新着記事

2007年09月20日

ヒストリー・オブ・バイオレンス

HoV_wakuwaku.jpg
久しぶりの奥さんとのHにわくわくして待つダイナー店主トム・ストール氏w
と、いうわけで、積みDVD消化作戦第1弾!
HoV.jpg
ヒストリー・オブ・バイオレンス(原題:A HISTORY OF VIOLENCE)
《あらすじ》
トム・ストール(ヴィゴ・モーテンセン)と妻エディ(マリア・ベロ)は、二人の子供たちと静かで平和な生活を送っていた。
ある夜、トムが経営するダイナーに二人組みの強盗が押し入る。
一瞬の隙を突いて銃を奪い、傷を負いながら強盗を射殺したトムは、一夜にして町の英雄となる。
しかし、数日後、トムを訪ねてフォガティと名乗る男(エド・ハリス)が現れ、それから彼や家族のまわりに付きまといはじめる。
やがて、トムの血塗られた過去が明らかになってゆく・・・

・・・ホントにコレ、ディレクテッド・バイ・クローネンバーグ?
いやぁ、私、クローネンバーグは「ビデオドローム」で入門して最後に観た作品は「裸のランチ」なものですから^^;
立場を隠したヒローもの(例えば『トゥルー・ライズ』みたいな)の骨子なんですが、視点が違うと、こんなにも渋い物語になるんですねぇ。
それを、あの、クローネンバーグが撮っちゃってるところが凄いや。

※以下ネタバレあり!
普通、こういう物語だと、主人公が隠された力を発揮するのがカタルシスであり「主人公カッコヨス」な山場であるわけですが、この映画では主人公が力を発揮(=敵を殺す)すればするほど、ストール家の絆が軋んでいくんですよ。
まぁ、リアルに考えればそういうリアクションが普通なんだよねぇ。
「あなた素敵♪」なんてなるわけなく、
「じゃぁ、あの子たちの苗字は適当なIDから選んだ他人のものだったのね!酷い!」となる。
出会う以前の全てが作り事、しかもそれが高校生の息子がいるくらい年月が経ってからの露見ですから、奥様、子供達の心中が穏やかであろうはずもなく、それが都合よく96分で解消されるわけはない。
う〜ん、シビアな話だ。

ラスト・シーン、自分の過去を知るギャング(そのボスは実の兄)を皆殺し(!!)にして遺恨を絶ち、主人公が戻った家族のテーブルは沈黙が支配し、泣きそうな顔をしているトムに家族がリアクションを見せる前にフィルムは終わる。渋いぜ。

実際トムの殺人テクはスピーディかつ華麗で、思わずジェイソン・ボーンと対決させたいくらいなのですが、それが痛快さとか爽快感にあえて直結させてない描写が、この映画に限っては生きている。
話題になった残酷描写も、これはクローネンバーグのグロ趣味ではなく、殺人描写からカタルシスを奪ったのと同様の演出意図だと思います。
全体を貫くシビアでリアルなトーンに従っただけで、撃たれれば血も出るし顎は千切れるし、鼻を潰されれば血が噴出しますよ、という当たり前の事をオブラートに包まず表現しているに過ぎないわけです。
ここは削除を求めちゃ駄目だよね。
(アメリカ公開版は一部描写を控えめにしている)
血の量やグロさだけでなく、ちゃんと演出意図を読み取ってもらわないと。

そうしょっちゅう観たい映画ではないですが、たまに振り返って観ると色褪せない確かなものがある・・・そんな映画です。
クローネンバーグ映画では、「デッドゾーン」並に一般の方にも薦められる作品ですね。
ただ、この映画に「ロングキス・グッドナイト」みたいなカタルシスを求める人には向きませんのでご注意を!
(『ロングキス〜』は大好きですけどね!)
クローネンバーグの次回作は、今作同様ヴィゴ・モーテンセンと組んでの作品で、評判もイイそうです。何か賞もとったとか?楽しみ。
ま、昔みたいな妄想グロ映画も撮ってほしいけどね!
-----------------------------------------------------------------------
では、以下余禄的な雑文。
や〜、しかし、冒頭に赤裸々な熟年夫婦のコスプレ・セックスを見せられた時はどうしようかと思いましたね、赤裸々過ぎて赤面><
まぁ、それは後半の激しいシーンとの対比なわけだけど、ヴィゴ・モーテンセンは今回私的に株の上がった一人。
HoV_viggo.png
(一瞬ヴィゴの美尻掲載も考えたのですが、それは自粛w)
前半部分の普通のパパの顔に、例照るな殺人マシーンの顔、両方違和感なく演じられる人は希少ですからね。
彼なら「頼りないパパ」としてコメディも可能だろうし、逆に「ヒッチャー」のジョン・ライダー役とか観てみたいな!
(『ヒッチャー』は毎年別スタッフ%キャストでリメイク希望w)
で、顔が切れちゃってますが(笑)奥様役のマリア・ベロもたいへん奮闘しておられます。
マリア・ベロについてはwataruさんが熱く語っているっぽいですね。
ネタバレ防ぐために未読なのですが、きっと熱く語ってるに違いないので、そちらへどうぞ♪

そして、冒頭に登場する強盗二人組み。
HoV_zako.jpg
映画の導入部も担うこの二人、なかなか印象深いので、まさかさっさと退場するとは思いませんでした。
イイ味出してたなぁ・・・あのまま二人で「フロム・ダスク・ティル・ドーン」してくれてもイイくらいイイ味出していましたよ。

そして、ふぉんださんに捧ぐ一枚。
HoV_ed.jpg
エド様黒ハート
・・・しかし、この映画ではふぉんださんの好きな路線のエド様は観れないのでご注意を^^;
そうそう、特典のメイキングではダンディかつジェントルなエド様を見れますよ!

メイキングといえば「撃たれる回数の役者ほど用意されてる衣装が多い」のも面白かった。
「彼は2発、彼は4発」そして「コイツらみんな死んじゃうw」とか最高w。
後、ベットシーン撮影中のモーテンセンとマリア・ベロの間に潜り込んで川の字って、監督、なにやってんのwww
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月06日

シン・シティ コンプリートBOXの中身が凄い(でも未見)

さて、ゴッドファーザーBOX以上の巨体を誇る、シン・シティ コンプリートBOXを、ようやく開封しました。
IMG_0011.JPG
まずは、ディスク5枚組みの観音開きパッケージの内容から。

・ディスク1:本編(オリジナル版)124分
・ディスク2:特典ディスク(メイキング他)134分
・ディスク3:リカットストーリーズ(追加・再編集版)160分
・ディスク4:オリジナルサウンドトラックCD
・ディスク5:スクリーンセーバー&壁紙集


なんといっても、赤字のディスク3が今回のキモ。
各エピソードを独立した物語として再構成。追加フッテージもあるようです。(グロ増加らしい)
そして、その他の特典は、

・原作コミック「THAT YELLOW BASTARD」(日本未発売も初翻訳)
・豪華解説書
・トレカ16枚フルセット(あ、写し忘れた^^;)


ちなみにBOXにはスペーサーが入ってまして(その中にトレカが入っていた罠)、それを抜くと既発売の原作コミック2冊を収納できるようになっているそうです。
(これがデカさの一因)

あらゆるメディアのシン・シティ関連商品が入っちゃうという意味では、確かにコンプリート。
こりゃファンにはたまらない逸品でしょうね!
そして、ディスク1+2と同内容のプレミアムエディション買っちゃったファンは、別の意味でたまらないことでしょう・・・(涙)

そして、開けるだけ開けてTRANSFORMERSにトランスフォームする私(えー
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月16日

300〈スリーハンドレッド〉

300.jpg
300〈スリーハンドレッド〉(原題:300)

監督ザック・スナイダーといえば(ゾンビーズ的にも)やはり、リメイク版「ドーン・オブ・ザ・デッド」。
「ゾンビが走る」という要素を効果的に用い、ゾンビ映画序盤の定石を冒頭10分に集約するという、その神業レベルの偉業は拍手モノでした。
(この導入部にはアカデミー賞をあげてもいい)
しかし、それ以降のシナリオと演出の齟齬がとても残念な作品でした。
ドラマとアクションの組み立てが、従来の「走らないゾンビ」のままなんですよね。
冒頭同様、全てのシーンを「走るゾンビ」仕様にしなければならないのにもかかわらず・・・
私はそこに「撮影期間が足りなかった」のと「予算の不足」の臭いを嗅いでしまうのだけど、実際どうだったんでしょうね・・・

だからかどうかわかりませんが、本作「300」は万全のプリプロダクションで臨んだ跡が窺えます。
その特殊な画面のイメージから(あと本国で大ヒットしたのもあり)大作映画扱いされてる感もありますが、実は、ハリウッドメジャー作品としては低予算なんですよね。
(『スパーダーマン3』の総制作費で、『300』何本撮れるんだろ・・・)
だから、よくよく見ればスケールの小ささが分かります。
しかし、そこを演出、画面効果、音楽が相互に補完しあった結果、

アリエナイほど勇壮な画面が劇場のスクリーンに!

このザック・スナイダーという男、映画全体をコントロール出来る環境(立場)では、実は凄い奴なんじゃなかろうか?
と、劇場でこっそり彼を見直す、るしはでありました。(前説終了)
《あらすじ》
露出狂のエロカッコイイ神王の使者が、降伏勧告に来ました。
「降伏、撤退、アリエナイ」が身上のスパルタ王レオちんは、勿論これを拒否!ついでに率先して使節団皆殺し!
しかし、神王の統べるペルシアは巨大国家群で、その軍勢は1万人オーバー。
小国スパルタが勝機を得るには、スピードと、地の利が必須。
インチキ託宣と腰抜け議会には「戦争イクナイ」と言われたものの、幼い頃からのスパルタ教育で「降伏、撤退、アリエナイ」が染み付き、スパルタを愛する王は、「ちょっと散歩いってくる」と、300人の散歩仲間(全員フル装備)を引きつれ出立するのでした。
目指すは大軍の利点を殺すテルモピュライの谷間。
かくして、300VS10000、伝説の「テルモピュライの戦い」の幕が切って落とされたのだった・・・
はたして、スパルタと髭王レオニダスの明日はどっちだ!?

飛び散る血液、腕、脚、そして首。
しかし、原作アメコミの画質を見事に再現した独特の画面効果のおかげで、不思議と残酷さやグロさは感じない。
(万人にイケるかもしれないゴア描写、というのはホラー映画の今後を考えると重要かもしれない)
筋骨隆々としたむくつけき男達の筋肉・太腿祭りなのに、何故か暑苦しさはない。
戦闘シーンも緩急つけたスローモーションの多用と、それがハッキリと活描するレイアウトバッチリなアクションには、勢い任せの乱雑さとは無縁で、むしろ美しい。
容赦ない変態侵略者を、これまた容赦なくブチ殺し返す「どっちもどっち」なお話にもかかわらず、そこにはまったく野蛮な印象はなく、むしろ詩的な、あるいは悲壮感漂う感傷的なトーンが前編を覆っている。

正直、観ながら中盤までは困惑した私がいましたよ。
もっと、あからさまに蛮勇を奨励し、なんちゃってアクションが炸裂する「熱いだけ」の映画(例えば『ランボー怒りの脱出』や『ロッキー4』みたいなの)を想像していたので。

なんと、安易なヒロイズムで敵をけちらし「やったー!俺達最強!」なだけの映画ではなかったんですよ。
そして、、自己犠牲でお涙頂戴な和製戦記映画風ベクトルでもないところが驚き。
普通はそっちに持ってくよね?やれ「尊い犠牲」だ「美しい」だの。
「ああ、彼らは凄かった。ありがとう(涙)」ではないんです。

それは、テルモピュライの戦いの結末と、その後の展開が雄弁に語っている。

これはきっと、原作の精神なんでしょうね・・・フランク・ミラーは「涙腺」ではなく、「高揚」を選んだ。
(うおおお『シン・シティ』見てー!)←原作者同じ
だからこそ、一見悲壮な展開の中で、こちらの胸の内にふつふつと燻り始める火種が感じられるはずです。
そして映画のラストシーン。
興奮という名の炎が一気に燃え上がる、その気持ちよさといったら!!
そして、最高潮に高まったカタルシスのその頂点で、映画は幕を下ろします。
こちらに素晴らしい高揚感を残す(否応ナシに残りますw)その構成がまた、ニクい!
ニクいよ、ミラー&スナイダー!

いやぁ、ザック・スナイダー、マジ見直した!
これは劇場で観賞した甲斐がありました!
DVDも「買い」決定だなこりゃ。


では後は不真面目に^^;

いやー、盾最強!
300_tate.jpg
幼い頃から慣れ親しんだ盾と、盾戦術があれば怖いものなし!
しかもその盾アクションが格好イイんだ!
そこだけでも観る価値アリ!
う〜ん、カッコヨスギだぜスパルタン。
あやうくFF11でヒュム髭作成してサブリガ穿かせるとこでしたw

こういう、例えば「グラディエーター」とか「トロイ」みたいなのに魅力は感じてなかったので、我ながら吃驚。
これも画面効果のおかげなんでしょうね!

んでね、ロドリゴ・サントロ演じる敵の神王クセルクセス(右)が無駄にエロいのがまたイイ。
300_eros.jpg
ほぅ〜ら、エロいエロいw
なんかPONさんに似てない?w

そうそう、音楽について語らねば。
本作のスコアはタイラー・ベイツ
「えー誰それ?」な私でしたが、プログラム読んでまた吃驚。

ベイツ氏の作曲作品:
「ドーン・オブ・ザ・デッド」
「デビルズ・リジェクト/マーダーライドショー2」(!)

今後の公開作:
リメイク版「死霊のえじき」(!!)
リメイク版「ハロウィン」(!!!)

これからのホラー界は、ベイツ音楽なしには語れないかもしれないっ!

では、最後に、劇場でのちょっとしたエピソードを。
いよいよ上映が始まる数分前。
後方正面のナイスな位置を占めてピール漬けハチミツレモンをグビグビしてると、中央通路をありえない客層のカップルが歩いていくではありませんか。

どう見ても70は下らないお爺ちゃんとお婆ちゃんが!!

二人はニコニコ笑いながら、なんと最前列正面に着席!
そして照明が落とされ、上映が始まったのですが・・・

いやぁ、なんかいらん心配でドキドキしました^^;
だって、なんだかんだで、平気で手足や首がチョンパな映画ですからねぇ、色々と・・・
まぁ、別に心臓に悪いショックシーンなんかはないので、お二人は無事だったんですけどねw
ちなみに、出て行く時も、二人ともニコニコしておられました。
素敵だ。

再来週は「アポカリプト」観てきます^^
posted by るしは at 19:07| Comment(6) | TrackBack(2) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

スパイダーマン3

そんなわけで、観てきました!
spiderman3_1.jpg
スパイダーマン3(原題:SPIDER-MAN3)

せて、その感想ですが…
この手の続編映画の感想の単位として、「Rc(ロボコップ)」というのを、私は採用しておりまして、

2Rc→ノリは別物だが別種の楽しみがあるので良し。
3Rc→駄目駄目なのに主要人物が死んだりして最低。黒歴史化希望

同様の単位で「Bm(バットマン)」とか「T(ターミネーター)」、「A(エイリアン)」とかもありますが、それはまたいずれそのうち(笑)

で、今回のスパイディ3を一言で表すなら…

2.5Rcかなぁ…

続きを読む(ネタバレ満載!)
posted by るしは at 14:55| Comment(4) | TrackBack(1) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

スパイダーマン2

spiderman2.jpg
スパイダーマン2(原題:SPIDER-MAN2)

さて、2を見る前の懸案事項は「2をどう始めるのか」でした。
なにしろ、1でピーターがヒーローとして覚悟完了しちゃってますから。
「完成したヒーロー」は逆にドラマたりえないですから、おのずから敵(ヴィラン)のバリエーションや特殊効果だけを売りにした外見だけ映画になりかねません。
で、これまた地上波放映を録画しておいたのを観てみたわけですが…

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

スパイダーマン

spiderman1.jpg
スパイダーマン(原題:SPIDER-MAN)

昔、レンタルで鑑賞。
先日のTV放映で久しぶりに再見したわけですが・・・

「ダークマン」の雪辱を見事に果たしていて素晴らしかったです!

しかも大ヒットですからね!ライミの溜飲もかなり下がったことでしょう。
孤高の道を歩まんとヒロインの元を決然と去る工ンディングは、八リウッド的ヒーローにはないストイックさで、格好良かった。
ブルキャンもちゃんとカメオ出演してたしね!台詞も多くてグゥ!
(しかし『ダークマン』のラスト以上に破壊力のあるブルキャンカメオではなかった…当然だけど^^;)

なのに…DVDをライブラリしなかったのは、何故だろう?
ぶっちゃけ2だって劇場に足を運ぶことはおろか、レンタルすらしようとしませんでしたから。
いったい何をトチ狂っていたのか、当時の自分を小一時間ばかり問い詰めたい心境です。馬鹿馬鹿。
ああ、でも3の公開に間に合ってよかった。ありがとう地上波放映!

続きを読む
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(0) | 映画(アメコミ系) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。