新着記事

2007年09月19日

でもでもでも

Xbox360の魅力として、やはりコンテンツ・ダウンロードの占める割合は大きい。
一昔前には(雑誌の付録に付いてるの目当てに)金を払って買っていたデモ(体験版)やムービー(予告編)が、タダで手に入る!
やはり実際手で触って(プレイして)みるのって大事だよね。
と、いうわけで、以前、「北米タグでコンテンツのDL出来なくなった><」と嘆きましたが・・・

一部のコンテンツのDLが不可

が正解のようです。って、きっと今更な話題だろぅなぁ・・・
まぁ一応書いておきますと、私が試した範囲では、多分アップデート以降にUPされたレーティングMと未審査のデモ&予告編が駄目なようでした。
「COLL OF JUAREZ」はOKで、「BIOSHOCK」や「BLACKSITE」は、駄目、という感じ。
後は従来どおり映画やTV番組等の版権がらみの映像コンテンツね。
(北米ではこーゆーのも配信してていいよねぇ)
一番魅力的なレーティング(笑)に制限がかかるとはいえ、完全に駄目じゃないとわかって、遅ればせながら、ちょっと安心しましたよ^^;
で、新たにデモ達をDLするのに先んじて・・・

とうとう「FINAL FANTASY11」をアンインストールしました!><
先月で課金は停止していましたが、なんとなく削除は忍びなく思っていたんですが、デモを2つしか保存しておけないという現状(HD残容量)に、いい加減我慢出来なかったもので・・・
まぁ、私のことだから、今からMMOに没頭する、なんて可能性はゼロに等しいと思うので(オフゲーでさえこの有様だし)いい機会だったかな。
アンインストール時に強制的にプレイオンラインも一緒に削除されちゃったのも、むしろ踏ん切りがつきましたよ。
しかし、この仕様って、かなり復帰の意思を挫かないかな?
プレイオンライン(スクエニのネトゲを管理している専用ブラウザ・・・という認識でよい?)は、PS2やPCだと別ソフト扱いで、それだけ残しておけるんですけどね・・・
なんというか『復帰を拒んでいる』感じがしてよろしくない気が。まぁ、私が心配することじゃないですが。
Xbox360でのFF11(というよりXbox Live!上にプレイオンラインのっけるの)って、結構無理やりだったのね〜、なんて素人考えで感じてしまいましたよ。

で、やっと本題!(長杉)
ガッツリとゲームやる時間が無いのでちょこちょこDLしてはプレイしてたデモの感想なんかをツラツラと。

《デモ感想》
Colin Macrae:DiRT
レースゲームその@これはラリーのゲームなのかな?(よくわかってない)
それにしても・・・コリンさん、お亡くなりになられたのですね・・・合掌・・・
デモのラストとかに流れる陽気な声はコリンさんなのだろうか・・・そう考えると寂しくなるな・・・
デモ自体は練習用のコースを走らされるだけで、DiRTのウリのゴロンゴロン横転したりしながら走る感覚が味わえないのが残念。
ああいうサーキットだけ走るのって、どうも駄目だわ・・・山とか谷とか走ってみたかったなぁ。
ちょい消化不良気味。

Flatout ULTIMATE CARANGE
レースゲームそのA
DiRTの画のクオリティを落として、かわりにブっ壊れたり横転しまくったりとか単純な快楽を追求したような、お馬鹿なレースゲーム。
まー、私のような生粋のカーレースゲーマーじゃない人間には、DiRTより向いてるかもw
車体もワザとらしいくらいに壊れていくし、オブジェクトも、どう見ても車より硬そうな鉄橋みたいなのまでガンガン壊れます。
ドカーン!!バラバラバラ!!ゴロンゴロン!!
そんな程度の低い擬音がピッタリ♪
ちなみにかなりスピード上げて激突すると、フロントガラスブチ破ってドライバーが飛びますw最高ゥ!
ゲームモードでも「デスマッチ・ダービー」なんてのがあって、コレは最早レースの体すらなく、単に広場で車のぶつけ合い!
・・・コレ、マルチプレイで対戦とかやりたいわー。
コレは買っちゃうかもしれません。

Medal of Honor Airborne
二次大戦FPSメダル・オブ・オナー・シリーズ初体験!
今作はAirborneのサブタイトルどおり、空挺部隊のお話!
なので、降下中、パラシュートを操作してある程度自分で降下ポイントを選べます!
お約束ですが・・・いきなり敵陣に降下したら蜂の巣にされた><
ややや、なんか楽しいぞw
しかし、問題は私の二次大戦(欧羅巴戦線)の知識の乏しさが災いし、ぱっと見、どっちが敵(独逸)でどっちが味方(亜米利加)か判らないのが難易度を高めています。
いや、照準を合わせればカーソルの色とかでわかるんだけどね><
コンパスみたいなマップにだいたいの位置は表示されるんだけので><
味方だと思って駆け寄ってったらガガガガガガガガガガ!とか蜂の巣ヒドス><
でも、空挺部隊というコンセプトが気に入ったし、ローカライズも決まってるので、コレは日本語版を買おうかな!

TimeShift
SFっぽいFPS。一見ギアーズっぽい。
しかし、実は時を自由に操れる変則的FPS。
そういえば昔、ブリンクスなんとかって時間を操るゲームがありましたね。
やったことないけど、多分それみたいに、時間を巻き戻したりして活路を開かなきゃならないらしく、なんかそこらへんの操作法が直感的にわかんなかったので・・・放置^^;
システム理解したら凄いんでしょうね。
ちなみにグラフィックは綺麗。リアル。
でも、主人公が出来損ないのサイボーグ忍者(グレイ・フォックス)みたいなデモムービーはいただけない。

Stranglehold
かのジョン・ウー監修、チョウ・ユンファ主演TPS。
その布陣にこちらが期待するあらゆるアクションが現実になる吃驚ドッキリTPS。
横っ飛びすれば途端にスローモーション!(その間エイムし放題!)
机なんかの障害物の上は華麗に腰で横滑り!(おかげでとてもスピーディーにアクション出来る!)
複数の敵に囲まれ銃を突きつけられるお馴染みのシーンも、イベント的なアクションで再現!(これは巧いと思った!)
ゲージを消費して出来るスナイプ・ショットも、弾丸視点キタコレ!(思わず多用しがちw)
そして・・・鳩が飛びます!!
で、最高なのがマルチプレイ!
これはデモ終了後に流れるデモムービーで確認できるんですが・・・みんな横っ飛びして撃ち合ってるのに吹いたwww
いやぁ・・・思わずアジア版買っちゃいましたよ^^;

SKATE
EAがトニー・ホークに対抗して出したX系スケボーゲーム。
ちょっとやってみましたが・・・トニホよりこちらの操作の方が自分に合ってる気がするなぁ。
どうも箱庭系らしく、テストドライブみたいに「ミッションはあるけど好きに走りな!」なシステムっぽく、そこらへんも好み。
EA,ローカライズしてくんないかなぁ・・・
ハリポの件もあるから、しばらくはローカライズを期待して輸入版には手を出さないでおこう。
ぶっちゃけStranglehold買ったの、かなりヤバイのよね^^;

Spider-Man:Friend or Foe
なんか昔懐かしい感じのアクションゲームですね^^
昔懐かしいとはいえ3Dポリゴンですが、スクロール・ベースなとことかね、懐かしい。
そして、スパイディがグリーン・ゴブリン、ドック・オク、サンドマン、ベノムと協力して戦うというコンセプトがお祭りっぽくて良いw
あと、ニュー・ゴブリンとか、マーベルコミックのキャラも多数出そう。
基本、映画版準拠なのは、映画からスパイデイに入った私には助かるな。
凄くポップにしたスパイディだけの「MARVEL ULTIMATE ALLIANCE」って感じもする。
これは輸入版即ゲットってほどじゃないけど、ローカライズされたらつい買っちゃいそう。
つーか、ニュー・ゴブリン(ハリー)が生きてるのがなんか嬉しいよw

SEGA Rally
レースゲームそのB
多分、ジャンル的にDiRTと被ってると思うんだけど、DiRTの挙動とかグラフィックとか見た後だと辛いものが・・・
「基本的にコースアウト出来ない」仕様も興が醒めるというか・・・せっかくグランドキャニオンっぽいコースなんだから崖から墜落したいじゃん。
もしかしたら往年のセガラリーファンには「これこれ!これだよ!」なのかもしれませんけどね・・・
う〜ん、DiRTのデモでこんくらい色んなコースを走れたらなぁ・・・

------------------------------------------------------------------
あと、LIVEアーケードに「トリガーハート・エグゼリカ」「斑鳩」がくるみたいですね!
やー、大好きなんですよ、「トリガーハート・エグゼリカ」「斑鳩」!
DC版では十字キーがちょっと合わなくて(指が半端なく痛くなるのデス)挫折したので、これで雪辱を晴らせるかと思うと楽しみだなぁ!
posted by るしは at 02:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月01日

休憩時間に、職場よりゲームの噂

とにかく「FFCC」なので身近なDS所有者はとりあえず買っとけ!(挨拶

現在の公休日は土日なわけだが、ここしばらくその前日の金曜日が午前6時起床→午前1時帰宅の通し勤務であり、これが公休中のるしはの活動限界を著しく短縮している要因に思えてならない。(愚痴
そんなわけで、これを書いている現在店で休憩中なわけで、FFCCについて熱く語る時間は無く、また他所から噂レベルの話を引っ張ってきてお茶を濁すのだった。(いいのか、これで)
left4dead_EAkamo.jpg
360GamesZone様がソースなのですが、PCと360で発売予定の走る系ゾンビFPS「Left 4 DeadEA(エレクトロニック・アーツ)が発売元になる線が濃厚という
EAといえば、ファミ通Xbox360最新号でもローカライズを連発、「OBLIVION」のローカライズで360ユーザーの心をガッチリ掴んだスパイク様に続いて要注目パブリッシャである。
こうなると期待しちゃうのが、

Left 4 Dead日本語版の発売♪

やっぱ日本語で遊べるに越したことはないですからね・・・というわけで、ちょっと心情的に信じたくなる噂でありました。
(あくまで噂ですので^^;)

で、ローカライズと言えば、今週のファミ通で「TRANSFORMERS THE GAME」のローカライズが発表!!

・・・って、またPS2とPS3とWiiだけかーっ!(ノ`□´)ノ⌒┻━┻

おのれアクティビジョンめ・・・貴様360に恨みでもあるのか・・・
(まぁ、理性的に企業の立場に立って考えるとわからんではないけどね・・・^^;)
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月31日

F.E.A.R.マルチプレイ

「F.E.A.R.」のキャンペーン(シングルプレイ)ですが・・・早速、詰まりました^^;
チェックポイント過ぎた時点でライフ残24、回復アイテムなし!
しかもかなりの強引突破を試みた結果、後ろから追っ手が肉薄してる状態でオートセーブですよ!><
追っ手はなんとか片付けられるとして、問題はその先・・・装甲で身を固めてやたら痛い一発(ライフル?)を撃ってくる怖い奴&レプリカ兵がワラワラと待ち構えていて(涙)
で、死んだら上記の過酷なチェックポイントから再開><イヤァー!
FEAR_SS01.jpg
これは難易度落としてミッションの頭からやり直しかなぁ・・・
(ノーマルでやってるので、その下があるのだ)
それとも慎重に行けばなんとかなるんかしらん・・・腕の差?それは言わないのがお約束☆

そんな感じの停滞を打ち破るべく、つい、マルチプレイをやっちゃいました。
ランクマッチ(公式に記録が残る)のデスマッチ(時間内は復活し放題の殺し合い形式)で、面倒臭いからクイックマッチ(おまかせで適当なマッチングに乱入)!
案の定、英語圏の方々の中で日本人一匹状態で殺し殺されしてきました。

やっぱ、楽しいな、マルチプレイ♪

「F.E.A.R.」のマルチプレイはオカルト要素ナシの、ぶっちゃけ何の特色もない平凡な対戦FPSなんだけど、それでも楽しかった!
マルチプレイってだけで、楽しいんだよね。
こりゃ「HALO3」も充分楽しめそうな予感。
もうちょい早くコレやってたら、「シャドウラン」にも手を出してたかもね〜
(って、言いつつ出したりして^^;)

あと、『シングルとマルチで画質に差がある』っていうのを初体験しちゃいました。
キャンペーンに比べるとビジュアルや動きなど、諸々ダウングレードされてる感じです。
オンラインで、しかも最大16人という仕様の弊害なんでしょうね。
ちなみに、上のキレイな画像は公式から転載したキャンペーンモードのものですので、悪しからず。
マルチの画像もUPしたかったけど・・・さすがに対戦中にデジカメ構える暇はナイっ^^;

しかしこうして見ると、キャンペーンとマルチにほとんど差が見受けられない「ギアーズ・オブ・ウォー」は凄かったんだなぁ・・・
(ま、ギアーズは最大8人だけどね)

残念なのはワイヤレスマイクの電池が切れてて、奴らに生の日本語(の断末魔や命乞いw)を聞かせてやれなかったこと。
今晩はきちんと充電をセットしてから寝なければ。

ちょいとマルチプレイ気分が盛り上がりつつあるので、「ギアーズ」「ロストプラネット」でも出没するかな?
そういや「ロスプラ」はDLコンテンツの対戦マップが無料化されたんだっけ。
とりあえずDLしとくかな・・・
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月24日

ワイヤレスレーシングホイールが・・・

hatunetu.jpg
「Xbox 360™ ワイヤレス レーシング ホイール」の使用に関する 重要なお知らせ (公式HP)

ACアダプターを接続してプレイすると、最近何かと流行りの「異常発熱」や「発煙」が起こる可能性があるそうです。
「発火」に至っていないのは、使用頻度が限られる専用コントローラだからかなぁ。
とりあえず、現状での対応は、
対策の提供まで、お客様には同製品のACアダプターのご使用をお控えいただくこととなります

※乾電池またはリチャージブル バッテリー パックでのご利用の際には、フォース フィードバック機能 (センタリング機能を含む) が使用できません

う〜む、ちょっと致命的。
このコントローラをACアダプタ以外で使ってるユーザーっているんだろうか?
フォースフィードバックはこのコントローラの肝ですからね。
▲の公式ページからユーザー登録が出来るので、とりあえずは対策発表を待ちますか。
posted by るしは at 14:40| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月22日

WELCOME TO RAPTURE

うすねこさんのDEMOプレイ動画でわかっちゃいたんですが・・・
IMG_0131.JPG
冒頭の旅客機墜落からなんとか海面に浮かび上がった主人公を囲む、炎に巻かれた海原の光景からしてもう凄くて・・・
ゆらめく海面、燃え盛る炎、舞い散る火の粉・・・しかも、

ここ、プレイアブルなんだぜ?
(画面をデジカメで直撮りなので、そこんところ差し引いて見てください)

IMG_0132.JPG
沈みつつある尾翼部分。(ゆっくり沈んでます。これが後の展開に絡むのが凄い)

IMG_0133.JPG
やがて主人公がからくも辿り着いた海面に聳え立つ塔。
その中の異様なエレベーター乗った主人公が観たのは・・・

御免。こっから先、画面撮るどころじゃなかったわ。

レトロフューチャーというかゴシック調というか、かなり独特な都市デザインは、これまでの「〜みたい」な、リアリティを既視感に頼るステージとは一線を画し、しかも、あらゆるオブジェクトがhavokさんで物理演算されてて「そこに在る感じ」が怖いくらいにある中で、いつ何時、物陰(陰影の表現が素晴らしい。暗闇マジ怖い)から、あるいは曲がり角の向こうから、狂った人間(精巧な人形?)がスパナを振りかざして襲ってくるともわからない。
しかも怖いのは悪夢的な敵だけじゃなく、沈んできたさっき旅客機の尾翼が主人公がまさに通っている最中の海底通路に突き刺さり、猛烈な海水の奔流の中を駆け抜けなければならなかったり。
水圧に負け、ひしゃげるハッチ!噴出すリアルな水飛沫!飛び跳ねる魚!・・・

なにこれ・・・凄いんですけど。

おそらく、まだ体験版の範囲内に違いないのですが、ロケーションの実在感だけでここまで唸らせるってのは、前代未聞なんじゃないでしょうか。
体験版をプレイした人のほとんどが購入を決めてしまうのも、なるほど肯けます。

このゲーム、所謂SANDBOX型(ステージを自由に行き来可能)らしく、こんな実在感溢れる狂った都市を気ままに闊歩出来るなんて、それだけでも幸せ・・・

これはローカライズでしょう。これはしなくちゃ駄目。
会話や台詞が重要っぽいから、絶対ローカライズ希望!
ここはやっぱスパイク様に祈願すべきかしら?
それともマイクロソフト本体に?
ああもう、いっそ2K JAPANとか設立しちゃって!

あ〜、まいった。どれから先にやればいーのよ!?(こんなんばっかだな俺・・・)
「OBLIVION」はじっくりやりたいし、
「TRANSFORMERS」だってディセプティコン側で破壊行為に勤しみたいし、
「F.E.A.R.」だって怖面白くて先が気になるし、
だいたいマウイ島で教習受けなきゃならないわ、崩壊した未来都市で超能力集めもしなきゃいけないし、火星だって地獄の門が開いちゃって大変だし、だいたい来月にはコヴナントが襲来とか・・・

やるゲームありすぎて消化が追いつくはずないじゃん!><

こんなに素敵ゲームが豊富なのにハードが全然普及しないなんて、きっと日本って国が間違っているに違いない。
そりゃ参院選で大敗するわけだな!(関係ない)
posted by るしは at 14:20| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カオス館、仕事速すぎ^^

入荷連絡が一昨日の夕方だったので、
「到着は翌々日だろうなぁ、この隙に『OBLIVION』や『F.E.A.R.』をもうちょい進めて優先順位を確立しておかねば・・・」
なんて考えてたら
IMG_0128.JPG

キタ。( ゚д゚)ポカーン

いやもう来ちゃったらやるしかないわけだけどもさ・・・なんかせっかく構築を目論んだゲームプレイ計画がいきなりカオス化・・・ああん。

ところで、よく海外製大作映画DVDの初回に付いてるDVDトールケースがスッポリ入る外箱(ケース)
このソフトもソレに入ってました。
この手のケースで嬉しかったのは、「THE HILLS HAVE EYES」UNRATED(無削除版なのだ)の文字が浮き彫りみたく盛り上がってたトコですが・・・

「BIOSHOCK」もジャケ絵のビッグダディと少女が浮き彫り的に盛り上がっててイイ感じ♪
まぁ、豪華ビッグダディ人形付き限定版▼にはかないませんが^^;
BIOSHOCK_GENTEI.jpg
・・・これ取り扱ってる輸入ショップがありましたらご一報ください♪

それにしても、通常版「BIOSHOCK」のパッケージ。
ずんぐりした無骨なロボット(実は潜水服)と、傍らに銃(実は怪しい注射器)を構えた少女という構図を見て・・・

某サクラ大戦を思い出したのは私だけでしょうか?

「海底都市RAPTUREに浪漫の嵐!」

・・・すみません、実は全然詳しくないんですサクラ大戦・・・orz

とりあえずRAPTUREに行ってきます!(・ω・)ノシ
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月21日

ジャパニーズホラーなFPS

昨日の夕方、カオスより「BIOSHOCK」入荷の報を受けたるしはは焦った。
なにしろ前日にプラットフォームを同じくする同ジャンル(FPS)のゲームを購入しちゃっていたからだ。
「北米Xbox版DOOM3」の続編(正確には拡張パックだが)「RoE」は、まだ前作をクリアしていないからイイとして(イイのか?)、もう一個の方は、もし「BIOSHOCK」が海外ゲームサイトのレビューどおり(ほぼ満点)に面白ければ、下手をすれば「積み」になりかねず・・・
それはちょっと申し訳ないというわけで・・・
FEAR
【北米版Xbox360】F.E.A.R

タイトルは、First Encounter Assault Reconという、主人公が所属する特殊部隊の略称なのですが、勿論、そのものズバリ「Fear=恐怖」でもあり、作品内容を上手く表しています。
版権か何かの理由で、開発中の続編にこのタイトルが使えなくなったのは、惜しいですね。
(タイトルの一般公募なんかもされているようですが、どうなりますか)
もうちょい具体的に内容を言い表すと・・・

ミリタリーFPS+オカルト(『リング』『呪怨』系)

ジャパニーズホラー(時期的に『リング』あたり?)の影響が強く感じられるこちらのトレーラーを観て頂ければ、どんな感じかわかっていただけるかと。

振り返ると少女の霊が立ってたり、背後をいるはずのない人影が横切ったりして・・・
Alma_2.jpg

・・・こっ、怖いっっ><

しかし、怖いもの見たさで、ついつい続けてプレイしてしまいます。
耳元で女の子の囁き声が聞こえて「ひゃあー」とか、
突然、眼前に死者のどアップ(幻覚?霊視?)で「ぎゃー」とか、
かなり喧しいプレイヤーです・・・って、マジで怖いんですケド・・・

そして驚いたことに・・・

ここ最近では「OBLIVION」に匹敵するほどの没入度です。

まだまだ導入部なのだと思いますが、「つかみ」の強さは、「THE DAEKNESS」をはるかに上回るんじゃないでしょうか。
(『THE DARKNESS』は中盤から凄く盛り上がると言う噂)

敵(人間)の挙動がとてもリアルなのも良いですね。
私は普段、あまりミリタリー系(リアル寄り)のFPSはやらないので、もしかしたらリアル系FPSでは当たり前なのかもしれませんが、単に突っ込んでくるのではなく、ちゃんとカヴァー等のアクションを見せてくれるのは凄いと思いました。
援体を挟んで睨み合いのまま数十秒・・・しびれを切らして私が突っ込んだら、まんまと迎え撃たれたりと、
「まるで人間と戦ってるみたい」
って言うのは、言いすぎかもしれませんが、今となっては古めの作品なのを考えると、結構頑張ってるんじゃないかと。
(最近の作である某ヴェガスとか、みんなこんななのかなぁ・・・スゲー)

しかし、うすねこさんがデモ版で指摘した「居るはずの敵がいつの間にか消える」は、360製品版でも散見されますね・・・
好意的に解釈すれば「怪現象同様の、神隠し」ともとれますが・・・そうだとしたら思わせぶりな演出が入ると思うので、多分バグなんでしょうね^^;

実はこのゲーム、PC版、しかも日本語版を持っていたりします。
確か、怖さより「難しさ」で挫折した記憶があるのですが・・・
何故か今回、PC版より先に進めてる私・・・
あれれ?おかしいな?FPSは、むしろマウス操作の方が上手いハズなんだけど?
360版は難易度下げてあるんかしら?
それとも、「ギアーズ」とかするうちに、コントローラー操作に慣れてきたのかしら?

ちなみに、PC版の発売(ローカライズ)元は、今は亡きLivedoorGAMES
例の粉飾騒動でなくなる直前まで、PCソフトのローカライズを頑張ってくれてただけに、残念でした。
(あの頃は私もゲーム=PCでしたから、なおさらに)
堀江氏はどうでもいいですが、あのレーベルは残って欲しかった・・・まぁ、おそらく元から採算の悪い部門だったとは思うけど。

ところで、前にファミ通で発表されたPS3版はどうなったんだろう?
(360の『QUAKE4』もね・・・)
posted by るしは at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月20日

北米版BIOSHOCKはリーフリ

予約していたカオス館から入荷のおしらせが来ました。
BIOSHOCK
この【北米版Xbox360】BIOSHOCKは、
「リーフリだったら北米版を、駄目だったら9月下旬予定のアジア版で」
と、お願いしていたもので、つまり、北米版はリージョンフリー
さあ、みんな安心して注文しましょう(笑)

・・・しかし・・・ってことは早ければ明日にブツが届いちゃうのか・・・
「OBLIVION」もまともにやれてない上に昨日のブツもあるというのに・・・
アレだなぁ、もうちょっと意識的に「ゲームやる日」を設定しないと駄目なのかな、俺・・・orz
posted by るしは at 18:48| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月17日

Diablo meets Mad Max!

アクセスカウンターが壊れたかと思ったら、現時点で昨日の北米タグ記事だけに180アクセスとか、どんだけ同じ苦渋を舐めた同志がいたんでしょうか、どんだけ〜。
(これ、流行ってるの?『どんだけ〜』って奴。元ネタ知らんけど)
ま、タイミング的に帰省先で「BIOSHOCKデモ配信」の噂を聞きつけ、UターンしていざDLしようとしたら、って酷なタイミングだもんなぁ・・・
そういう同志は、せめてうすねこさんちにUPされてる動画を見て「こりゃ買いだ」と洋ゲー世界に飛び込んでみませんか?

で、また洋ゲーの話なんですが。
borderlands1.jpg
▲は海外のゲーム雑誌の表紙ですね。(たぶん)
その表紙を飾っているのが、「Borderlands」。
ソースは360 Games Zone様のコチラの記事で、なんでもキャッチフレーズは

Diablo meets Mad Max

マッドマックスな世界観でディアブロ!・・・ス☆テ☆キ

他にも記事内には
サイバーパンクRPG一人称シューター」とか
無数とも言える豊富なミッションや環境、敵、武器、アイテム設置場所、キャラクター」やら
4人でのオンライン協力プレーにも対応しており、いつでもお互いのゲームに参加/退出が可能。」だの
シングルプレーのキャンペーンを全て協力してプレーする事が可能
みたいな魅力的な文字が乱舞しております。

これがホントなら、「ヘルゲート:ロンドン」を脅かす存在になるかもしれませんね。
新しいトレーラー見るたびに「あー、こりゃもうウチのPCじゃ無理だな」と「ヘルゲート〜」に絶望する一方の私にとっては、魅力的な代替ゲームの登場かもです。

製作は最近「THE DARKNESS」や「BIOSHOCK」でブイブイ言わせている2K Gamesですから、否応無く期待も高まろうというものです。
プラットフォームは最近主流のXbox360、PS3、PCのマルチ展開。
発売は2008年のホリデーシーズン(予定)とか。
首を長くしてリーフリなのを期待するとしましょう。あと続報もね。
早くゲーム画面見たいなぁ。
posted by るしは at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月16日

さようなら北米タグ

Xbox360の近日発売予定の洋ゲー「BIOSHOCK」。
実はスルーする気満々だったのです。
同ジャンル(FPS)の「THE DARKNESS」にちゃんと手をつけてないから、というのが一つと、やはり根本的に(コントローラーでの)FPSは超下手なので。
しかし、うすねこさんとこの記事を読んだらムクムクと興味が^^;
「音が怖い」とか言われたら(まぁウチの音声出力はショボイので意味内のですが)そりゃぁ試したくもなります。

早速、北米タグでサインイン。
北米マーケットプレースから「BIOSHOCK」のDEMO(無料)を、はい承諾してDL!
IMG_0122.JPG

・・・orz

久しぶりの本体起動時にアップデートがあったと思ったらコレか・・・
ついに北米タグで日本(他地域)からの体験版やムービーのDLにも規制がかかったようです。
まぁ、「規制する」ってのはアナウンスされてたので、いずれ来るとは判っていたのですが、アナウンス後も一部の版権モノ映像コンテンツにしかかかっていなかったので、思いっきり油断しました・・・

試してないけど、北米のみのアイコンやテーマも駄目なんだろうなぁ・・・
(嗚呼、シルフの、そしてTRANSFORMERSのテーマよ・・・)

仕方ないとは言え、個人的にはXbox360の大きな魅力の一つがなくなった事は、少し、寂しいな・・・クスン
posted by るしは at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月10日

ショッピングモールの次は島

そういえば最近、学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEADの感想をすっかり忘れてるなぁ・・・
勿論、飽きたとかつまらなくなったというワケじゃないのよ?
なかなか語るべきことのある展開に、昨日発売の9月号には漫画は休載だけど佐藤氏(原作)による前日談が載ってるしね。
まだまだプッシュしてゆきますぜ。
じゃぁ、とっとと感想上げろって?・・・ゴメンナサイ(汗)
deadisland_1.jpg
で、ゾンビ繋がりでゲーム方面のお話。
ポーランドのTECHLANDってメーカー(代表作『CALL OF JUAREZ』『WARHOUND』ってワカンネ・・・orz)が素敵なゾンビゲームを発表です。
タイトルは直球で「DEAD ISLAND」
上のトロピカル〜ンな観光地って感じの島(やはりハワイあたりがモデル?)が、一転・・・
deadisland_2.jpg

deadisland_3.jpg

deadisland_4.jpg
こんな大変な事に!
「ハワイの観光地が大変」と言えばダン・シモンズの著作「エデンの炎」(傑作!)を思い起こしますが、う〜ん、ビジュアル化するとまさにこんな感じでしょうか。
「エデン〜」は太古の神々が悪さをする、言ってみれば現代版「もののけ姫」でしたが、コチラはゾンビ!嗚呼、ゾンビ黒ハート
deadisland_5.jpg
勿論、英語ヨクワカンネなので詳細は判りませんが、ハワイという土地柄を考えると、太古の神々がゾンビ現象に絡んでいる可能性は否定できません。
むしろ、大いに期待したいところです。
最近のゾンビ物はウイルスや生物兵器ネタがほとんどなので、たまには土着系ゾンビでサンゲリアと洒落込みたいところですよね。

で、システム的には「箱庭系」らしく・・・
「ハワイの島」で「箱庭」と言えば思い起こすのは「テストドライブ」
あんな感じに自由度最高なゾンビゲーになったら・・・ことによっては「デッドライジング」を越えるかもわかりませんね。
と、気の早い期待がムクムク膨らむ私です^^;

これは・・・多分ローカライズは難しいんだろうなぁ・・・
せめて、リーフリかアジア版が出ますように!
あとCO-OP希望!w
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月06日

お試しOBLIVION観光日記(3)

・・・もう、頭の中は「トランスフォーマー」のことでいっぱいです。

もしかして、これは・・・恋?

そんなわけで、本当は「秒速5センチメートル」の各話別感想とかやろうと思ってたんだけど、朝から「TRANSFORMERS THE GAME」
バンブルビーでキューブ集めにドタバタ奔走しておりました。
嗚呼、幸せ黒ハート
しかし、映画を経ていると、ゲーム版は人間(特に軍人連中)が完全にスポイルされているのが物足りないなぁ。
警察や軍はオートボットもディセプティコンも構わず攻撃してくるのだけど、やはりレノックス大尉達との共闘はやってみたかった!
最終面の対メガトロン戦(正確にはその後にボーナス的な1面があるけど)には、彼らがいたらもっと楽しかったと思うよ!

しかし、丁度その日はが「OBLIVIONやらして〜」と来る日だったので、「TRANSFORMERS」は中断してキャラメイクから体験させることに。

う〜ん、やっぱ凄いな。
やる人間(プレイスタイル)が違うだけで、展開がか〜なり違う。
ま、イキナリ本筋放置で田舎の雪景色散策に向かった私も悪いんだけど^^;
メインクエを進めると仮の倉庫を使えることを知り、荷物の重さに喘いでいた私は、「こりゃまず本筋だな」と決意。(このゲームは重量制です)
髭のプレイ後に、早速下界へと向かうのでした・・・
IMG_0104.JPG
その途中で撮った一枚▲。夕焼けの帝都。綺麗〜。

その途中で、村人全員が透明人間にされちゃった村で見えない村人の愚痴を聞いてるうちに、また横道に逸れはじめる私・・・(なんでこう脇道志向なのか・・・)
その夕闇の迫る透明人間村の畑の作物をご紹介。
IMG_0105.JPG
▲スイカ

IMG_0106.JPG
▲カボチャ

IMG_0107.JPG
▲レタス

こういうところが好きなんだよね〜。

さて、上記の愚痴依頼は、どうも悪い魔術師かなんかが絡んでるっぽいのでほっといて(笑)
そこらへんで髭がご帰宅。
ちょうど雨が降ってきたんですが・・・
IMG_0108.JPG
ゲームの中でも雨が降ってきたので吃驚。(ちゃんと見えるかな?)
雨宿りに砦の廃墟みたいなのに入ったら、なんと盗賊か邪教集団(?)の根城でした。
ここで射手の本領発揮!
隠密モード(しゃがみ移動)で接近し、弓矢でスナイプ!
敵が気付いていない状態での攻撃はダメージボーナスがあるので、弓矢の一撃でもダメージ×3でほぼ即死
こ・・・コレは楽しい・・・(楽しすぎて撮影を忘れた奴^^;)
結構余裕で怪しい連中を殲滅し、またブラブラしてたら別の廃墟に洞窟を発見!

今度はゴブリンの巣窟でした。
IMG_0109.JPG
中では不幸にも命を絶たれたトレジャーハンター氏の遺体が・・・
実はコレ、トラップになっていまして。
接近しすぎると四方の柱から矢が飛び出す罠だったりします。
ゴブリンも結構頭イイのか、それとも、これもこの建物に元来備わった侵入者除けなのか・・・
IMG_0110.JPG
ゴブリンさんにもスナイプ炸裂でイイ感じに殲滅。
と、思ったら、結構広いダンジョンであることが発覚。
ちょいとセーブして、続きはまた今度!
---------------------------------------------------------------------
う〜ん、キャラメイクし直すはずが、なんか続けちゃってるなぁ・・・
このまま継続してもいいんだけど、OLDさんの子とか見ちゃうと、
「やっぱ綺麗な女性キャラかしら!?」
と、本来のプレイスタイルが疼きます。どうしようかなぁ?
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月02日

お試しOBLIVION観光日記(2)

IMG_0094.JPG
盗賊を弓矢でスナイプしてたら夜が明けました。
嗚呼、朝日が眩しいにゃ。(あ、いかんトカゲなのに猫語が)

やはりPC版に比べると美しさでは劣るのですが、
IMG_0093.JPG
それでもMyPCのショボいグラボで描画されたモノよりは遥かに美しい景観がそこに。
やはり・・・イイね。
まるでMMORPGのフィールドを歩いているが如き広大な大地。
早速メインクエスト無視して山の方にぶらぶら散策。
IMG_0095.JPG
さすが高地ですね。まだ雪が残ってる。

IMG_0096.JPG
お、鹿さん発見ー。うろついてるのが敵だけじゃないのもイイですね。
まだ木々が生い茂っていたもうちょい低い場所では、群が元気良く飛び跳ねてたりもしました。
う〜ん、和むわ〜。

IMG_0097.JPG
かと思えば、道端に複数の死体が・・・
タゲってみると、どうやら警備隊と盗賊の遺体のようです。
ここで相打ちとなったのでしょうか・・・なんかドラマを感じますね。
(そして遺体を漁って身ぐるみ剥がすトカゲ人間w)

こうやって目的もなくに歩き回ってるだけでも楽しいのがヤバイ。
これはしばらく没頭出来そうです。
誰か数ヶ月休みを下さい。

さて、最北の街ブルーマにたどり着いたのですが、ここでも色々ありました・・・
宿屋に一泊して起きたら、ドアの向こうから喧々諤々の話し声が。
かと思ったら変な奴が勝手に室内に侵入してくるし・・・(話し声に聞き耳を立ててるっぽい)
コイツめ、こらしめてやれ!と、軽〜く攻撃してみたら、

逮捕、投獄されました・・・

仕方ないので刑期を勤めて出所・・・早速前科者か・・・orz
(まぁ、もともと囚人なwくぁけだけども^^;)
例の宿屋に戻ったら、不法侵入野郎は先日の攻撃をまだ覚えていて、いちゃもんをつけてきました。
う〜ん、凝っているなぁ。
(ってか、手前が勝手に人の部屋にだなァ)
しかし、宿屋の主人は優しかった!宿代も一緒。心に沁みますねェ。
そんなわけで不法侵入男に腹立てつつフテ寝。
で、起きたら・・・

目の前にまた侵入者が!
しかし、この見るからに怪しい人物は、ホーンテイル(私)に手紙を渡すと思わせぶりなことを言って去っていったのでした・・・

どうやら盗賊ギルドへの紹介状みたいです。

どこからか昨日の悪行を聞きつけた盗賊ギルドが、スカウトをしに来た様子・・・

ヤバイ。俺見張られてる!?

慌ててブルーマを飛び出た私は、門の外でボロい馬屋を発見。
IMG_0103.JPG
なんとそこにブチ模様のお馬さんが!!
しかし、どうも所持金が足りないのか購入が出来ません。
仕方ないので、

IMG_0101.JPG

盗みました。
(こうやって道を踏み外していくのね・・・)

う〜ん、さすがに馬だと旅の道程もラクチンですね♪
と、しばらく馬上に揺られていたのですが、ふと、鞍から降りると・・・
IMG_0102.JPG
トボトボともと来た道を引き返し始めるおんまさん・・・(泣)

可哀想なので馬屋まで帰してあげました・・・そのうちお金を貯めて正々堂々迎え入れよう・・・それまで、さらば、愛しのブチ!
(馬屋の女主人はブチ馬は世界でここだけって言ってたけど、本当かなぁ?)

-----------------------------------------------------------------
・・・って、いくらでもプレイ日記を書けてしまうのがOBLIVIONの怖いところだ。
ただ、没頭するとカメラ構えるのを忘れてしまい、画像が撮れないという現象は、まま発生しますけどね^^;
(上記の投獄のあたりがそう^^;)

最北の街では、ここだけでも他に《吸血鬼疑惑事件》とか気になるクエがあって、しかもそれが強制的に始まるイベントではないのがグゥ。
上記の投獄から始まり盗賊ギルド云々の展開も、不法侵入者に攻撃を仕掛けなければ体験することもなかったわけで、自由度に負けない、豊富なイベントは凄いなぁ。

ま、町の人の台詞を全てフルボイスにした弊害か、ある程度台詞が共通化され、文節によってはオヤジがいきなりオネエ言葉になったりするのは、ちょっと笑ったけどw

さあて、どうしようかな。
お試しで作ったトカゲ君で進めちゃってはいるものの、魔法使いに適した信仰選んだくせに狩人(アーチャー)志したりとか、かな〜りテキトーな進め方しておりまして、軌道修正かけようか思案中。
(最初の選択はあまり関係ないっぽいけど)
ぶっちゃけ猫族で進めたいという本音もあるし、人間系でイカしたキャラメイクをしたいという欲望も無きにしも非ず。

色々試したいなぁ。
とりあえず次の休みまではトカゲでぶらぶらするとしますか。
盗賊ギルドはどうしましょうかね?この際、入っちゃう?
(てか、本筋を無視しすぎかしら^^;)
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月01日

HALO3のCO-OPがスゲー!

HALO_COOP.jpg
まだまだ一般ピープルには聞きなれない単語、【CO-OP】
オンライン対戦モードとは別に、従来は一人プレイ専用だった所謂ストーリーモードを複数のプレイヤーで進められるモードです。
昔のファミコンとかでもあった【二人同時プレイ】ってやつですね。
それを、常時接続前提ハード(PCやXbox360)によって、オンラインを介して遠く離れたプレイヤー同士にも可能にしたというものです。
(説明、合ってます?)

私も初体験はXbox360の「ギアーズ・オブ・ウォー」でと、つい最近の事です。
普通にプレイ中のシングルモードに、何の違和感もなくフレンドを招けたりするのは、結構衝撃でした。
それが、近日発売の「HALO3」では・・・

4人でCO-OP出来るんですって!!(ソースはGameSpark様

まだ詳細はわからないので、ギアーズなんかと同じように気軽に可能かはわかりませんが・・・たのしみー。
うううう、OBLIVIONから離れがたいのに、HALO1、2で予習もしたいよ・・・
posted by るしは at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お試しOBLIVION観光日記

【Xbox360】THE ELDER SCROLLS IV OBLIVIONみたいな広大な箱庭世界ゲームをしていると、やはりゲーム画面をキャプチャーしてUP出来る環境の方々が胃が痛くなるほど羨ましくなります。
で、胃をかかえて呻いていたら、ふと気付きました。

そういや、デジカメ買ったんじゃん。と。

携帯の役立たずカメラに比べてたら、案外マトモに写るかもわからんな・・・と、いうわけで試してみました。
IMG_0090.JPG
▲初めてのシロディールの空。

・・・う〜ん、さすがにキャプチャー画面にはかなわないな・・・
ま、それでも携帯撮影より全然マシですかね。

ちなみに、今回のプレイヤーキャラはトカゲ人間アルゴニアン。
いやぁ、3時間ほどスネイプ先生を再現してやろうと悪戦苦闘したんですけど、
「いい加減に遊ばんと時間が><」
というわけで即席キャラメイク。名前はホーンティル。

いや〜・・・イイね!

やっぱスキル制最高!
あらゆる動作にスキルが割り振られているので、魔法や攻撃、防御もすればするほど様々なスキルが上がります!
ジャンプしたりすると《軽業》のスキルがUP!
調子に乗ってピョンピョン飛び跳ねていたら崖から転落して瀕死になったのは秘密なんだぜ?

あ、崖で思い出しちゃった・・・
このゲーム、鼠やゴブリンがうろつく地下水道を抜け地表に到達すると(それが上の夜景)川辺に蟹さんや山に狼がうろついていて、コイツラがコチラに気付くと追いかけてくるわけですが・・・
PC版で個人的に
「これはちょっと可哀想すぎてオラ殺せない><」
と思ったのが、オオカミ
通称わんこ。(あるいは、わんわん)
その、死にっぷりが、もうね・・・
なまじリアルに作ってあるもんだから、力尽き、斜面を転がり落ちていくわんわんの、HAVOK(物理演算エンジン)が非情にも再現する力ない四肢の動きとかもぅ・・・あうううう。

その場でバッタリなら、まだ正視に耐えうるとは思うんだ。
しかし、遭遇場所が圧倒的に斜面なんですよね・・・
今回も、刃を交えてからハタとそれに気付き、慌てて背を向け逃走を図るホーンテイル(私)。
ガウガウ吠えながら追ってくるわんわん!
(嗚呼、このゲーム、システム的に撒けたっけ?)
などと考えながら、斜面の途中に突き出た岩からジャンプし、幸いにもたいした高さじゃないのでノーダメージで着地した、次の瞬間・・・

「ぎゃん」

・・・え?
恐る恐る振り返るホーンテイル(私)・・・
IMG_0091.JPG
わんこ、岩から飛び降りた段差ダメージで死亡(泣)

うう、ごめんねわんこ・・・今度はうまく逃げるからね><

傷心のホーンテイルがトボトボ歩いていると遠くに明かりが。
IMG_0092.JPG
(中央のかすかな焚き火の明かり、見えるかな?)
確かあそこには盗賊がいるんだよね。
このレベルじゃキツかったっけかな?
とりあえず王様のお願いをきく本筋を進めるか、それとも珍しいお花を錬金術師に届けるサブクエストにうつつを抜かすか、それとも思い切って盗賊のキャンプに突貫するか・・・迷いどころだわ。
(つづく・・・のかコレ?)
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

Xbox360布教に関する問題

ちと最近似たような事例が連続したので考えてみるのコーナー。

私も非力ながら日夜Xbox360の布教に励んでいるわけですが、恥ずかしながら一件も本体購入にまで踏み切らせたことはありません。
で、たまたま最近、360購入をしない理由として複数挙げられた理由が

「だって、るしはは(ゲームを)すぐやらなくなるじゃん?」

と、いうもの。
ま、1年前の私なら、その非難を甘んじて受け入れるしかなかったでしょう。
しかし、最近の私は、確かに仕事の関係で連日数時間もゲームに時間を割けたりは出来ないものの、機会があれば確実に360を立ち上げている。
実際、クリアしたゲーム数は、個人的にはここ数年でもアリエナイ程に自己新絶賛更新中。
つまり、上記の非難はまったくお門違いも甚だしいのだ。
と、そこらへんを言葉を尽くして説明すると、

「え〜、だってソレ洋ゲーじゃん」

ときたもんだ。
この場合の《洋ゲー》とは、ローカライズされていないゲームを指す場合と、海外産ゲーム(ローカライズ済)を指す場合の2パターンがあるようです。
まぁ、私にとっては同義に等しいのでごっちゃにさせていただきますが。

ともかく、洋ゲーはカウント外らしいんですな、彼らにとって。
そして、判で押したかのようにこう聞いてくるわけです。

「で、PS3はどうなんだろう?」と。

さすがに、一般的にもPS3のセールスがイマイチという事実は伝わってきてるようですね。
(みんゴルとのセット販売も、みんゴル付、じゃなくてPS3付、だもんなぁ)
いつぞやも触れましたが、先日スクエニの営業さんから聞いた話で、PS3は販売台数は360を大きく上回ってはいるものの、かなりの割合で転売屋が海外に流したので、実質の普及台数は360とどっこいどっこいか、下手したら下回るそうです。
彼らも新作ゲームの発売タイトルも少ないことから、さすがにそこらへんを察して不安になってきた様子。
最近、マルチ化が発表されるタイトルも少なくないですからね。

ようするに、FFやらMGSが独占タイトルになるかどうかが心配らしい

ま、私的にはPS3も海外タイトルに興味深いものが増えてきたことだし、もうちょいタイトル数が増えたら購入に踏み切る可能性もないではない。(完全にリーフリだし)
けどね・・・
ま、PS3の事は今回は余禄なんだけど、上記のご意見を後々になって考えてみると、

つくづく俺と嗜好が違うんだな

と、思い至った次第。
ようするに、メジャーゲームが全てなのよね、彼らにとって。
洋ゲー=理不尽に激ムズなんでしょ?と、最近洋ゲーに触れてもいないくせに決め付け、非ローカライズの輸入版などもってのほか。
確かに、輸入版が(リージョンが合えば)動作する、という点がなければ、私もここまで360にはのめりこまなかっただろうなぁ、と考えてみると、合うわけないのだ、彼らと。

後、私的にはゲームの垣根を取っ払った360本体依存のコミュニケーション・システムと、《実績》のシステムも大変魅力なのだけど、そこらへんはそれほど訴求力はないらしい、彼らには。信じられん。

そんな彼らも、FFやDQやMGSがマルチ化されれば360購入の可能性も考えるんでしょうが・・・

彼らは、例えば、言葉もわからぬまま海外鯖のノーラスを駆けた、あの面白さと興奮を、一欠けらも理解出来ないんだろうな・・・

ネームバリューと有名続編が大事で、新しいシステムとか、そういう中身の要素は購入動機に繋がらないんだな・・・

と、考えたら、なんか勧誘する気力が失せた。しょぼーんと。
勿論、FFやDQやMGSを全否定するわけではないですよ?
私だってマルチタイトルなら当然購入しますって。
ただ、それ以外の日本では名が知られてないだけで全然面白いタイトルには見向きもしない鎖国的態度の彼らとは、どうせCO-OPする機会も少ないだろうなぁ・・・とね。
そう考えたら、しょぼーんとね。

布教するにも相手を選ばなきゃね、ってコトなのかな〜?
そりゃ、イスラム信者にキリスト教への改宗を決断させるのは難しいやね。
日本での馴染みの薄さから考えると、逆の方が例として適してるかな?
(あるいは、ヴードゥー教か^^;)


とまぁ、ネガネガ長々と書いたわけですが、360ユーザーの皆様はどんな感じですか?
まぁ、状況は違うと思うけど、絶対的少数派なのは同じだと思うので、布教の具合とか、ぶっちゃけどう?
布教の手段とかも大いに気になるところです。
上でしょぼーんと諦めモードしてますが、逆に、単に私の布教の仕方が至らないだけ、という可能性もまたあると思うのですよね。
(一応、デッドライジングとか、ギアーズとか、テストドライブとか、めぼしいのを数人にやらせたりはしてるんだけどなぁ・・・)

それとも、やはり嗜好の決定的違いは海より深く山より高いのかなぁ?
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月30日

やっと来たTHE ELDER SCROLLS IV OBLIVION!

嗚呼、待ちかねた・・・待ちかねたさ・・・
と、いうわけで届きましたよ!
IMG_0086.JPG
【Xbox360】THE ELDER SCROLLS IV OBLIVION(左のは初回特典のガイドブック)が!!

・・・なんか久しぶりに日本語版の360ソフト買ったよ^^;
そして、コレ実は我が家で3本目のOBLIVIONだったりします。
IMG_0088.JPG
上:北米版PC
左:アジア版Xbox360
右:日本版Xbox360


同一のゲームを言語違いで2本、ってのは今までもあったけど(デッドライジングやギアーズ)3本は初体験かも^^;

なんでも、北米やアジアの360版セーブデータを使うと不具合が出るらしいので要注意!
DLコンテンツも北米、アジアのは対応してないそうなので気をつけましょう!
(他にもキャラメイク自体にも不具合があるらしくアップデート待ちとか。詳細は公式参照のこと)
とりあえずアジア版のセーブデータ削除して、キャラメイクに励みますかね!
今週、シフトが狂って休みが日月にズレたんだけど、今回ばかりはシフト急変に感謝したいw
posted by るしは at 07:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月29日

TRANSFORMERS:THE GAMEクリア(AUTOBOTS側)

何がこれほどまでに私を惹きつけるのだろう?
ぶっちゃけ、それほど凄く良く出来たゲームってわけじゃないんだけど。
transformers_8.jpg

↓トランスフォーム!(ガチャガチャガチャ)

transformers_4.jpg
【アジア版Xbox360】TRANSFORMERS:THE GAME

の、AUTOBOTS(サイバトロン)側、クリアー!

一見すると箱庭系レースゲームです。
車がロボットへとアリエナイ変形をするトコ以外は^^;

ただ、箱庭系のなかでは、至極単純な部類ですかね。
とりあえず車道には車が走り、通行人も歩いてます、というだけ。
壊せるオブジェクトの豊富さや逃げ惑う人々、崩れるビルなどはさすが次世代機って感じですが。
ビルに登れたりしますが、収集アイテム(集めるとボーナスムービーやギャラリーがアンロック)の隠し場所にすぎず、ゲームの根幹には全然絡んでなかったり。

戦闘も至極単純。
一部の敵に、特殊な攻撃をしないかぎりダメージを与えられない奴が数種類いて、そいつらの攻略法(与ダメ手段)発見が良いアクセントでした。
(ぶっちゃけそこらのボスより手強い・・・と、思ったらラスボスがそいつらの集大成なのには苦笑しつつ納得w)

こう書くと、なんだかネガティブキャンペーン展開中って感じですが、私、か、な、り、気に入っております^^

やはり、キモは変形。
とにかく、その変形がキモチ格好イイの一言に尽きる!
(やはり、この部分が惹きつけるのだろうか?)
比較するのは大それた感じもあるが、車モードでドライブすれば気分は「テストドライブ」。
そしたら、いきなり対向車がロボットに変形!襲い掛かってきます!
こっちも一瞬で変形、途端に大味なロボットバトルに!(笑)
transformers_2.jpg

transformers_5.jpg

transformers_7.jpg

transformers_6.jpg

transformers_3.jpg
逃げ惑う民間人!(ちゃんと停車した車から逃げ出す芸の細かさ)
戦闘の巻き添えで吹き飛ぶ炎上する一般車両!
爆発、倒壊する家々、ビルディング!
たちまち集まってくる、警察車両、ヘリコプターからは容赦ない攻撃が!(蚊の刺す程度ですがw)
その中で敵DECEPTIONS(所謂デストロン軍)ロボを撃破すると、再び車にトランスフォーム!
猛スピードで警察を振り切ると、また優雅なドライブ再開。
時折、収集アイテム探しにビルにわっしわっしと登っては、暮れなずむ夕日を眺めたりします・・・

・・・楽しい^^

箱庭ゲーとしては作りこみも甘く、自由度も明らかに足りないのですが、様々な私的にツボな要素が、そこらへんを補完してくれているようです。
こうして、またしても数少ないゲームクリア履歴に洋ゲーが追加されてしまいました(笑)

ま、クリアと言っても、AUTOBOTS側をクリアしたのみなので、実質道半ば。
というわけで、ちょっとDECEPTIONS側をやってみました。
最初のプレイキャラはヘリコプター(MH-57Pave Low)にトランスフォームする、JAZZ(日本名はマイスター)でさんざん苦戦したBLACKOUT。
この面の箱庭は砂漠。
そこに点在する米軍基地を強襲するのがメインのミッションなのですが・・・

なんか別ゲームみたいに破壊っぷりが楽しいんですけど^^;

さすが世界の警察アメリカ軍!数は力ってか!?
次から次へと現れる戦車、車両・・・それらを千切っては投げ千切っては投げw
さらに、途切れることなく飛来するヘリや航空機をガンガン叩き落すのは、AUTOBOTS側のマッタリさとは一線を画す爽快さ。
(AUTOBOTS側にない飛行形態へのトランスフォームも新鮮)
AUTOBOTS側では設定的にも街の破壊に一抹の抵抗感があったんですが、コッチは悪役ですからねw
微塵の躊躇もなし♪

これはまだまだ楽しめそうな予感が。
月頭には映画も観てくる予定だし、まだまだ私の中でTRANSFORMERS熱は継続しそうです。

しかし、なんでこんなに楽しいんだろ?
TRANSFORMERSには殆ど興味がなかったのにねぇ・・・何がツボにはまるかわかんないね、ホント。
posted by るしは at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

OblivionじゃなくてDW GUNDAM

360ユーザー待望のTHE ELDER SCROLLS IV OBLIVION発売!

・・・通し勤務でペリカン便受け取れませんでしたが、何か?

ゲーム単体だったらメール便(ポストに放置)だったんだけど、初回特典の初心者ガイドが仇になったか・・・
悔しいので、時流に反して(個人的にはブーム真っ只中の)ハリポタ360版でもやろうかな〜
・・・と、360立ち上げて、ふと北米タグってみたら、見慣れたトリコロールカラーのロボットのデモ発見。

で、やってみましたDYNASTY WARRIORS: GUNDAM(ガンダム無双)

・・・ま、私は無双系って、戦国BASARAくらいしかやったことないんですけどね・・・
つまり正確には無双未経験なので既存の無双との比較は出来ないけれど素直な感想としては、、、


続きを読む
posted by るしは at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

積みゲー消化月間:旧箱DAY

日頃、着実に積みゲームソフトを増やしております。(最近は増殖に歯止め傾向。さすがにw)
そして現在Xbox360アジア版「TRANSFORMERS:THE GAME」に大ハマリ中で、さらに、映画鑑賞後のお楽しみにとってある同じくアジア版「Harry Potter and The Order of thephoenix」も控えています。
なのに、「テストドライブ」「SPIDER-MAN3」「WAETECH」「MARVEL:ULTIMATE ALLIANCE」「THE DARKNESS」そしてDLコンテンツがキタコレな「プロジェクトシルフィード」と大量の360ソフト郡が順番待ちな上に!
なんと、さらに月末には日本語版「OBLIVION」まで攻めてくるというこの状況。

ヤバイヤバイヤバイ絶対消化が追いつかない。

とりあえず「TRANSFORMERS」のクリアは目指すとしても、連休も最終日ということで、買ったっきり開封もしていない可哀想な奴らを救済しましょう企画ー。

旧箱(Xbox)ソフトを遊んであげることにしました。

【北米版Xbox】STUBBS THE ZOMBIE
なんだかやたら70年代っぽいアメリカ風近未来都市に、突如現れた1体のゾンビ君。
ビジュアルはなんだかポップ。(やはり70年代風)
でもゾンビ(プレイヤーキャラ)がガジガジ齧ると盛大に血がビュービュー出ますがw
そうして齧られた市民は、お約束どおりゾンビに!そうやってどんどん仲間を増やしつつステージを進めていくアクションゲームです。
・・・結構麻薬的な魅力がありますね、コレ。
自分の手をちぎって投げつけると、それが人間を操って操作出来ちゃったりとか、ホラー映画へのオマージュが面白いなぁ。

【北米版Xbox】DOOM3
実は、PC版を持ってるので初プレイじゃないんですけどね。
いやぁ、しかし、やっぱこの世界観サイコー!
火星の宇宙基地の実験で地獄の門が開く!
門から出た人魂みたいなのに取り付かれた人間はゾンビ状になって襲い掛かる!(兵士は武器を使って!)
映画版ではこの《地獄の門》がスポイルされてたのが残念なポイントだったので、やっぱゲーム版はイイわぁ(はぁと)
※しかし、火星の先住人類の遺伝子を用いた人体実験という設定は、後半のロック様の悪役ぶりが素晴らしい超人バトルに繋がって、それはそれで好きなんですけどね。
そして、今見てもグロ気持ち好いグラフィックは充分観賞に耐えて素敵!
あー、しかし、このゲームの暗がり怖っ!相変わらず心臓に悪いゲームです^^;
ちょっとロードが長いのが残念だなぁ。

【Xbox360】HALO
これも、旧箱でプレイ済み・・・でもクリアしてないのよね・・・3にそなえて・・・あーでも、2もあるか・・・うむむ。
しかし、面白い。
映画的な演出は勿論だけど、敵の強襲艇が飛来してコブナント達がワラワラ降りて来るインタラクティブ性とかたまりませんね。
そしてつい、射撃を忘れてグラントを追いかけ殴り倒したくなりますね。
グレネードで短い手足をバタバタさせて吹っ飛ぶグラントも可愛いくてね。
総じてコブナント萌えーな、萌え系FPSであります。(間違ってる)
惑星規模の、謎のリング状構造物《ヘイロー》上の大地のマップデザインも素晴らしい。
よく出来たゲームです。感心感心。3が楽しみ。
そういえば、1と2をカップリングして3に併せて再販するとか。
箱ソフトが再販!素晴らしい!

【Xbox360】HALO2
ついでに2もちょっとだけプレイ。
コブナントな方が「裏切り者〜」って罰を受けていましたね。
これはやはり1のラストを受けてのモノなのだろうか・・・やはり1のクリアが先かな・・・
2のマップは1に比べて面白みがないというかわかりにくいというか閉塞間があるというか・・・あまり好きじゃないナー。
ま、1の前半の舞台が広々としていて素敵すぎただけというローケーションの差、なのかもしれないけど。
2の取り説見たら1で「グラント」だった可愛い萌えコブナントが「アンゴイ」になっててちょっとショック!どっちを信じたら!?
あとさ、コルタナの性格、変わってない?^^;

【アジア版Xbox】PHANTOM DUST
アジア版。でも中身は日本版。ようするにアジア版ってリージョン設定変えただけで中身そのまんまってコトなのね。
(ちなみに『ファントムダスト』は和ゲー)
チュートリアル的な序盤だけやってみましたが・・・これは気になる。
雰囲気が「バロック」というか「ディスピリア」というか・・・
荒廃した世界、記憶を失った人類、跳梁跋扈する異形の敵・・・わぁお大好きなモチーフでないの。
(それも知らずに買ったのかコイツ)
中身はミッション形式なのでRPGかなと思いきやアクション。
フィールドで「遠距離攻撃」「近距離攻撃」「防御」に大別される各種スキルを拾って任意のボタンに装備して戦うという変り種。
あ、そうか、FPSのマルチプレイに近いね、このシステム。
でも、一応レベルもあるのか・・・フムフム、これは興味出てきました。
---------------------------------------------------------------
そんなわけで、どれもなかなか楽しめそうな良作ばかりで・・・どうしろっちゅーねん!
これに旧箱ソフトでは「PREDATUR」(やっぱり面白い)もあるし!
前述の360ソフトも山積みで!
消化できるわけないやん!うわああああああん><

・・・まぁ、自業自得なんだけどね・・・とりあえず優先順位を決めて計画的にかからねば。
まずは「TRANSFORMERS」クリア目指して頑張ります・・・えいえいおーぅ。

(これで趣味がゲームだけならまだしも、映画もあるからな・・・果てしない・・・2ヶ月くらい休みが欲しいデス・・・)
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。