・・・
(この時点でクソゲー判定しそうになりました。危ない)

ある程度システム理解して装備品のSP回復値を気にしつつ日本刀使いのイケメン(彼の開始時のイベントは大爆笑)使ったら、彼は手数の人で一発の消費値が少なく、コンボの締めを敵から距離を取る技にしたら、敵が近付く間にゲージ回復→またコンボ、と、敵の攻撃で止められないかぎりイイ感じでボコれました。
おかげで指が痛いですw

しかし、ちょっと単調に感じてしまったのも事実。
敵がある地点で団体でじっとしてて、こっちが近付くとワーッと攻めてくるのもなんだか興ざめ。
これ、「Conan」だと結構自然だったんだけど、「Conan」はこちらが敵の陣地に乗り込んでいくシチュだから不自然さが少ないんだろうな。
「Beowulf」の「敵出現時はムービーで処理」も上手かった。

狭い通路での戦いが多くて、PSOの海底プラントみたいな息苦しさも嫌だったなぁ。
MAPを自動生成にしたせいで、ダイナミックな変化が付け辛いのかもしれないですね。

と、文句も書きましたが私は
「攻撃もSP依存でそのSPは装備品で調整」
というシステムが新鮮なので「買い」です。
CO-OP時のドロップアイテムの所有権とか、そういととこも気になるしね。
posted by るしは at 02:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

原作から見る[Conan]ファーストインプレッション

コナンのお話です。
勿論、名探偵でも未来少年でもなく、かつて映画版で某州知事が演じヒロイック・ファンタジーの語源でもあるロバート・E・ハワードの連作小説の主人公、キンメリアの蛮人、コナンのお話。
Conan_SS.jpg

それが北米Xbox360でゲーム化されたのですが、その人体バラバラ残酷描写とおねえちゃんのおっぱい丸出し描写でレーティングは勿論M(17禁)

ところが、日本語ローカライズが決定した際発表された国内レーティングはC(15歳以上0K)
当然バラバラ、流血はナシ。(そのため実績も一部変更され別ソフト扱い)
おっぱいは言わずもがな。(ちゃんと服を身に着けている)

多少なりとも創作活動に携わった者なら、皆そうでしょうけど、私は「製作者の意に沿わぬあらゆる規制、修整には反対」が基本姿勢です。
(『バトル・オブ・ブラジル』万歳!)
なので、ここで闇雲に「規制反対」をブチあげてもいいんだけど、実はConanの規制問題はネット上では既に旬を過ぎた話題だし、それだけ語っても今更感がぬぐえない。
で、ふと気づいたのは

「俺、コナンのことよく知らないな〜」

そこで、まず原典であるロバート・E・ハワードの小説を読んでみました。
ちょうど創元から文庫版全集(他作家の模作やアレンジを排して時系列順に配した正規版)が刊行されたので、その第1巻「黒い海岸の女王」を買い求め、
Conan_novel1.jpg
(しかし、この表紙画はないな・・・)巻頭の「氷神の娘」を読んでみました。
※以下「氷神の娘」のネタバレあります!短編だけど気になる人は回避で!

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月27日

[CoD4]の凄さがわかるFPSたち

表題の通りです。もし私がCoD4をやってさえいなければ、もうちょい好評価だったかもしれないゲーム達をご紹介。

SoF(SOLDIER OF FORTUNE:PAYBACK)
1年くらい前にやってれば「うおー画面綺麗だー」って喜べたんだろうなァ…
被弾描写の容赦の無さで有名なこのシリーズを、とうとう最新作で体験!と意気込んで買ったはいいが…アハハハハ〜さすがにハズレも引きますわなw
噂の被弾シーンも、五体がポロッて感じでむしろ嘘臭さで白けます。
その筋に詳しいTakoyan師によると、どうやら前作より劣化しているようで・・・
あと笑ったのがボスね。
単に硬いだけって・・・いつの時代のアクションゲームだてめェは!
これで嘘臭い装甲服でも身に付けていれば多少の説得力もありますが、生身の男が、数十発の弾丸&手溜弾くらってピンピンしてるって何><
なまじグラフィックがリアルな分、萎えたわ・・・

ジェリ子(CLIVE BARKER'S JERICHO)
これは、「SoF」よりはマシなのですが、やはり「CoD4」の緻密な演出、仲間と敵の動きを見てしまうと、見劣りしてしまうのよね…
ただ、まだプレイヤーキャラを仲間の中から任意に切り替えるという本作の肝の部分に達してないので、最終的な判断は保留しますが・・・
しかし、それでも「掴みが弱い」と思ってしまうのは、やはり「CoD4」やってるせいか…
せっかくクライブ・バー力ー印なんだから、「主人公はピンへッド」、「セノバイト達を任意で切り替えて進むチームFPS」だったら食いつくんだけどな(笑)

BLACKSITE:ARIEA51体験版
ミリタリーFPS+ホラーSF要素といえばモロ私のツボにストライクなジャンルなはずなんですが・・・
C0D4と比較するまでもなく、そのはるか数年前に作られた「Half-Life2」の足元にすら及んでないというのはどうだろう・・・
まぁ「Half〜」はよりアドべンチャー寄りな作品であるし、演出面で比較しちゃ可哀想というのはある。
しかし、シューター寄りの「CoD4」がインタラクティブな部分であれだけのストーリー性を実現してるのを見るまでもなく、あらゆる部分が「物足りない」んですよね・・・

と、いうわけで、何が言いたかったかというと、

「CALL OF DUTY4」凄い。
posted by るしは at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

[Guitar Hero V]ファーストインプレッション

最近(と言ってもモシュ化以前の話なのだが)の衝動買いの中で最大のモノがズバリ▼
GuitarHero3
【アジア版Xbox360】Guitar Hero V:Legends of Rockギタコン同梱版

カオス館で購入したのだが、お値段ナントいちまんろくせんはっぴゃくえん!
しかし、後悔はしていない!

元来音ゲー好きではあるものの、ギタコンでのプレイの気持ち良さは格別!
普通のコントローラーでプチプチとボタン押してやった体験版とは天地ほどの開きがあります!
かつてギター挫折経験のある私としてはその雪辱も兼ねてウフフフフなのであります♪
(私には四弦が限界なのですよ・・・)

なんでも収録曲がとても豪華らしいです。
(私はあらゆるミュージック・シーンに疎いのでわかんないんだけどネ^^;)
そのせいか北米ではやたらと売れたんだとか。

序盤のNPCギタリストとの協奏(対戦)でやたらてこずってたんですが、ギタコンを縦に構えると相手を妨害(アイテム攻撃みたいなの)出来ることに気付きました。
そういう傾きを検知する機械が入ってるとは吃驚。さすがギブソン製だわ!
(それは関係ないかもしれないがマジでギブソンのロゴ入リ!)
そんなわけでなんとかNPCギタリストを破って国外進出!
今はイギリスでブイブイいわしております!
(3ボタンしか使わないEasyだけどネ♪)

これはまたアクティビジョン・ジャパンの策略で360だけローカライズされないわけなんですが、幸いにもDLコンテンツは日本マケプレでも配信されてるので一安心。
久しぶりにゲイツ投入しようかな〜。
posted by るしは at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

360は来年春も安泰

Xbox360「バトルステーション:ミッドウェイ」(スパイク)2月7日
Xbox360「バイオショック」(スパイク)2月21日
Xbox360「トゥームレイダーアニバーサリー」(スパイク)3月
Xbox360「スケート」(EA)3月
Xbox360「ライデンファイターズ エイジス」(サクセス)2008


フラゲ情報ですがバイオショックの予想外の速さが嬉しい!
ララさんはPC版とか未プレイだし、なんといってもトゥームはかつてやりこみ完全クリアした(私が唯一ゲームで誇れる業績)1がどう新しくなってるのか楽しみなので購入決定。
スケートもローカライズ嬉しいなぁ!アジア版やらずに待ってた甲斐があった!(いや持ってるんだけどね^^;)
ライデンなんとかは初耳です。コレなぁに?
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

[Beowulf The Game]ファーストインプレッション

どうも今年はゲーム運だけは良いらしい。
これだけ(主に洋ゲーを)呆れるほど買い漁っているというのに、ハズレらしいハズレに当たってないのが凄い。
Beowulf_AJIA
で、この【アジア版Xbox360】Beowulf The Game
コレはホントに衝動買いでして。
映画とのメディアミックスなのですが、その映画もジョリ姐が出てるんだっけ?程度の知識しかなく。
しかも荷が届く頃海外ゲームサイトにUPされたレビューのスコアは軒並み最低レベル。
「ああ、やっちゃったか^^;」
と、諦めの境地でしたよ。で、とりあえずプレイしてみたんですが…

他人の感想なんて当てにならないなぁ・・・面白いじゃん。

一言で表すなら

歌うゴッド・オブ・ウォー meets ピクミン?

「Conan」よりはハイデフの恩恵を授かっているかな?(そういや『Conan』感想あげてない><)
爽快さでは残念ながら「ゴッド・オブ・ウオー」(以下GoW)に及んでいない。(及んでいたら神ゲーである)
巨大ボスキャラでCSアタック(画面表示のボタンをタイミング良く押すと映画的演出で攻撃)はまさにGoW。
巨大ボス戦の多さはGoW上回ってるかな?(『GoW2』は未プレイ)

で、GoWにないフィーチャーが「ピクミン」要素。
私は「オーバーロード」未プレイなので仲間たちもワラワラと剣を振るう様子は新鮮です。
で、その大海原の荒くれ者達に指示を出すことが出来ます。
指示と言ってもRTS的な複雑なものではなく、

[行けー!]
[集まれー!]
[俺の拳が天を突く!(意訳)]
[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]


の、4種類のみ。
私的に、戦闘時には[俺の拳が天を突く!(意訳)]必須な感じ。
これを命ずると主人公ベオウルフと荒くれ達がブルーのオーラに包まれパワーアップするようですが(少なくとも序盤は)パワーよりその視覚効果が目当て。
いや、だって敵も見方の荒くれ達と似たような格好してるんで区別がつかんのですよ(笑)

[行けー!]は突撃命令っぽいですが、これを命じなくても敵が近付けば荒くれ達は勝手に戦ってくれます。
どちらかというと干渉可能オブジェクトを動かすための命令ですかね。
例えば、巨大な石の円盤が道を塞いでいたとする。
それに向かって[行けー!]を命ずると、彼らがワラワラと円盤に集まり、えっちらおっちら(死語的表現)押して動かしてくれます。

さて、そこで出番が[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]だ!
彼らはバイキングですから歌大好き!(なのだと思う)
そこで彼らの王ベオウルフ様自らが歌って鼓舞してやれば、彼らのテンション急上昇!作業効率大幅UP!なのですが!

で、このコマンド入れると突然音ゲーになるのが吃驚(笑)

画面中央にサークルが現れ、そこを回るマークの色にあったボタンをタイミングよく押したり押し続けたり離したりすると、バックのBGMもより高々に!
男達の合唱も(合唱するんですw)より勇壮に!
まー、CSアタックの変り種ですね。

で、コレ、失敗するのが楽しい。(えー
入力ミスるとBGMもぶべッと途切れ、円盤押していた荒くれ達がズッコケます(笑)
ええ、それこそチョーさんが「駄目だこりゃ」と言ったかのごとく見事にズッコケます。

この[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]がボス戦闘前にイベント的に挿入されてるシーンがありまして。
今にも巨人ゾンビが門を破って侵入しようとするシチュエーションで、不安に駆られる荒くれ達を[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]で鼓舞するシーン。
イベントだけあってサークルの入力も長く、タイミングも幾分難し目。
当然、失敗するとぶべッと中断しちゃうわけですが、そこで画面が切り替わり「最初からイベントやり直し」にならないのは何故だろうw
なんと、ベオウルフ様その場でやりなおすことになるんですよ。
結果・・・

何度も歌をトチり歌いなおす主君。
それに何度も何度も飽きずに付き合う忠義者の荒くれ達。
さっきから門をズガンズガン攻撃し今にも入ってきそうなのに全然門を敗れないゾンビ巨人。
(・・・門、堅牢じゃね?www)


という、なんか微妙な空気のシーンが出現^^;
なんか途中から妙にツボにはまってか笑ってマトモに操作出来ず、変な腹筋スパイラルに陥って窒息するところでした(笑)

やー、面白いね!まだ序盤だと思いますが気に入りました!
この先海外評も納得のゲーム展開が待っているかもしれませんが、ファーストインプレッション的には全然OKです。

ストーリーはおそらく映画から良いシーン抜粋の切り貼りだと思うので、ちょっと映画も観たくなりましたよ。
丁度ショウビズカウントダウンのPicUpコーナーで予告編を見ましたが、ビジュアルの再現性は結構高いですね。
ゲーム中主人公がことあるごとに「I am Beowulf!」と叫んで五月蝿いんですが、予告編でも同じ訛声で五月蝿かったのには吹きました(笑)

ってか、映画の監督ロバート・ゼメキスだったのね!
posted by るしは at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月17日

[ロストオデッセイ]葬儀のあるRPG

最近喪主なんかをしたせいだろうか。
「コマンドRPGだしブルードラゴンも積んでるし」
と、まったく食指の動かなかった「ロストオデッセイ」が気になってきた。

何故なら、ゲーム中イベントで《葬儀》があるから。

「ロスト〜」は主人公が不老不死の存在で、つまり生身の仲間は時が経てば(あるいは事故や戦闘で)死ぬんです。
すると、《葬儀》イベントが発生するらしく、主人公=プレイヤーは実際の葬儀ほど複雑ではないものの、その架空世界のしきたりに従い葬儀の準備(必要なアイテムを集めたりとか)に奔走することになるようです。
LostOdyssey.jpg
そんなわけで予約しました。
posted by るしは at 12:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

[CALL OF DUTY4]Recruitクリア

嗚呼、面白かった。本当に面白かった。

[CALL OF DUTY4]クリア!(まぁ難易度Recruitだけど)

多彩で、そして濃密なFPS体験でした。
その素敵なポイントは昨日書いたとおりなんですが、そのまま息切れも中だるみもせず最後まで突っ走ってくれましたよ。
特に、ラストのシチュエーションの格好良さと盛り上がりは異常!
これも昨日書いたことと重複するんですが、例えば「メタルギア・ソリッド」のように主人公も能弁な所謂「映画的」な構成ではなく、あくまで主人公=プレイヤー。
台詞で主人公性を主張することはせず、行動(が及ぼす状況が)がプレイヤーを主人公たらしめていく構成は、インタラクティブなゲームシナリオの白眉と言ってもいいでしょう。
(それをさらに高めたのが『BIOCHOCK』なんじゃないかと期待しているんです・・・というか所有してるんだからさっさとやれという話か)

一つのミッションの長さもそうですが、全体の尺も丁度良かったなぁ。
ネット上では「短い」という意見も見ますが、「ヘイロー3」が冗長に感じた私には良い塩梅でしたよ。
収集系の実績2種の事を考えるとなおさらに。

クリアしたら色々な項目がオープンされました。
ミッションセレクトや、アーケードモード(?)など。
ミッションセレクトでも実績は解除されるんですかね、コレ?だったら便利だけど。
(『プロジェクトシルフィード』は駄目だったんですが)

とりあえずニューゲームで実績[New Squadron Record](チュートリアルの模擬戦を20秒以内でクリア)の解除に頑張っているんですが・・・
む、難しいっ><
24秒が限界れす><
惜しいようですが、この4秒がキツイんです・・・あぁん。
posted by るしは at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月13日

CALL OF DUTY4が凄い件

最初に言っておく。「CALL OF DUTY4」は、か〜な〜り、凄い!
CoD4_SS1.jpg

今まで私はホラーやSF色のFPSしか経験がなく、リアル系FPSは初めてなんですが、いや〜凄い。
なんか戦争してる感じ!(頭悪い感想だなァ・・・でもホントそんな感じ)
他のリアル系(例えばベガスとか)もこうなのかしら!誰か教えて欲しいもんだわ!

で、リアル云々は置いておいてだ。
私的には「ヘイロー3」で感じた不満が見事に払拭されてるデザインに感動しました。

×マップやたらだだっ広く、マップごとの特色があまり感じられない。
×主人公の置かれた状況に危機感や高揚感が感じられずプレイが平坦な印象。


という「ヘイロー3」不満の、逆を行っているわけです。
ようするに、

○広くはないが凝った配置のマップは、ミッション同様の多彩さで素晴らしい。
○マップ構造、敵味方の配置、ミッション目標、音楽、あらゆる要素が危機感を高め、またプレイヤーを高揚させるために設計されている。


前マップについては、ホント多彩かつ面白い構造で、方向音痴な私が『あれ?ここ違う場所なのに前に通ってね?』と一度も思わなかった程差別化が図られています。
それでいて現実感をまったく損なわず、中東っぽい町並みや平原、廃墟を再現してるのには感動すら覚えます。

その素敵マップの上に、あらゆる要素を導入して「物語」が配置されてるんですから、たまりませんよ。
勿論、ムービー垂れ流しの合間にFPSシーンがあるだけじゃありません。
主人公の行動に対する味方、敵、状況の変化が=「物語」になる、まさにゲームならではのインタラクティブな話法で。

全体を映画的に設計した「Half-Life2」ほどではないにしろ(ちゃんとブリーフィングは挿入されるしね)それでもこの「ついコントローラを握らせる力」は凄い。
ミッションが馬鹿長くない上にチェックポイントが小刻みにあるので、再開がとても容易なんですよね。
「ちょっとやれば進めそうだな!」と思わせてくれる。
コマ目に解除される実績もやる気をかきたててくれるんですよね。

マルチプレイもちょいとやってみましたが、や〜殺された時、どうやって死んだかわかる(敵の視点でリプレイ)のが良い!
ただでさえ欧米の猛者達に瞬時に嬲り殺される宿命なので、それがあるだけでかなり理不尽感が減ります。
というか、自分のヘボさと相手の上手さがわかって勉強になるなぁ。

そんなわけでオススメなのですが・・・残念なのは例によってアクティビジョン・ジャパンの陰謀でXbox360版はローカライズ予定ナシ!ガッデム!
しかし、しかしです。
丁寧なチュートリアルに上記のこまめなチェックポイントのおかげで、詰まったように感じても、何度か試行錯誤すれば道は開けます。
「ああ、なるほど!どうりで敵の抵抗が凄いと思ったら、仲間がさっきから叫んでいたのは『脇の路地から迂回しろ!』だったのね☆」
てな具合にね。
エイムに補正もかかるし(オプションで解除も可能)、実はFPS初心者入門編にもよろしいんじゃないでしょうか。
これから入ったら目が肥えすぎてしまうかもしれませんが。
ともかく、買って損なし!英語版ですが自信を持ってオススメです。

これを遊ばない手はないよ〜。
なにしろ、「疲れた疲れた頭痛眠いィ」と唸ってる男が自殺行為的な夜更かししてプレイするくらいですから!(誰か止めてー)
CoD4
【北米版Xbox360】CALL OF DUTY4(Activision)私のは安いAU版(ジャケダサイw)
---------------------------------------------------------------------------
360ゲーはまだまだ語りたいタイトルが山積みなのだけど、とりあえずはCoD4やらしてくださいね♪
posted by るしは at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

[バレットウィッチ]Easyクリア

もしゅ化する前の記事なんですけどね。

【Xbox360】バレットウイッチ、クリア!

勿論Easyですが。
トライデントサーペントは、[間違いしゃがみ]をせず、怨霊魂回避を心掛けたら、案外余裕でありました。
まあ、初期ガンロッドをMaxまでLvあげたせいかもしれませんが。

やー、なんか凄く満足感があります。
勿論このゲームが「私の求める理想形」ではないのですが、私がゲームに求める要素が「全て含まれている」ってだけで稀有なゲームなんですよ。
それだけでも殿堂入りです。
続編、出ないかなァ。

で、早速Normalをやってみました。

確かに・・・Easyが一番難しいと言われるのがわかるなァ。
ステータスが強化されたアリシアさんにとって、一つ上程度の難易度など軽いものです。
あれほど苦労したSTAGE2も、アッサリと一発クリア。

これは・・・確かに気持ちイイかも^^
このままガッツリ進めたい気もするんですが、とりあえず衝動的に買いすぎた洋ゲーを消化するとします。
posted by るしは at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月02日

魔女にしゃがみは…いらないっ

今頃360ユーザーの大半は、もしかしてアネア大陸の上空で空中戦の真っ最中でしょうか?
それとも、絶対数ではコブナントを苛めてる方が大多数といったところかな?
私は今日も[バレットウィッチ]です。
(別に意識的に主流を外してるわけじゃないんだけどな・・・)
------------------------------------------------------------------------------------
ラスボス、トライデント・サーペント戦にて。
初戦にもかかわらずの健闘で(実は大分前にネットで弱点見ちゃってたのだけどね)速攻で[浮遊状態]→[行ったり来たり]→蛇頭2本撃破!
確信しましたね、「これはいける!」 と。
そこに火球襲来!「よし、ジャンプ(LT)で回避!」
のはずが、力んでついLS押し込み(しゃがみ)。 「あー!!!><」
火球3発直撃→色っぽい生天目ボイスと共にアリシアあぼーん(涙)

その後も数回トライしたものの些細なミス死を繰り返してコンティニューしまくりでしたが、いやぁ、めっさ楽しいなぁん。
このゲームのレべルデザインは、もしかしたらとても秀逸なのかもしれない、なんて口走っちゃいそうだ。
プレイヤーの忍耐(集中の持続力)を試すようなヤマ場の難しさが絶妙に感じるのは私がMだからかはたまた・・・
ともかく、そのヤマ場というか、言ってみれば「壁」を越えた瞬間の快感はハンパでなく、飽くなきコンティニュー魂に火をつけるのですよ。

《るしは的「壁」リスト》

▼STAGE.1:冒頭
いきなり、ガイスト兵3人に囲まれてるのには参ったなあ。
ええと操作はこうだっけ〜とコントローラーに視線落としてるとものの数秒でアリシア昇天(笑)
まさにバレッチの洗礼。

▼STAGE.3:ドラゴンバッツ戦
大魔法サンダーが弱点のロにしか効かないと思いこんでたうちは大変でした><
サンダー3発で倒せるんですが、2回目にロを開いた後あたりからの目玉の猛攻(多段ヒットで打つ手なし)を凌ぎきれず…
ところが!
ヤケで開幕直前にドラバツの横っ腹に放ったらダメージ演出挿入!「え?イケるの?」
そのまま目玉を撃ちつつMP回復して最初の開口ポイントでサンダー2発目。
後はMP回復次第3発目→撃破!
思わずガッツポーズです^^

▼STAGE.4:わんこガイスト兵エアボーン
ここは最後まで根気よく丁寧に、7機の輸送へリが降ろしていくガイストたん達を捌いていくしかなかった…
途中、大魔法トルネードが解除されるんだけど、コレ、進行方向ってランダムなのねー。
へリやオブジェクトは派手に舞い上がるのに肝心のガイスト兵が残っててアリシア蜂の巣とか悲しい目にあうこと数回、結局レイブンパニック主体の地道戦法でトライ。
いかに囲まれず各個撃破出来るかが肝ですねぇ。

▼STAGE.6:トライデントサーペント戦
今現在、眼前に聳え立つ「壁」。
これまたわんこガイストたんに通ずるものがありますね。
とにかく戦闘が長期化するので緊張感の持続と正確な操作が求められます。
とにかく怨霊魂が苦手><
でもあいつら撃たないとMP回復しないしなぁ><
ボス戦に突入したのが2時まわってたのがいけなかったかな・・・明日あたり、スッキリした頭でリベンジしたいところ。

もしかしたらガンロッドの別バージョンを使ってみるべきなんだろうか・・・キャノンとか、ガトリングとか。
(今のところマシンガン一本やりなんですが)
posted by るしは at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月01日

魔女に祈りは・・・いらないっ

ドラゴンバッツへのサンダー攻撃は、別にロの弱点狙わなくてもよかったんですね>< (挨拶

本来なら、360ネタとしては[FPSの日B]を書くべきなのだけれども。
ゲーマーカードをご覧の方はおわかりでしょうが、ここ数日、
BW_alicia.jpg

【Xbox360】バレットウィッチ に、ハマっております。今頃。
「へイロー3」そっちのけで、「オペレーション・ダークネス」と「Shadowrun」を開封もせず、まるで「ゴッド・オブ・ウォー2」や「アルトネリコ2」など買わなかったかのような勢いで「バレッチ」中。

購入時(1年くらい前かな?)にはエイミングのし辛さと、被弾感覚のなさにてこずり、2面半ばで放置してたんですがねえ。
DLしたコスチュームも導入すらしてなかったんですが、色々とFPSやTPSに親しんだおかげか(やはりてこずってはいるものの)楽しく遊べてます。
コスチュームチェンジもしてみましたよ。
・・・確かに・・・これは凄いわ・・・この透け具合には執念すら感じますね臼猫さん

やーっしかし、自分が被弾時のリアクション+振動ナシがー番の敵だなぁ><
今4面の、へリがガイスト兵(人間の皮を文字どおり被った悪魔の兵士)をわんこそば的にエアボーンしてくる処で苦戦中><
ちょっと集中力が途切れてライフゲージから目を離すとアリシアたんが色っぽい生天目ボイスと共に崩れ落ちますw

まー、確かに、TPSとしては決して良い点はやれませんね。
「ギアーズ」とか経験しちゃうとクソゲー扱いされても仕方ないかな。
BW_1men.jpg

でも、新規ハード発売直後の和製ソフトにしては、グラフィック(▲1面の空気感は秀逸)や、物理演算たっぷりの背景オブジェクトとか、結構頑張ってると思うんだ。
BW_tornado.jpg

大魔法トルネード(▲)で竜巻を起こせるんですが、建物までバラバラになって巻き上げられる様は圧巻です。その渦の中でジタバタしつつくるくる回ってるガイスト兵達が可愛いの♪
竜巻起こるとちゃんと四つんばいで巻き上げられないように踏ん張るとか、意外と芸コマ!

勿論竜巻が収まれば、巻き上げられた建物やらヘリやら戦車やらタンカーやら死体やらがドカンドカン落ちてきます。(当然当り判定あるので超危険w)
映画「ツイスター」とか思い出してワクワクしますね!

・・・ふと思いついたけど、あの竜巻にまかれて自分も空飛べたりするんだろうか・・・今度検証してみよう・・・

それにしても、ここまで規模の大きな背景オブジェクトへ干渉出来るシステムって、海外ソフトでもあまりないんじゃない?

う〜ん、なんだこの楽しさ。
楽しさと神ゲー糞ゲーはまた別問題なのだなぁ。
あるいは、もしかしたらUSUNEKO-DVDにサブリミナルな何かが仕込まれていたのかもしれない!(笑)

そうそう、敵である悪魔達グロさとキモさもポイント高いのよね。
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

FPSの日A[Team Fortress2]

すっかりゲーム・モードな、るしはです、今晩は。
あまり疲れを引きずらぬまま久しぶりの連休に突入出来たおかげでしょうか。
この休み中、大掃除Part1以外はほとんどゲームしかしていませんでした。
[疲れてる][時間がない]と真っ先に減退するのがゲーム欲なんですが、久しぶりに両方の条件がクリアされたもので、今までの反動か、些か暴走気味です。

こうして遅番勤務中に例によって頭痛に苛まれながらも「早く帰ってゲームしてー!」とか思ってます、この男。
なんか変な脳内麻薬でも分泌異常を起こしてるに違いない。
まー、ホント久しぶりのゲーム満喫なんで勘弁してください。
特に、映画ネタでお越しいただいてる方には、つまらない(つーかわけわかんない)内容だと思います。ゴメンなさいね><
---------------------------------------------------------------------------------
では、FPSの日の続きです。
Teamfortless2_2.jpg

[Team Fortress2]
「The Orange Box」収録の1本。オンライン特化型チーム対戦FPS。
元祖ポリゴンFPS「QUAKE」の有名MODのリメイクだそうで、実に堅実かつ面白い。
「Shadowrun」の複雑な要素に対して非常にシンプル&カジュアルだけど、これはこれでとても楽しい。
シンプルなだけあってチュートリアルがなく、初オンライン時には大変失礼いたしました。
(まぁ外人さん達だったのでコレ読んでるわけもないのですが)

何故かシステムリンク(Xbox360同志を直繋ぎするマルチプレイ方式)を単体(プレイヤー一人)で出来たので、これでマップ構成&おおまかなルールを把握して、その後のマルチは本当に楽しかった。
(一人システムリンクで実績解除出来ちゃうのはどうかと思うけど)

個人的にはキャプチャー・ザ・フラッグより陣取りルールの方が楽しかったんだけど、それも占拠すべきポイントをシステムリンクで理解していたからこそなんですよね。
マップの把握って大事だな〜、と実感しました。
陣(ポイント)取りは自陣から近い順にしか占拠していけないので(コッソリ敵陣奥のポイントをイキナリ占拠は出来ない)前線の移動がわかりやすいため、マルチプレイFPS初心者の私でも結構戦闘に絡めました。
(コレってチーム戦だとポピュラーなルールなんでしょうか?マルチ暦の浅い私は初体験でした)

ヘイローと違って職種によって使える武器は決まっている(武器を拾うという概念がない)のですが、シンプルなゲームデザインにはコレで正解だったんじゃないかな?
シンプルとはいっても一つの職種で数種類の武器、戦法が選べるし、工兵はセントリーガンを設置出来たり、暗殺者は敵側に変装出来たり(変装時のポイント占拠は無理)と、シンプルながら凝っています。

どちらもちょっとしかやってないんだけど、ヘイロー3のマルチより楽しく感じたのは内緒w
ともあれ、そこらへんの検証方々、またマルチに突貫したいタイトルではあります。
Teamfortless2_1.jpg

赤と青に二分されたカラーリングも初心者にはわかりやすくて良いです。

残念なのは英語が喋れない点ね。
ゲーム開始後、戦場へのゲートが開くまでちょっと間があるんですが、そこでの作戦会議に加われないのがなんとも寂しいのです。
英語が喋れたらどんくらい楽しさが広がったのかわかりません。喋れる人が羨ましいなぁ。
せめてヒアリングだけでも出来ればなぁ・・・

そうそう、それぞれの職種紹介ムービーってのがあって、これのノリがまた楽しいんですよ。
追記でペタペタ貼っておきます。楽しいので観てね♪
Team Fortress2職種紹介ムービー集
posted by るしは at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

[ヘイロー3]クリア

掃除ついでに居間と寝室を冬仕様にしたんですが、一日仕事になってしまいました。
まぁでもゴチャついた部屋が綺麗になってよかった。
後はキッチンと書庫をなんとかすれば、早めの大掃除が完了です。
来週あたりに出来るとイイナ。
-----------------------------------------------------------------------------
で、ヘイロー3をクリア(難易度は勿論ノーマル)したのですが・・・

どうにもキャンペーンの冗長さと単調さが気になってしまって心の底から楽しめなかったのが正直な感想。
(これはヘイロー2でも気になった点)
各マップでの戦闘自体はとても楽しく、特にCO-OPでは珍プレイが続出(特に爆風系の死に様)して爆笑モノの面白さなのだけれどね。
私見ですが、キャンペーンだけで判断するなら、同じく「とってつけたような添え物のストーリー」の「ギアーズ・オブ・ウォー」の方が構成のバリエーションも長さも丁度良い塩梅でした。
(勿論その分、ギアーズはマップの種類が少なく、狭く、そして最大対戦人数も少ないのだが)

ストーリーについては途中要所で挿入されるコルタナのF.E.A.R.のアルマみたいなイメージ(独白)がマスターチーフとの個人的繋がりを示唆していて、しかも「コルタナを助け出せ」という物語なので私は勝手に、
「こりゃラストでチーフがコルタナに伝説の樹の下で告白!エンディングは白黒ツートンのフォーマル仕様スパルタン・アーマーに身を包んだチーフとウェディング仕様ホログラム・コルタナの結婚式で、仲人は勿論ジョンソン軍曹」
なんてトンデモEDを期待していたのですが裏切られて残念です。(当たり前だ)

まぁ冗談はさておき、最後まで影の薄いアービターとか、最後まで凡庸な敵だった真実の預言者とか、さして劇的でない主要人物の唐突な死であるとか、ホントにストーリーは添え物だったなぁ・・・
せめて状況自体を緊迫感のあるものにしてくれれば良かったんだけど。
(1はそれで乗り切りましたからね)
実は直前にHalf-Life2を少しプレイして、そのキャンペーンの素晴らしさに感動した後だったので、少し辛口な感想になっちゃったかもしれません。
(Half-Life2の雑感は後日UPする『FPSの日A』で)

しかし、ヘイローの肝はやはりマルチプレイ。
マルチプレイを語らずしてヘイローを語ったとは言えないでしょう。
マルチプレイは一戦外人さんとやっただけなので、もうちょいやりこんでからこちらの感想はUPすることにします。
そうですね、せめて実績『トレーニング完了』を解除してから^^;
posted by るしは at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

FPSの日@[Shadowrun体験版]

連休はイイ。連休は最高です。連休にノーベル平和賞を授与してあげたい気持ち。
で、晴れて(雨だったが)連休初日を迎えた昨日は、るしは的にはFPSの日という祝日に指定してもいいほどFPS三昧でしたので、遊んだFPS色々の雑感などを。(長くなりそうなので分割で)

まずは、
「Shadowrunって、あのテーブルトークRPGのシャドウランだったのね!」
と今頃気付いた私がShadowrun体験版をやってみました。
やはり、異色なFPSですねぇ。
武器だけでなく、魔法や特殊能力を取捨選択するシステムなんですが、その魔法や特殊能力が武器並みに重要です。(その分、武器の種類は少ないのかな?)
[グライダー]で滑空出来たり、[近くにいるとライフを回復してくれる樹]を植えられたり、死んだ仲間を[復活]させられたり、[突風]で敵をフッ飛ばさせたり。
(ドラゴンボールの気合砲を思い出す)

中でも白眉は[テレポート]

8メートル先の進行方向に瞬間転移する魔法なんですが、これのおかげで普通のFPSではアリエナイ戦術が可能です。
[透視]で壁の向こうの敵の位置を把握し、壁をすり抜けて奇襲とか、1Fから2Fへ、敵の背後にテレポートしたりとか、一瞬で間合いを詰めてショットガン叩き込むとか。
(これまたドラゴンボールのVSセル完全体での瞬間移動→かめはめ波を思い出す)
また逆に追われてる場合は弾幕はりながら後ろ向きに壁の向こうに撤退したりもできます。

魔法類はMP制(MPは時間で回復)ですが、中にはMPの最大値を消費するのなんかもあり、どの魔法や特殊能力をセットし、どんな武器を選ぶかで、戦い方がガラリと変わるわけですね。
選択する種族の特性もかなりの差があるようで(ここらへんは体験版では体感出来なかったけど)これは色々試行錯誤するのが楽しそう。
しかし、ただでさえ超の付く方向音痴の私にとって、テレポートという移動手段を考慮した上での立体構造の把握は、かなり難易度の高い要求ですな。
実際、チュートリアル後のBOT戦(自分以外全部NPC)で翻弄されたり、迷子になって孤独にウロウロしてるうちに決着が付くとか、かなり情けない事態に(汗)
が・・・頑張らねば。

ちなみに、コレ体験版のくせにマルチプレイを選べます。
(製品版自体マルチプレイ特化型ソフトだし当然か)
で、いっちょ実戦を・・・と、部屋を検索してみたら・・・

ありませんでした^^;

まぁ、半年以上前に製品版が発売されてるので当然か(笑)
多分今日明日中には製品版が届くと思うので、マルチプレイはもうちょいお預けです。
posted by るしは at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

Portalに始まりアイマスを経てShadowrunに至る雑記

※14:50ちょっと追記&改題

Portal_1.jpg《ゲーム出来ない症候群》リハビリにうきゃうきゃと「Portal」をやり(コレはホントにオススメだ)、大丈夫なようなのでちょっと激しいのを・・・てなわけで(何故か)「WARTECH」をやり、お?大丈夫じゃん?というわけで「Half-Life2」をやったらコレがやたらと面白く、マルチプレイ云々を抜きにして考えると「ヘイロー3」より断然好みだプレイ止まらないぜーとやりまくってたら案の定頭痛が始まってプレイ中断。薬ガブ呑み。
そして頭痛が退いたら眠気が消滅してる罠。あぁん御し難い><。
(そんなわけで更新などしております。眠気カモン!)

ところで「Portal」はシステム的にマルチプレイは無理な構造なんですが、こういう3Dならではの変則的かつトリッキーなFPSでマルチプレイも楽しそうだな、なんて思ってたら、ふと「Shadowrun」(壁をすり抜けられるFPS)を思い出しました。
・・・確かカオス館でアジア版がサンキュッパだったな・・・アジア版Shadowrunは本体の言語設定で音声も表示も日本語になるんだよね・・・
(って『ヘイロー3』手付かずで何考えてんだか・・・)

ところでアイマス最新作「アイドルマスター Live For You !」が発表されるそうですね。
なんでもシュミレーション(?育成?)要素を排し、純粋に「ステージをコーディネート」するだけに絞った内容らしく、ミニゲームに苦労して放り投げた私には嬉しいかぎり。
ただ、おそらくアイドルのコスなんかは前作のDLコンテンツが反映されると思うので、結局あの馬鹿高い(←あくまで主観)DLコンテンツを買わないとステージコーディネートの幅は狭いんでしょうね。
きっと、ステージに配置出来る小物やら大物も配信されるんだぜ・・・興味はあるがそこまですんのか俺?と自問自答。
なんでも期間限定でDLコンテンツが半額だとか・・・でもなぁ。

とか考えてペケペケとキーを打ってたらやっと眠気降臨。
てか4時まわってんのか、2時間しか眠れない><

----------------------------------------------------------------------------
なんか【新着記事】欄にはあるのに、記事欄に反映されてなかったので再構築。
で、通勤時スマートフォンでAmazon見たらShadowrun50%OFFで投売られてたのでポチっとな。
実はツマランのかそれともMS製ということで仕入れすぎたのか、その真価は自分の目で確かめてみるとします。
しかし、Be the Britannian様(最近発見した360系ブログさん)のShadowrunプレイ日記を読むと面白いとしか思えないのよね。

・・・なんかますます「ヘイロー3」から遠ざかるなぁ俺・・・別にヘイローに含むところはないのだが・・・まぁ、明日はいきなりレジェンダリーに突貫して死にまくってみますかね^^
(見かけたら援護射撃お願いします)←基本・他力本願
posted by るしは at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月23日

雑記+「Portal」

11月1日よりXbox360値下げだそうで。PS3の40GBのに対抗した形でしょうか。
対抗するまでもないと個人的には思ったりもしますが、ともあれヘイロー3以降の年内の360ソフトのリリース予定は有り得ないほど潤沢なので、絶好の機会ではありますね。
360未所持の皆様もこの機会に是非是非。ボイチャしよぅぜい。

ボイチャで思い出した!
mizuti氏に続いて、るしはの360勧誘が実を結び、髭ことtamakiti氏が360所有者の仲間入りをしました!わーぱちぱち!
ハード購入の数日後にもうゲーマースコアが1000越えてるなんて連邦のMSは化物か><
奴をFF11に勧誘→あっというまに廃プレイヤーな髭→Lv.20で低迷の挙句引退のるしは、という過去を思い出し、なんか無性に悔しくなってきたので奴にはもうゲームなんて貸してあげません!><
で、(以上閑話)ようやく時間が合ったのでいざボイチャ!・・・と思ったら声が途切れ途切れ・・・にしか聞こえない罠。(聞こえない時間が9割)
やはり・・・これは俺の無線ヘッドセットのせいかな・・・前にうすねこさん達とプレイした時(何故だろう・・・遥か過去の出来事に思える><)もそんな感じだったので、仕方なく有線のを注文しました。(これで途切れ途切れだったら泣くが)
多分「エースコンバット」が届く頃に届くでしょう。

で、やっと本題です。

HL2_Orange_Jacket.jpg【Xbox360】Portal

これは単体のソフトではなく、こちらで触れた「The Orange Box」という詰合わせソフト収録の1本です。
これを昨晩、頑張ってやってみましたー!ってだけなんですけどね。
詳細は上のリンク先の動画を観てもらえば一番なのですが、いやしかし、これは珍しく万人にオススメ出来るゲームですよ。
FPSだけど反射神経は要らず、むしろ観察力と発想がモノをいいます。
それでいて、物理エンジンの恩恵を思う存分体感できるという点で、3Dゲームの入門編としてこれほど優れたソフトもないんじゃないでしょうか。
ぶっちゃけ小学生とかでも楽しめると思う。

私の所有してるのはアジア版で音声も表示も英語のみという難点はありますが、PC版ではローカライズされているので、PCがある程度のスペックならPC版もオススメです。
ってか、PC版ローカライズすんだったら360版もしようよ?

昨夜は実質30分くらいしかプレイ出来なかったので、Portalの実績を1個解除したくらいだったのですが、他の収録ソフトも楽しみになってきました。
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月07日

Fragile Alliance(壊れやすい同盟)

360gameszone様で見たのですが(ソースはコチラ)Xbox360で発売予定のクライム・シューター「Kane & Lynch: Dead Men」マルチプレイ・モードがなんだか楽しそう。
kanelynch.jpg
Fragile Alliance(壊れやすい同盟)と名付けられたそのモードはなかなか一風変わっている。

・プレイヤーは全員銀行強盗側(警備員や警官はNPC)
・強奪に成功した金額が頭割りされ、それがそのままスコアになる。
・奪った金で武装強化可能。(当然その分スコアが下がる)
裏切りが可能。(仲間が減れば取り分=スコアが上がる)
・殺された仲間は警官として復活
・裏切り者はマップ上に位置表示のペナルティ。
・警官は強盗を倒し回収した金の1割がスコアとなる。
・警官は自分を殺した相手を倒すとスコアにボーナス。
・警官は死んだ後の復活はない。


強盗を容易に進めるには仲間がいることにこしたことはなく、しかし、スコアを稼ぎ上位に踊り出るには、裏切りによる報酬倍加が求められる。
しかし、裏切りは=警官の増員を招き、しかも裏切った本人には隠れ場所がなくなるペナルティが。

まだまだプレビューの状態で改善の余地はあるらしいけど、単に殺るか殺られるかではない緊張感を味わえそうで、凄く楽しみだ。
当然ボイスチャットでの声によるブラフやフェイクをありえるだろうから、いやぁ、考えただけでもチキンプレイに徹する自分が目に浮かびますね!w
ここは上手にバランス調整していただいて、「攻略パターン固定」等の弊害が無いレベルデザインにしていらだきたいところです。(言うは安し)

で、この「Kane & Lynch: Dead Men」、素晴らしいことにスパイク様が2008年中のローカライズを発表済み!
これは間違いなく「買い」ですなぁw
さぁ、Xbox360所有の同志諸君!発売の暁には「レザボア・ドッグス」ごっこ(笑)をしようではありませんか!
-------------------------------------------------------------------
ちょっと話は逸れますが、スパイク様が同じくローカライズ予定の「BIOSHOCK」
なんでも音声も完全日本語化だそうで、なんとも嬉しいかぎり。
スパイク様々ですね、まったく!アクティビジョンめ!
posted by るしは at 14:41| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月04日

360雑記:地味なゲームと有名なゲームのお話

Crime Scene Investigationと書くと何だコリャって感じですが、頭文字で見れば(多分)誰でも知ってる海外ドラマのタイトルになります。
そう、「CSI」
CSI_HE.jpg
そのXbox360版ゲーム「Crime Scene Investigation:Hard Evidence」というのが出ていまして(勿論海外でですが)これが今大変興味深いのです。

このゲーム、今360ユーザーの9割がやってるんじゃないかと疑いたくなる「Halo3」同様、主観視点(ファースト・パーソン)のゲームです。
でも、銃は撃ちません
ドラマの方をご存知なら言わずもがなですが、「CSI」は証拠を集めて現場を検証する科学捜査班のお話。
主観視点で犯人を照準し撃つのではなく、証拠品を探してゲットするゲームです。
うわ、地味そう!でも結構な地味スキーなのが私。

この情報は日頃洋ゲーネタ収拾に巡回させて頂いてる某日記サイト様にレビューが載ってて知ったのですが、どうやら証拠を揃えることによってフラグが立つらしく、テキスト主体ではない(洋ゲーでテキスト主体だとさすがにギブ)アドベンチャーということで、かなり気になります。
360のグラフィックで作られた犯行現場を主観視点で宝探し・・・イイね。
実は、カオス館の新入荷ラインナップに数日並んでたのを見ていたのですが、ドラマを熱烈にフォローしていたわけでもなく、ゲームシステムも不明だったのでスルーしていたんですが、ちょっと後悔。
再入荷したら即ゲットしてしまいそうです。否、ゲットします。

ついでに、買っておいて無視しっぱなしというのもアレなんで、話題の「ヘイロー3」の事も。
HALO3_LE.jpg
というわけで公休日の初日が諸事情で潰れ、結果的に単休になったこないだの日曜日の話である。
前からその日は髭が遊びに来る予定だったのだが、そういう事情で案の定ヘトヘトになっており、ここは予定をキャンセルし一人ヘトヘトし続けるのもアリだな、と思わなくもなかったのだが、そんなふうに無為に過ごすだけってのも何か悔しいじゃないの。
前日に楽しいブツたちが届いていることでもあるし。
かと言ってゲームをする胆力もなく、CO-OPお誘いいただいた臼猫さんには謹んでお詫びを・・・本来なら飛びついたトコなのが悔しいっ><
(しかし6時間ぶっ通しでクリアとかスゲーw)
そして、映画に没頭するのもなんとなく危険信号が後頭部でうずうずしているし。
と、いうわけで、布教を兼ね、

髭に「ヘイロー3」をプレイさせ、それを横からまったり鑑賞

という作戦を遂行しましたよ。

うむ、楽しいね、ヘイロー3!
こぶなんと(主にグラント)萌えなるしはサンは、可愛い奴らが髭に容赦なく撲殺されていく様子を見ながらたいそう癒されたといいます。萌え〜
あとヘイローは自分が死ぬ時、客観視点になるのが良いね。(通常は主観視点)
豪快に吹っ飛ばされ手足をバタバタさせながら墜落したところを数台の敵車(バンシー?ゴースト?)に次々轢かれるマスターチーフの姿に大爆笑。

ちょっと気になるのは
「自分がクリアする前に他人にやらせると高確率で積む」
という私のパッシブスキルが今回発動するか否か・・・まぁ、モノがモノだから大丈夫とは思うけど・・・
IMG_0140.JPG

▲ネタ画像:Havokさんの悪戯で戦場の真っ只中に垂直に落ちている銃w
posted by るしは at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。