新着記事

2007年11月13日

CALL OF DUTY4が凄い件

最初に言っておく。「CALL OF DUTY4」は、か〜な〜り、凄い!
CoD4_SS1.jpg

今まで私はホラーやSF色のFPSしか経験がなく、リアル系FPSは初めてなんですが、いや〜凄い。
なんか戦争してる感じ!(頭悪い感想だなァ・・・でもホントそんな感じ)
他のリアル系(例えばベガスとか)もこうなのかしら!誰か教えて欲しいもんだわ!

で、リアル云々は置いておいてだ。
私的には「ヘイロー3」で感じた不満が見事に払拭されてるデザインに感動しました。

×マップやたらだだっ広く、マップごとの特色があまり感じられない。
×主人公の置かれた状況に危機感や高揚感が感じられずプレイが平坦な印象。


という「ヘイロー3」不満の、逆を行っているわけです。
ようするに、

○広くはないが凝った配置のマップは、ミッション同様の多彩さで素晴らしい。
○マップ構造、敵味方の配置、ミッション目標、音楽、あらゆる要素が危機感を高め、またプレイヤーを高揚させるために設計されている。


前マップについては、ホント多彩かつ面白い構造で、方向音痴な私が『あれ?ここ違う場所なのに前に通ってね?』と一度も思わなかった程差別化が図られています。
それでいて現実感をまったく損なわず、中東っぽい町並みや平原、廃墟を再現してるのには感動すら覚えます。

その素敵マップの上に、あらゆる要素を導入して「物語」が配置されてるんですから、たまりませんよ。
勿論、ムービー垂れ流しの合間にFPSシーンがあるだけじゃありません。
主人公の行動に対する味方、敵、状況の変化が=「物語」になる、まさにゲームならではのインタラクティブな話法で。

全体を映画的に設計した「Half-Life2」ほどではないにしろ(ちゃんとブリーフィングは挿入されるしね)それでもこの「ついコントローラを握らせる力」は凄い。
ミッションが馬鹿長くない上にチェックポイントが小刻みにあるので、再開がとても容易なんですよね。
「ちょっとやれば進めそうだな!」と思わせてくれる。
コマ目に解除される実績もやる気をかきたててくれるんですよね。

マルチプレイもちょいとやってみましたが、や〜殺された時、どうやって死んだかわかる(敵の視点でリプレイ)のが良い!
ただでさえ欧米の猛者達に瞬時に嬲り殺される宿命なので、それがあるだけでかなり理不尽感が減ります。
というか、自分のヘボさと相手の上手さがわかって勉強になるなぁ。

そんなわけでオススメなのですが・・・残念なのは例によってアクティビジョン・ジャパンの陰謀でXbox360版はローカライズ予定ナシ!ガッデム!
しかし、しかしです。
丁寧なチュートリアルに上記のこまめなチェックポイントのおかげで、詰まったように感じても、何度か試行錯誤すれば道は開けます。
「ああ、なるほど!どうりで敵の抵抗が凄いと思ったら、仲間がさっきから叫んでいたのは『脇の路地から迂回しろ!』だったのね☆」
てな具合にね。
エイムに補正もかかるし(オプションで解除も可能)、実はFPS初心者入門編にもよろしいんじゃないでしょうか。
これから入ったら目が肥えすぎてしまうかもしれませんが。
ともかく、買って損なし!英語版ですが自信を持ってオススメです。

これを遊ばない手はないよ〜。
なにしろ、「疲れた疲れた頭痛眠いィ」と唸ってる男が自殺行為的な夜更かししてプレイするくらいですから!(誰か止めてー)
CoD4
【北米版Xbox360】CALL OF DUTY4(Activision)私のは安いAU版(ジャケダサイw)
---------------------------------------------------------------------------
360ゲーはまだまだ語りたいタイトルが山積みなのだけど、とりあえずはCoD4やらしてくださいね♪
posted by るしは at 22:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月12日

[ボーン・アルティメイタム]簡易感想+映画雑記

日曜日は体が訴える「疲れた」「眠りたい」を無視して映画館行ったりゲームやりまくったりしてやりましたよ!バーカ!バーカ!体のバーカ!・・・俺の馬鹿・・・orz
(そんなわけで簡易感想なんやで・・・ネタバレは反転してるんやで・・・)

[映画]ボーン・アルティメイタム
相変わらずボーンの優秀さが存分に描かれ、キャメラは迫力を増しひじょうに満足の行く1本でした。
ただ、私的には前作「〜スプレマシー」のが好きかな。
2でボーンの行動理由が判明する構図が、彼の人間性を表すと共に、物語をとても印象的に締めているのが大好きなんですよ。
殺し屋の存在感も素晴らしかったし。
その点今回の「〜アルティメイタム」は一箇所ご都合主義展開がみられたし、ラストの散漫さも残念な点。
(でも最後に劇場のほぼ全員が『ホっ』と安堵の溜息を漏らしたのは印象的でした)
あと、手ぶれカメラを多用し細かいカット割りを多用した演出は健在どころかさらに拍車がかかってるので、劇場前列で見ると酔うかもしれませんよOLDさん。
詳細は、またじっくり書いてみたいところではあります。
----------------------------------------------------------------------------
ちと体調不良で連続鑑賞する予定だった「バイオ3」は今回は見送りました。
他の鑑賞予定は「SAW4」ですが、鑑賞は来月になりそう。
(来月までやってるかしら・・・)
「バイオ3」もゾンビーズとしては観たいんですが、さすがに暫くは静養にあてないといけないっぽいです。このヤワな体め!
しかし、マジで今度の休みは静養にあてないとヤバイです。ホント、店のシフトさえマトモだったらなぁ><
(つーか最近「店のシフトが異常」なのか「俺が単に疲れやすい人」なのか自信が><)
「ゾンビーノ」も六本木とかそっちに出ないといけないのでスルーが濃厚であります・・・嗚呼・・・
後、今猛烈に観たいのが「アイ・アム・レジェンド」と「28週間後」。
「アイ〜」は復刊されたマシスンの原作を読んで仰天したので、出来ればそっちの感想を鑑賞前にUPしたいところです。
posted by るしは at 21:03| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

機動戦士ガンダム00#6「セブンソード」

誰もがAEU陣営に対し不安を抱いていたと思う。
ユニオンには名言吐きまくりパツキンが。
人革連にはシブ傷と超兵壱号ちゃんが。
しかし、ひるがえってAEUを見るに・・・パトリック・コーラサワーで大丈夫なのか?と。
その回答が示された回でしたね。

まさかの新キャラ登場。
なんと1話でパトリックが乗り手も足も出なかったイナクトでガンダムを圧倒する操縦技量を見せ、しかも、主人公「俺がガンダムだ」君の旧知の人物という設定とホランドの藤原啓治による美声を装備し、イッキにメインキャラの座に躍り出ました。
よし、AEUはこれで大丈夫だ!

同時に、パトリック・コーラサワーの「万年噛ませ犬説」が確定した瞬間でありました。
(唯一名前覚えたキャラなのになぁ・・・合掌)←※死んでません

あと、巨乳艦長さんまでユニオン側の変なポニテと知り合いだったり、「俺がガンダムだ」君とホランド声といい、意外と地球は狭いなぁ。
(それにしても、いつから女艦長=巨乳がデフォになったんでしょうね?)

徐々に相関図も出来上がってきて、各陣営に気になるキャラもちらほら現れ、結構最近観るのが楽しみになってきていますよ。
posted by るしは at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月10日

[バレットウィッチ]Easyクリア

もしゅ化する前の記事なんですけどね。

【Xbox360】バレットウイッチ、クリア!

勿論Easyですが。
トライデントサーペントは、[間違いしゃがみ]をせず、怨霊魂回避を心掛けたら、案外余裕でありました。
まあ、初期ガンロッドをMaxまでLvあげたせいかもしれませんが。

やー、なんか凄く満足感があります。
勿論このゲームが「私の求める理想形」ではないのですが、私がゲームに求める要素が「全て含まれている」ってだけで稀有なゲームなんですよ。
それだけでも殿堂入りです。
続編、出ないかなァ。

で、早速Normalをやってみました。

確かに・・・Easyが一番難しいと言われるのがわかるなァ。
ステータスが強化されたアリシアさんにとって、一つ上程度の難易度など軽いものです。
あれほど苦労したSTAGE2も、アッサリと一発クリア。

これは・・・確かに気持ちイイかも^^
このままガッツリ進めたい気もするんですが、とりあえず衝動的に買いすぎた洋ゲーを消化するとします。
posted by るしは at 14:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

機動戦士ガンダム00#5「限界離脱領域」

危ないとこだ・・・もう今日が6話放送日じゃないの・・・ギリギリセーフ。
-------------------------------------------------------------------------------
予告編でチキンVS超人一号と思いこんでいただけに、一号とチキンの精神感応(マイスターも強化人間?)、チキンの多重人格(!)の発覚と、予想外の展開。
そのまま一号の暴走による軌道ステーションの一部崩落と、その救助のためのガンダムと人革連(シブい疵)の協力、他のガンダムの能力を生かした気の効いたサポートと、実に気持ちのいい流れ。
チキン、シブ疵とキャラも掘り下げられ、艦長とメガネのやりとりからソレスタルビーイング内の危ういバランスをも窺わせる内容は、下がった作画レべルと下手な演出をかなり補ってくれました。(余りあるほどではなかったけれど)

しかし、人革連MSの手足を生やした面長な戦車みたいなフォルムは地上で鈍重に動いてる分には見栄え良いが、宇宙をビュンビュン飛ぶのは違和感があるなあ。
もっと不格好な方が格好良いのに。(変な表現だけど)
せめて以前登場した高機動型みたいな「無理やり飛ばしてます」感が欲しかったね。

あと、「俺がガンダムだ」君のお隣さんの、その彼女(ガールフレンド)。
てっきり「鈍感な彼氏に苦労する役まわり=常識人」かと思ってたんだけど、今回露見した馬鹿っぷりを見るに、どうもフレイ・アルスターの匂いを感じて仕方ないんですが・・・
posted by るしは at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バイオハザードUアポカリプス

日曜日に劇場観賞予定なので、その予習として観てみました。
51IrUd0i4SL__SS400_.jpg
バイオハザードUアポカリプス(原題:ResidentEvil:Apocalypse)
(ジルジャケなのは管理人の嗜好仕様です)

いやー・・・やっぱつまn・・・ゲフンゲフン
ゲーム版の3のストーリーにアリス(ミラジョヴォ)をぶち込んだだけの展開に、前作のオリジナル要素が嬉しかったるしの評価は低いです。
せっかく街を舞台に色んなバリエーションのゾンビさん達が登場してるというのに、主人公が超人的すぎて雑魚扱いされてるトコも悲しいところですね。
原作より登板のジルも、おかげで影が薄くて・・・

▲が以前書いたバイオ1感想で触れた雑感なんですが・・・概ねそんな感じですねぇ。
無理くり褒めるとすれば、

★都市部でのゾンビ禍を描いている。
★一応ゾンビ映画の定石を守っている。
★一部シーンの原作ゲームへのオマージュが微笑ましい。
★ジル(シエンナ・ギロリー)の再現性の高さと美貌が文句なし。
★カルロスが途中参加ヒーローにしては強くて意外と格好イイ。


しかし、突っ込みどころは前作よりはるかに多く・・・

■ハイブから市外への感染拡大過程がはしょられててガッカリ。
■演出が平板すぎて緊迫感がまったくない。
■ネメシスのデザインが忠実なのはいいが、作り物っぽすぎて萎える。
■超人アリスが目立ちすぎな上登場人物が多く、せっかくのジルやカルロスも霞んでしまい、結局アリスが大暴れしてた印象しか残らない。


そして、やはりゲーム版3のストーリーをさらに薄めたストーリーと超人アリスの食い合わせが圧倒的に悪いんだよなぁ・・・
1のハイブ感染の過程とか結構怖かったし、その真相と主要人物の記憶喪失が絡む独自のシナリオは良かったのにね・・・
どう考えてもポール・F・アンダーソン(前作の脚本・監督、今作では制作・脚本)は手を抜いていたとしか思えない。
で、本腰を入れたと思われる「AVP」もイマイチってどうよ?
(まぁ、もともとそんなに力のある監督・脚本家だとは思ってないケドさ)
そこに今回の監督、アレクサンダー・ウィットの平板演出が加わり、結果たいくつなゾンビ映画になってしまいました。

あぁ、みんなが2のことあんまり苛める(笑)もんだから「ここはいっちょう擁護したろう」と思ったんですが・・・あははー^^;

ともかく、アリスという要素がデカいので、そういう脚本を作らないと駄目だよね。
原作ゲームに目配せせずに。
まぁでも、これで3は変な期待をせずに観れますよ^^;
-------------------------------------------------------------------------------
ちょっと話が逸れますが、ゲーム版の3「ラスト・エスケープ」のシナリオは結構好きでした。
2が「次はゾンビの溢れた街が舞台に!?ヤッホゥ」と思わせておいて実際の舞台は9割が建物内部でガッカリだったので、街に蠢く様々な種類のゾンビと戯れられて幸せでした♪
そのノベライズであるS・D・ペリー著「バイオハザード5追跡者ネメシス」(中公ノベルズ)は、カルロスやニコライの肉付けが上手く、ゲーム原作の都市ゾンビ小説としてはなかなか読ませます。
ペリーの6巻まであるノベライズ・シリーズは、ゲーム版「バイオ」の「一地方都市の特殊部隊がなんで国際企業あいてにそこまで戦えるの?嘘臭ぇー」という部分にそれなりに納得のいく補完をしてるので、ゲーム経験者には特にオススメですよ。
(残念ながら6巻で翻訳ストップしてますがね・・・しかも絶版かもわかりません^^;)
posted by るしは at 00:00| Comment(6) | TrackBack(1) | 映画(ゾンビ系ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月09日

ケッチャム熱発症中

う〜ん、我ながら単純ですがジャック・ケッチャム熱が高まってまいりました。
あんなに沢山の人がケッチャムを読んでいたなんて!
なんか・・・無性に嬉しいっ!
その大半が『コレ酷すぎるから手放そうかしら』と思ってたとしても!

みんなもケッチャム読もう!

・・・と気楽に薦められない内容なのがもどかしい。
あ、でも、「隣の家の少女」よりクるのはないから経験者は安心して・・・と、言い切れないか・・・
やっぱDVとか虐待とか、そういうテーマは人によってクリティカルポイントが違うからなぁ・・・

えー、と。
「オフシーズン」と続編「襲撃者の夜」は人喰い一家しか出てこないので安心ですよ!
「悪いけ」「ヒルハブ」「クライモリ」愛好家なら必読と言えるでしょう!
グロいですけど!
「テキチェン・ビギニング」「ヒルハブ」が裸足で逃げ出すくらいグロいですけど!

・・・これは薦めてることになるのだろうか・・・まぁいいや、コナンほっておいてとりあえず役所行く電車の中で「オフ」再読だな。
posted by るしは at 13:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。