新着記事

2007年11月27日

[CoD4]の凄さがわかるFPSたち

表題の通りです。もし私がCoD4をやってさえいなければ、もうちょい好評価だったかもしれないゲーム達をご紹介。

SoF(SOLDIER OF FORTUNE:PAYBACK)
1年くらい前にやってれば「うおー画面綺麗だー」って喜べたんだろうなァ…
被弾描写の容赦の無さで有名なこのシリーズを、とうとう最新作で体験!と意気込んで買ったはいいが…アハハハハ〜さすがにハズレも引きますわなw
噂の被弾シーンも、五体がポロッて感じでむしろ嘘臭さで白けます。
その筋に詳しいTakoyan師によると、どうやら前作より劣化しているようで・・・
あと笑ったのがボスね。
単に硬いだけって・・・いつの時代のアクションゲームだてめェは!
これで嘘臭い装甲服でも身に付けていれば多少の説得力もありますが、生身の男が、数十発の弾丸&手溜弾くらってピンピンしてるって何><
なまじグラフィックがリアルな分、萎えたわ・・・

ジェリ子(CLIVE BARKER'S JERICHO)
これは、「SoF」よりはマシなのですが、やはり「CoD4」の緻密な演出、仲間と敵の動きを見てしまうと、見劣りしてしまうのよね…
ただ、まだプレイヤーキャラを仲間の中から任意に切り替えるという本作の肝の部分に達してないので、最終的な判断は保留しますが・・・
しかし、それでも「掴みが弱い」と思ってしまうのは、やはり「CoD4」やってるせいか…
せっかくクライブ・バー力ー印なんだから、「主人公はピンへッド」、「セノバイト達を任意で切り替えて進むチームFPS」だったら食いつくんだけどな(笑)

BLACKSITE:ARIEA51体験版
ミリタリーFPS+ホラーSF要素といえばモロ私のツボにストライクなジャンルなはずなんですが・・・
C0D4と比較するまでもなく、そのはるか数年前に作られた「Half-Life2」の足元にすら及んでないというのはどうだろう・・・
まぁ「Half〜」はよりアドべンチャー寄りな作品であるし、演出面で比較しちゃ可哀想というのはある。
しかし、シューター寄りの「CoD4」がインタラクティブな部分であれだけのストーリー性を実現してるのを見るまでもなく、あらゆる部分が「物足りない」んですよね・・・

と、いうわけで、何が言いたかったかというと、

「CALL OF DUTY4」凄い。
posted by るしは at 22:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイ・アム・レジェンド

ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド(NOTLD)」が「アイ・アム・レジェンド」の影響下に作られたという話は聞いていたが、「アイ〜」末読な上その映画化作品も未見だった私。
今回初めて「アイ〜」に接し、マシスン好きというより、むしろゾンビーズとして今まで「アイ〜」を蔑ろにしてきた自分を恥たい。

前にも書いたけど、これはゾンビ好き必読の書である!

何故なら、「NOTLD」に始まるロメロゾンビにとどまらず、「スナイダー版ドーン」や「28日後・・・」の[走る系]、「えじき」「ランド」で提示された[考える系]のあらゆる要素をすでに備えているだけでなく、さらに「その先」までも描いた、とんでもない代物でした。
これが1954年、私が生まれる16年も前に書かれていたなんて・・・全員、マシスンに敬礼!!

しかし、ここはまず、ゾンビーズとして、ロメロ御大にフォローを入れておこう。
ゾンビを意思のないノロマ(従来のゾンビ像のまま)に設定したのは、紛れもなくロメロの功績です。
だからこそ、あの緩く倦怠に満ちた重苦しい絶望的なドラマが生まれたのだから。
「アイ〜」を読めばわかりますが、似たような状況でも両者の孕む緊張感はかなりトーンが異なります。

ゾンビは四六時中フラフラしてるけど、吸血鬼は日中は出没しないし、「ゾンビ」は生き残った人々=社会の縮図なわけだけど、「アイ〜」の孤独な主人公に社会性の投影はないとか。
実際ないわけではないのだけど、そこは『アイ〜』が結局[社会]の変容ではなく[人類]を描いている(=ホラーではなくSFにカテゴライズされる)部分で、そのベクトルはかなり異なる。
主人公に感染の危険性がないのも、特に大きな差かもしれない。

群像劇でない分、主人公の感情の起伏自体がサスペンスで、こういうのマシスンは本当に巧い。
さっき芽生えた楽観が、ささいな事で焦燥あるいは恐慌に転じる主人公の内面は、本当にハラハラして見てられなくなります。
孤独と恐慌を書かせたらマシスンは絶品です。
(今回の翻訳では三人称から一人称の激昂への文の流れがイマイチ硬く、そこがちょい残念)

回想シーンとして、社会が吸血病で崩壊していく過程が(部分的ながら)描かれているのも興味深い点です。
ゾンビ物は(ほとんど映画なので予算の問題が大きいんだと思いますが)崩壊後、あるいは末期から始まるのが殆どですからね。

また、その結末に対する両者の姿勢も違います。
そこらへんは上でもちょっと触れましたが、「ゾンビ」があくまでホラー、あるいは現代への風刺劇の範疇にあるのに対し、「アイ〜」がSFにカテゴライズされることにも表れています。
とはいっても、それはSF的ガジェットでオチがつくというのではなく、マシスの視点が「現状」ではなく「その先」を見据えているからに他ならないわけですけど。
(あと、別にホラーよりSFが上と言っているわけでもありませんので、念のため)

ともかく、ゾンビ好きは読んでおいて損はない小説です。オススメだよ!
私が薦めるにしては比較的入手しやすいと思いますので(笑)是非!
IamLegend.jpg
リチャード・マシスン「アイ・アム・レジェンド」(早川文庫)
(一応、ネタバレにならないように頑張ってみました!う〜ん、やはりバレなしは書きにくい^^;)
----------------------------------------------------------------------------
それにしても、映画版が楽しみなのと同時に不安です。
あのラストは絶対メジャーハリウッド作品じゃ無理だろ・・・と思ってたら、なんか急遽ラストが撮り直しされたとか。
う〜ん、不安。
予告編を見る限り、最初は吸血鬼の存在を主人公が知らないようにも見えるけど・・・アレはあえて「昼間」のフッテージだけを繋げたのかな・・・

「昼間」の主人公のある「作業」とか、映像で観たら凄まじく凄惨になるけど、そこらへんはどうなのか・・・

パートナーにわんこがいることからも、結構改変されてるかもしれませんが・・・いや〜、原作読んでると、パートナーに元気なわんこがいるだけで嬉しくって泣いちゃいますね!
原作のあそこはね、ホント泣いたもの・・・
逆に、あのあたりのシークエンスがない(かもしれない)のは凄く残念ですけど。
あそこが忠実に映像化されたら「ホラー映画で号泣」が実現したかもしれません。

主人公からして職業が科学者(ん?医者だっけ?)なので、吸血病(映画だと化学兵器だっけ?)の解明に対するベクトルが大きくなるのかな?
(アッサリとワクチン開発→ハッピーエンドとか勘弁ね)

とまぁ、色々気になって仕方がないので、映画「アイ・アム・レジェンド」は年内の観賞予定映画リストの最優先事項なのです。
これで年明けに「28週間後・・・」と繋げられれば流れとしてベストっすね!ゾンビーズ的にw
posted by るしは at 00:00| Comment(4) | TrackBack(2) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

[Guitar Hero V]ファーストインプレッション

最近(と言ってもモシュ化以前の話なのだが)の衝動買いの中で最大のモノがズバリ▼
GuitarHero3
【アジア版Xbox360】Guitar Hero V:Legends of Rockギタコン同梱版

カオス館で購入したのだが、お値段ナントいちまんろくせんはっぴゃくえん!
しかし、後悔はしていない!

元来音ゲー好きではあるものの、ギタコンでのプレイの気持ち良さは格別!
普通のコントローラーでプチプチとボタン押してやった体験版とは天地ほどの開きがあります!
かつてギター挫折経験のある私としてはその雪辱も兼ねてウフフフフなのであります♪
(私には四弦が限界なのですよ・・・)

なんでも収録曲がとても豪華らしいです。
(私はあらゆるミュージック・シーンに疎いのでわかんないんだけどネ^^;)
そのせいか北米ではやたらと売れたんだとか。

序盤のNPCギタリストとの協奏(対戦)でやたらてこずってたんですが、ギタコンを縦に構えると相手を妨害(アイテム攻撃みたいなの)出来ることに気付きました。
そういう傾きを検知する機械が入ってるとは吃驚。さすがギブソン製だわ!
(それは関係ないかもしれないがマジでギブソンのロゴ入リ!)
そんなわけでなんとかNPCギタリストを破って国外進出!
今はイギリスでブイブイいわしております!
(3ボタンしか使わないEasyだけどネ♪)

これはまたアクティビジョン・ジャパンの策略で360だけローカライズされないわけなんですが、幸いにもDLコンテンツは日本マケプレでも配信されてるので一安心。
久しぶりにゲイツ投入しようかな〜。
posted by るしは at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月24日

毎年恒例この時期は風邪をひくのが礼儀

先日CS研修というのを受けてきました。
勿論みんなでPS2のコントローラー握り締めてCS(コンテキスト・センシティブ)アッタクの練習をしたわけじゃぁありません。
しかし、「ゴッド・オブ・ウォー2」序盤のHイベントは凄かったなぁ。
セックスをゲーム化ですよ!
勿論モロそういうそういうシーンがあるわけではなく、画面に映ってるのは小便小僧の石像(笑)
バックにおねえちゃんのアァンアァンという声が響く中、表示されるマークと同じボタンをタイミング良く押すとクリアというCSアッタクの変種ですな。
で、入力ミスるとおねえちゃんが「あぁん、私マダなのにぃ」

よくCERO D(17歳以上対象)で通ったなぁ、このゲーム・・・

ますますCEROの基準がわからなくなりましたが(おねえちゃんのオッパイは駄目だったらしくそこは修正アリ)、イベントが削除されなかったのは良いことです。カプコン頑張ったな。

イキナリ話がズレましたが研修で受けたCSは《顧客満足》の方ね?
ああいうロールプレイング形式の研修は結構好き。
参加するのに店のシフト調整やら自分の休みをズラしたりとかの苦労がなければねー。

で、熱のある中参加して案の定悪化→翌日通し勤務→翌々日は通常勤務(これが救いだった)を乗り越え、今日明日、ひっさしぶりの2連休だお!

で、昨日は帰りにアートマンに寄って枕と敷きシート(っていうのかな?)を購入。
最近寝苦しくて寝起きも最悪だったので、ちょっとだけ奮発。
枕も使ってたのが安い低反発マクラで、やすいだけにむお殆ど反発しなくなっており、敷布団は使い古しの煎餅布団が1枚だけだったので。
で、結果どちらも大当たり!

枕は低反発素材とビーズの混合なのだけど、もう、頭乗せた瞬間から心地よくて眠りそうになる逸品。
お値段は5千円しなかったんですが、これは良い枕。

シートは、ホントはもう一枚敷布団が欲しかったんですが、妥協してシートに。
帰郷の際、敷布団2枚重ねの効果を思い知っちゃったんですよね。
でも敷布団はベラボーに高いので安いシート(これも5千円しない)を購入。
でもこれが馬鹿にならない代物でして。
マジあったかいの。全然違うのよ。まるで床暖房入れてるみたいな暖かさ!

おかげで熱があるにしちゃ気持ちよく寝れました。
とはいえ、まだまだ熱っぽいですな。
とりあえず今回っている洗濯機が止まったらまた一眠りします。
ホントは今日は「バイオ3」か「モーテル」あたりを観に行くか、メッセだかビッグサイトだかでやってる電撃のイベントでガンスリのドラマCD先行発売に参加したかったんだけど、ま、これは研修の日の体調から早々に諦めていました。
とりあえず今日は静養に徹して、明日は映画やゲームに邁進出来るよう努力しよう。

映画といえば久しぶりに未見なのにDVD購入決断作品「ハイパー・土人・アクション超大作」(命名wataruさんw)は届いてるし、そろそろショーン・ビーン版「ヒッチャー」に備えて、セクシーなボクのサンタたん(←キモ発言w)に以前贈っていただいた「ハウアー版ヒッチャー吹替版」で見直そうかとか、ショーン・ビーンといえば久しぶりに超痛快復讐大作「サイレント・ヒル」も最近観てないよ〜とか思ったり、実は書きかけの感想記事が結構あったりと、映画ネタでも立て込んでいるな・・・
劇場に足を運びたい映画も結構あるしね。

ゲームもやはり立て込んでいます。
絶賛プレイ中の「バレッチ」「CoD4」「Boewulf」は勿論のこと、ここ数日でさらにPSP「AVP:Requiem」にDS「Orc&Elves」、360では「SoF:Payback」そして大本命「Mass Efect」の輸入版大攻勢に続き、月末から来月は和ゲーの大攻勢が始まるという・・・
それでいて積みゲーも山です。いや、まいった。

実はkurosuiさん同様(こちらは社命なんですが)ウチも会社のHPを各店舗ごとにブログ形式で店長が管理することになりまして。
そちらは毎日更新することはないのですが、なんだか公私ともに立て込んでまいりました。
(会社のは就業時間内にどうどうと更新できるのですが)

そろそろ年末も近くなり、この時期になるとまた「自分のブログの形態」について色々考えます。(リセット大好きなもので)
最近の、UPしたいネタや観想はあるんだけど、色々な意味で「UPしやすい記事」しかUP出来ないという現状が不満で不満で。
例によって「ゲーム」と「映画」を分けるべきか否かとか考えるんですが、わけたところで割ける時間は一緒だから結局双方の更新頻度が低下するだけ=現状と一緒、だし。
いっそ全て雑記形式というのも昔から惹かれているんですが(多分一番楽)それだと「細かくカテゴライズして見直しやすくしたい」という欲求に反する・・・

あ、kurosuiさんにならって私も質問しちゃおう。
一つの記事に複数のカテゴリ設定、もしくはタグで管理できるブログで、扱いが簡単なのってありませんか?

例えば一つの記事で映画「遊星からの物体X」とゲーム「Beowulf The Game」に触れたとします。
この記事をカテゴリ(あるいはタグ)の「ホラー映画」「遊星からの物体X」「Xbox360」「Beowulf The Game」のいずれかでも見つけられるのが理想なんですけど。
さらに「映画」→「ホラー映画(異星人)」→「遊星からの物体X」とカテゴリをツリー形式に出来れば最高。

こういうのseesaaじゃ無理なんです。
どなたかご存知でしたら是非教えてくださいませ!ぺこり。

さて、洗濯機も止まったし、干して一眠りします。
これだけ雑記れるから例年にくらべれば凄くマシですね。
昨夜も寝る前に韓国タグ取得したりブログ巡回したり。
コメントしたりトラバ送ったりしたいとこはまだまだあるんですけどね。さすがに全部といはかなかった><
そんなわけでおやすみなさい!再見!
posted by るしは at 15:35| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記(2007年) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月22日

360は来年春も安泰

Xbox360「バトルステーション:ミッドウェイ」(スパイク)2月7日
Xbox360「バイオショック」(スパイク)2月21日
Xbox360「トゥームレイダーアニバーサリー」(スパイク)3月
Xbox360「スケート」(EA)3月
Xbox360「ライデンファイターズ エイジス」(サクセス)2008


フラゲ情報ですがバイオショックの予想外の速さが嬉しい!
ララさんはPC版とか未プレイだし、なんといってもトゥームはかつてやりこみ完全クリアした(私が唯一ゲームで誇れる業績)1がどう新しくなってるのか楽しみなので購入決定。
スケートもローカライズ嬉しいなぁ!アジア版やらずに待ってた甲斐があった!(いや持ってるんだけどね^^;)
ライデンなんとかは初耳です。コレなぁに?
posted by るしは at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

[Beowulf The Game]ファーストインプレッション

どうも今年はゲーム運だけは良いらしい。
これだけ(主に洋ゲーを)呆れるほど買い漁っているというのに、ハズレらしいハズレに当たってないのが凄い。
Beowulf_AJIA
で、この【アジア版Xbox360】Beowulf The Game
コレはホントに衝動買いでして。
映画とのメディアミックスなのですが、その映画もジョリ姐が出てるんだっけ?程度の知識しかなく。
しかも荷が届く頃海外ゲームサイトにUPされたレビューのスコアは軒並み最低レベル。
「ああ、やっちゃったか^^;」
と、諦めの境地でしたよ。で、とりあえずプレイしてみたんですが…

他人の感想なんて当てにならないなぁ・・・面白いじゃん。

一言で表すなら

歌うゴッド・オブ・ウォー meets ピクミン?

「Conan」よりはハイデフの恩恵を授かっているかな?(そういや『Conan』感想あげてない><)
爽快さでは残念ながら「ゴッド・オブ・ウオー」(以下GoW)に及んでいない。(及んでいたら神ゲーである)
巨大ボスキャラでCSアタック(画面表示のボタンをタイミング良く押すと映画的演出で攻撃)はまさにGoW。
巨大ボス戦の多さはGoW上回ってるかな?(『GoW2』は未プレイ)

で、GoWにないフィーチャーが「ピクミン」要素。
私は「オーバーロード」未プレイなので仲間たちもワラワラと剣を振るう様子は新鮮です。
で、その大海原の荒くれ者達に指示を出すことが出来ます。
指示と言ってもRTS的な複雑なものではなく、

[行けー!]
[集まれー!]
[俺の拳が天を突く!(意訳)]
[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]


の、4種類のみ。
私的に、戦闘時には[俺の拳が天を突く!(意訳)]必須な感じ。
これを命ずると主人公ベオウルフと荒くれ達がブルーのオーラに包まれパワーアップするようですが(少なくとも序盤は)パワーよりその視覚効果が目当て。
いや、だって敵も見方の荒くれ達と似たような格好してるんで区別がつかんのですよ(笑)

[行けー!]は突撃命令っぽいですが、これを命じなくても敵が近付けば荒くれ達は勝手に戦ってくれます。
どちらかというと干渉可能オブジェクトを動かすための命令ですかね。
例えば、巨大な石の円盤が道を塞いでいたとする。
それに向かって[行けー!]を命ずると、彼らがワラワラと円盤に集まり、えっちらおっちら(死語的表現)押して動かしてくれます。

さて、そこで出番が[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]だ!
彼らはバイキングですから歌大好き!(なのだと思う)
そこで彼らの王ベオウルフ様自らが歌って鼓舞してやれば、彼らのテンション急上昇!作業効率大幅UP!なのですが!

で、このコマンド入れると突然音ゲーになるのが吃驚(笑)

画面中央にサークルが現れ、そこを回るマークの色にあったボタンをタイミングよく押したり押し続けたり離したりすると、バックのBGMもより高々に!
男達の合唱も(合唱するんですw)より勇壮に!
まー、CSアタックの変り種ですね。

で、コレ、失敗するのが楽しい。(えー
入力ミスるとBGMもぶべッと途切れ、円盤押していた荒くれ達がズッコケます(笑)
ええ、それこそチョーさんが「駄目だこりゃ」と言ったかのごとく見事にズッコケます。

この[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]がボス戦闘前にイベント的に挿入されてるシーンがありまして。
今にも巨人ゾンビが門を破って侵入しようとするシチュエーションで、不安に駆られる荒くれ達を[俺の歌を聴けぇ!(意訳)]で鼓舞するシーン。
イベントだけあってサークルの入力も長く、タイミングも幾分難し目。
当然、失敗するとぶべッと中断しちゃうわけですが、そこで画面が切り替わり「最初からイベントやり直し」にならないのは何故だろうw
なんと、ベオウルフ様その場でやりなおすことになるんですよ。
結果・・・

何度も歌をトチり歌いなおす主君。
それに何度も何度も飽きずに付き合う忠義者の荒くれ達。
さっきから門をズガンズガン攻撃し今にも入ってきそうなのに全然門を敗れないゾンビ巨人。
(・・・門、堅牢じゃね?www)


という、なんか微妙な空気のシーンが出現^^;
なんか途中から妙にツボにはまってか笑ってマトモに操作出来ず、変な腹筋スパイラルに陥って窒息するところでした(笑)

やー、面白いね!まだ序盤だと思いますが気に入りました!
この先海外評も納得のゲーム展開が待っているかもしれませんが、ファーストインプレッション的には全然OKです。

ストーリーはおそらく映画から良いシーン抜粋の切り貼りだと思うので、ちょっと映画も観たくなりましたよ。
丁度ショウビズカウントダウンのPicUpコーナーで予告編を見ましたが、ビジュアルの再現性は結構高いですね。
ゲーム中主人公がことあるごとに「I am Beowulf!」と叫んで五月蝿いんですが、予告編でも同じ訛声で五月蝿かったのには吹きました(笑)

ってか、映画の監督ロバート・ゼメキスだったのね!
posted by るしは at 21:55| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月20日

ブラックラグーンじゃなくBLACKLAGOON求む!

ニコニコで「ブラックラグーン」のやたらノリのいいMADをアレとかコレとか発見。
気がついたら毎日見ておる私がいる☆
で、そのままニコニコ彷徨ったら英語版音声の第1話にたどり着く。
「ブラックラグーン」
原作漫画は昔の猫闘病の折の金銭難から収集を止めてからなんとなく集めずじまいで、アニメ版は人から借りて1話だけ観たことがあったんだけど、どうも期待した演出じゃなくて(いかのもB級アメリカTVドラマみたいな奴を求めてた)続きを見る気が失せたわけだけど、英語音声を聞いたら不満が吹っ飛びました
やはり作品のコンセプト的にも、英語音声が収録されていない日本版DVDの方がおかしいんだよなぁ、やっぱり。うんうん。

とか肯いてたら発売もとのGENEONが北米撤退!!
北米版ブラックラグーンは3巻(12話)で発売中止!廃盤決定流通在庫のみという悲しすぎる事態に><


いつもお世話になっているDVDFantasium様には今のところまだ在庫はあるようで・・・あああああああどうしたらよいか!?

買うか!?素敵な英語吹替えのために12話打ち切り(まぁ日本語版は続いてるわけだけど)のDVDシリーズを、買うのか!?

あああ迷う。迷うとたいてい買う私だが今は迷っておるのです。
GENEON!なんて罪作りな企業なの!?

とりあえず漫画を全巻集めよう。全てはそれからだ。
posted by るしは at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。