新着記事

2007年11月28日

携帯ゾンビ本日発売!

その素敵すぎる仮題で一部の良識ある人々をワクワクさせたスティーブン・キングの新作「携帯ゾンビ(仮)」(新潮文庫)の正式タイトルは
Cell1.jpg Cell2.jpg
「セル(原題:CELL)」・・・ちぇw

で、その粗筋ですが、ある日の午後3時に携帯電話(セル・・・てあちらでは言うのかしら?)を使っていた人間が一斉に発狂、凶暴化し人々を襲い始める、というもの。

マイナな漫画好きならば、やまむらはじめ「カムナガラ」における《東京集団狂気》を…
新し目な漫画マニアなら森山大輔「ワールドエンブリオ」を…
オールド(注1:OLDさんではない)ホラー文庫ファンならショーン・ハトスン「シャドウズ」のラストシーンを…
比較的近作ではサイモン・クラーク「地獄の世紀」を…夫々思い起こすことでしょう。

そう、まさにソレです。

そして、運良く《携帯狂人》化を免れた人々が辿るのは、まさに「ゾンビ映画」に我々(ひとくくっちゃいますよw)が求める運命に他ならない…と、思います。
(断言はしない…だってまだ読んでないからネ)
嗚呼、なんということでしょう。
丁度原作版「アイ・アム・レジェンド」を読み、そしてじきに映画版を観賞予定で、wataruさんの感想を読んで「イイナイイナー」と「28週間後…」を待ち焦がれる…

そう、まるで我々(繰り返しますがひとくくった)が今、読むため小説じゃありませんか!!

さて、では早速、その内容が本当に我々の求めるものかどうか、ちょっと中味を確認して見ますね。
チラっと捲ると、お、最初のページで誰かに捧げられてますよ?



『リチャード・マシスンとジョージ・ロメロに』


…期待が確信に変わった瞬間でした。
posted by るしは at 14:56| Comment(12) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月25日

[スク・デッド]フェイク・パンフレットとACT-14感想

遅ればせながらドラゴンエイジ11月号付録のフェイク・パンフレット
IMG_0150.JPG
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD on THE MOVIEの感想です。

うん、なかなか頑張っていますね。
まず【INTRODUCTION】で世界的ゾンビ復権から和製ゾンビ映画の台頭を経ての「スクデッド」映画化までの動きを解説。(制作費60億とか、どんだけw)
【STORY】では純粋にストーリー紹介ですが(まぁ当然か)【PRODUCTIONNOTE】では監督が本作を語り(CGは多用してないんだってw)、そして出色なのは【CAST&CHARACTER】。
ちゃんと役者名と、その俳優の過去作品(ヲイヲイというタイトル多数w)なんかや、役者のコメントなんかも書いてある凝りようです。
勿論、お約束の映画評論家の寄稿もあり、淀川昌弘さんという方が一筆書いておりますよw
そしてその後には映画の主題歌「学園ゾンビKILL! KILL!」の歌詞全文掲載!
勿論作詞は原作者自ら!
・・・おそらく原作者佐藤大輔氏が一番この企画を楽しんでいるのだろうなァ(笑)

しかしまぁ、残念な点もあり、やはり漫画の絵で構成されていることですかね。
実写映画化というコンセプトなら、やはり実写で作って欲しかったなぁ。
まぁ、そんなことしたら一雑誌の付録としてはアリエナイ予算がいるのはわかりますけどね^^;
とはいっても、カラー素材(カバーやイラストなど)と本編原稿の加工だけで(勿論書き下ろしもありますが)フェイクパンフを作れてしまうと言うのは、それだけカラーの回やイラスト露出が多いということで、それすなわち本作の人気の高さを表しています。
ゾンビ漫画なのにね!素敵!
スク・デッドには、これからも頑張っていただきたいものです。

あ、そうそう、今回のフェイク企画で個人的に一番気に入ったのは、巻末の【劇場オリジナル商品のご案内】
IMG_0148.JPG
いやぁ、@の《奴ら》ポストカードセットと、Cの八つ墓Village Tシャツはマジで欲しいんですけど!
-------------------------------------------------------------------------
さて、では追記でACT-14のプチ感想なんかを。(ネタバレバレです

続きを読む
posted by るしは at 02:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月06日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第3巻

先月書店向けに発行された発売予定表によると9日発売だったので、昨日の5日に配本があった時は吃驚しました。
これがカドカワ・クォリティ。(富士見書房は角川グループです♪)
HOTD3.jpg
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第3巻

てなわけで早速感想いきますよ〜。
以下思いっきりネタバレなので追記で!コミックス派で未読なキミは要注意!

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月13日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD映画化!

そうなのです!10月に待望の3巻の発売が予定されている、W佐藤氏による和製ゾンビ漫画の金字塔!
ウチの店では某少年ジャンプの「ワンピース」最新巻より売れるという(むしろ店が心配だ)あの!
hotd01.jpg hotd_02.jpg
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD が、ついに!

映画化!!

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月16日

グル〜ヴィ!Marvel Zombies!

マーベルコミックのヒーローがゾンビ化してお互い喰い合い一般市民も貪り喰う問題アメコミ!
mz.jpg
Marvel Zombies」が届きました!
早速読んでみましたが・・・

なんだこりゃーヾ(≧∇≦*)/

冒頭、いきなりゾンビ化してる有名なヒーローさん達!
マーベルコミックに詳しくないるしはにもわかる方々がチラホラいらっしゃいますよ。
今第3弾が劇場公開中の蜘蛛男さんや、同じく映画化された爪のモミアゲ男に、緑の巨人(この映画版観てないな〜)、そして、アメリカを代表するキャプテン某
他にも、昔のカプコンの対戦格闘で散見した覚えのある、名前もわからぬヒーロー達が・・・

歯をむき出しにしてマグニートー様に襲い掛かっています!!

例によってそこらじゅうの金属をバンバン飛ばして対抗するマグニートー様!(非ゾンビ)
しかし、さすがゾンビ!貫かれようが腕を切断されようが、おかまいなし!キャプテンアメリカなんて自分の円盾で頭蓋のてっぺんトばされたのに、笑ってるしw
そして、ついに多勢に無勢・・・

ゾンビ化ヒーローズに貪り食われるマグニートー様!
嗚呼、まるまる2ページかけてローズ大尉みたいに引き裂かれはむはむされるブラザーフッドの頭領・・・

って、イイんかコレ!?(゚Д゚≡゚Д゚)

一応、ゾンビ化した彼らにはちゃんと意思があるようです。
超能力も健在で、マグ様を食い尽くした後もバトルロイヤル状態でガンガン闘い、ムシャムシャ喰います^^;
荒唐無稽もいいとこですねぇ(笑)

ただ、ちょいと不満点もありまして・・・
まず、何故彼らマーベルヒーローズがゾンビ化したのかが、巻頭の序文での説明で済ませられていること。
噂のMJムシャムシャも記述のみなんて・・・
(おまけに当然英語だからよくわかんないし・・・)
一般市民が襲われる描写もナシですよ。
なにより、彼らがゾンビ化する過程かを、やはりじっくり見てみたかったですね。
結局、闘いの後にムシャムシャ人肉食描写があるだけで、他はいつものマーベルコミックに多少ゴア描写を加味した程度なんですよ。
コミック本編の絵柄もそんなにグロくなく、その点もちょっと物足りないかな〜。

ただ、巻末にリアルに描かれたイラストが収録されていて、その雰囲気はバッチリでした。
この雰囲気で本編を見てみたかったなぁ・・・

なんて、愚痴ってたら・・・
posted by るしは at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月10日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT.10

c`06.jpg
しかし…▲の画像だけ見ると「ドラゴンエイジ6月号の感想」みたいですが、実は学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEADだけの感想なので要注意!
御免ね!俺、この雑誌では、あと「ドロテア」くらいしか読んでないんだ!w
そしてHOTD感想はネタバレバレですのでコミックス派の人はご注意をというわけですよ、kurosuiさん。

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

ZOMBIE本あれこれ

コチラで騒いだ「MARVEL ZOMBIES」ですが・・・
Marvel Zombies.jpgクリックで拡大します
Amazonで普通に予約を受けていたので注文しちゃいました^^;
・・・ん?2007/11/30ってマジかしらん??
あ、コレ、ペーパーバック版か!
ハードカバーだと3巻も出てるし!
・・・ええと、それぞれ2千円オーバーですよ?どうしましょ^^;

ま、ソレはソレとしてですね、「この本買った人はこんなのも買ってますよ」コーナーで、ちょっと琴線に触れるモノを何冊か発見。(全て洋書ですが)

■The Zombie Survival Guide: Complete Protection from the Living Dead
The Zombie Survival Guide.jpg
翻訳サイトにかけてみると「ゾンビ生き残りガイド:生きている死者からの完全な保護」
前々からその存在は知っていたのですが、コイツがそうか・・・
う〜む、読みたいなぁ。
ゾンビーズ構成員としては、まさに必読の書じゃないですか。
頑張って、辞書もしくは翻訳サイトと首っ引きで・・・で、出来るだろうか・・・
(洋泉社あたり翻訳してくんないかしらん)

■World War Z: An Oral History of the Zombie War
World War Z.jpg
コレ、確か近日公開の映画の関連本ですよね。
ゾンビが発生した世界の歴史を綴ったブラックなifパロディ。
映画が日本でも公開されたら、翻訳されたりする?
・・・やっぱ無理かなぁ^^;
コレも、要・自助努力、ですか?^^;

■The Walking Dead
コミックなのですが、コチラで中身を試し読み出来るので、まぁ見てやってください。
さすが、現代ゾンビの本場アメリカですね!。
当然といえば当然なのですが、日本で「学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD」がようやく成し遂げた快挙を、とっくの昔に実現していたとは!
そう、ロメロ前期3部作系ゾンビの蔓延した世界観の、コミカライズです!
こ、これは・・・読みたい。
しかし、上記の「MARVEL ZOMBIES」もそうですが、日本の出版物に単行本、新書、文庫本と様々な版型があるのと同様、アメリカのそれも様々です。

TWD1.jpgTWD2.jpgTWD3.jpgTWD4.jpgTWD5.jpgTWD6.jpg
とりあえず入手可能っぽいのはペーパーバック版全6巻▲これで完結なのかな?

TWD_book1.jpgTWD_book2.jpg
そして装丁もガラリと変わりタイトル後にBOOK1、2と付いたハードカバー版▲愛蔵版?

予算からすると買うならペーパーバック版なんでしょうが、年に一回刊行されてるっぽい愛蔵版(みたいなの)がガッツリまとめて収録してるなら話は別。
でも、ペーパーバックが各巻140ページ前後なのに対し、愛蔵版は約300ページ。
2巻分収録ってこと?・・・じゃぁペーパーバック版かなぁ・・・先も読みたいし。
(装丁としては愛蔵版のが好きなんですけどね)
他にも底本らしいハードカバー版や、パーフェクト版てのもありました。豪華版なのかな?
(ページ数はペーパーバックとほぼ同じで、値段は高め)
しかし、ペーパーバックでも全巻買うと一万近くなるか・・・うぬぬぬぬ。

しかし、いまさらですがコイツら、全部英語なんですよね・・・
最近の趣味の範囲を考えると、むしろ英語の勉強が先決?
とりあえずDSの「英語漬け」でも買っとくべきですか?^^;

※カテゴリ【HIGHSCHOOL OF THE DEAD感想】を【ゾンビBOOKS】に変更しました♪
posted by るしは at 00:06| Comment(8) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD ACT.9

hotd02.jpg
学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD 第2巻(↑)の感想、書くのにモタモタしてるうちに、案の定掲載誌ドラゴンエイジ最新号が出ちゃいました。
DRAGONAGE200705.jpg
やー、でも、逆に良かったかもしんないな。
何故ならば!( ̄Д ̄)/
るしはにしては珍しく、不満点として書こうと思ってた事に、先手を打たれてしまったので。
では、今回はACT.9の感想と、付録小冊子、そして黙示録キャンペーンにも触れるとします。
※例によってネタバレです!しかも今回は新しい展開のある回なので、コミックス待ちの人は回避がオススメ!
続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月29日

おしらせ☆スクデッド2巻、本日発売!

公式には、4月1日発売のはずだったんですが、本日入荷しちゃいましたよ。

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD第2巻
原作:佐藤大輔・作画:佐藤ショウジ・角川コミックDragonJr.)
HOTD2.jpg
角川はよくやるんですよね〜版元自らフライング配本。
角川系書籍扱い商品は発売日を過信してると泣きを見るので要注意デスヨ。(発売日に店へ→すでに完売トラップ)
ウチで本日入荷ということは、漫画専門店なんかだと、数日前には店頭に並んでたことでしょう。
そんなわけで、全員今すぐ本屋へGO!!
posted by るしは at 14:39| Comment(4) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月10日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD:ACT.8

実は、H.O.T.D(う〜ん、略称はスク・デッドとどっちを採るか・・・)第1巻の追加が入荷した日に、インフルエンザが発症した、るしはです。
・・・ホントに何の罰ゲームかと思いましたよ(^_^;)
コミック版感想も書こうと思ってたんですが、kurosuiさんが言いたかったことをほとんど言ってくれたので(さすが!)なんかそれで満足しちゃったり(^_^;)
DRAGONAGE200703.jpg
ま、丁度、月刊ドラゴンエイジ4月号が発売されたことですし、リハビリがてら連載版の感想いってみますね〜。

続きを読む(ネタバレあり)
posted by るしは at 21:11| Comment(4) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月01日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD第1巻発売!

HOTD1.jpg
待望のロメロ系ゾンビ漫画「学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD」第1巻、本日発売ですよ!

って、ウチの店、初回配本冊ってなんの罰ゲームよ!?
お客さんに譲ったから、るしはは買えず・・・泣きながらレジたたいた・・・
漫画専門店じゃさぞかし山積みでしょうねぇ・・・こういうジャンルは専門店にはかないません。
ま、追加はガッツリ手配したので、「ゾンビ映画大辞典」「死者の夜明け(リメイクドーンのノベライズ。意外と傑作)」「ライフイズデッド(未見。とても気になる)」と併売で頑張るぞ〜

そんなわけで、単行本感想はまた今度!
連載時は「正統派ロメロの世界だスゲー」ってかなり興奮気味に読んでたので、あらためてまとめて読むと、どんな感想を持つか、自分でも楽しみです。

しかし、↑の表紙だけ見ると、ただのヲタ向け美少女漫画に見える罠が・・・
裏表紙にはちゃんとゾンビがひしめいてるから安心して!
HOTD1_ura.jpg
posted by るしは at 15:12| Comment(3) | TrackBack(1) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月22日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD:ACT.7

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD略してスク・デッド!(らしい)
待望のコミックス第1巻3/1発売決定!
3/9発売のドラゴンエイジはスク・デッド特集!
そして第2巻も4/1には出ちゃうらしい!(凄い布陣だ)
言うまでもなくマスト・バイですよ〜
THOTD_0.png
※↑クリックで拡大。(ちょっとデカイですが連載開幕前の見開きです)
では、遅まきながらACT.7感想を!(ネタバレあるよ!)

続きを読む
posted by るしは at 01:53| Comment(2) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月12日

学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD:ACT.6

他に類を見ない程丁寧に、ロメロ的終末を迎える「高校(というか、もう日本ですね)」を描いて、日本版DAWN OF THE DEAD(走らない方)と言える
学園黙示禄HIGHSCHOOL OF THE DEAD
HOTD_banar.gif
(原作•佐藤大輔、作画•佐藤ショウジ)富士見書房ドラゴンエイジ連載

こういう、同人作家を商業誌に引っ張りこんだ作品の場合、作家が商業ペースについていけず画質ダウン(鉛筆原稿とかね)
で、そのまま休載・・・というヤなパターンを散見しますが、4回目を迎えてもレベル、勢い共に落ちる気配がありません。頑張ってる頑張ってる!
と、いうわけで、今回から感想書いてしまいます。
この作品目当てで定期購読してるくらいですからねw

感想はこちら。
posted by るしは at 14:13| Comment(5) | TrackBack(0) | ゾンビBOOKS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。