新着記事

2007年10月31日

28日後・・・

台風接近でパレードは中止に!「ゾンビーノ」ハロウィンイベント

ゾンビ・パレード中止になっちゃったんですね。
まぁ台風じゃいたしかたないか・・・日本発のゾンビ・ウォーク、実現してほしかったですね。
しかし、27日だったのですね・・・
いや、自分でもコメントで27日と書いておきながら、てっきり「勝手にゾンビ映画祭」の前日のつもりでいたもので。
そのあたりの自分のコメントって、なんかどこか抜けてるんですよね…恥ずかしいっ><

で、その「勝手にゾンビ映画祭」なのですが…
私るしはは、ここに「勝手にゾンビ映画祭」不参加を表明するものであります><
御免…やっぱ徹夜は体カ的に無理。
上映終了時間にすぐ床に着けるならまだしも、家に着くまでにさらに2時間近くもかかることが判明したので、諦めました…orz

・・・と、溜息をつきながら上の文を書いたものの、wataruさんちにUPされてる「28週間後・・・」のジャケとスチルを見るにつれ内なる声が「それでいいのか、るしは!」と問いかける(というより叱責に近い)のを感じ、とりあえず「28日後・・・」を再見して判断を仰ぐことにしました。
---------------------------------------------------------------------------------------
何度も語っていることだけど語る方は何度目でも楽しいので(タチの悪い酔っぱらいみたいなものです)また語りますが、

ゾンビを走らせること自体に異は唱えません。 (それを否定したらバタリアン観れないもんね)
ただし、それにあわせた作劇、演出が用意されていれば、という付帯条件が付きますが。


個人的に「リメイク・ドーン(ザック・スナイダー版ドーン・オブ・ザ・デッド)」に100点をあげられないのは、後半に「なんで追いつかれないの?」「え?今回はそれで撃退出来ちゃうの?」というシーンが散見されるからに他ならない。
ゾンビ映画の定石を詰め込んだスピード感あふれる導入部が素晴らしいだけに(ただし人物描写は犠牲になっているが)余計に後半部のアラが際立つ。
この映画の最大の欠点は、原典である「ゾンビ」と同じ作劇で進めた点です。(リメイクなのだから当然の流れなのだが)
「ゾンビ」と同じ状況で「ゾンビ」と異なる走るゾンビを配するなら、そこには導入部同様の演出が求められなければならず、つまり、作劇も大幅な変更を余儀なくされたはずなのだけれど・・・

「リメイク・ドーン」は後半資金難に喘ぎつつの撮影だったと聞いているので、後半の矛盾点に整合性を持たせる余裕がなかったんじゃないかな、と私は勝手に思っています。
そして、その反省点を踏まえ、完璧なプリ・プロダクションで臨んだ結果が、「300」という傑作に結実したんじゃないかな〜、なんて、これまた勝手に想像してるんですが、まぁ、コレは余禄。
(ここらも『300』の感想で書いた気がするな・・・ホント酔っ払いみたいでクドくて御免><)

話を戻して。
走るゾンビを惜しくも生かしきれなかった「リメイク・ドーン」に先んじて、走る設定にあわせた新しい作劇、演出で挑み、そして見事に成功した傑作があります。
それが、(なんとここまでが前振り。長っ)
28DaysLater.jpg
28日後・・・(原題:28DaysLater)

※一部オチに抵触するので以下追記で。
posted by るしは at 00:00| Comment(10) | TrackBack(0) | 映画(ゾンビ系ホラー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

FPSの日A[Team Fortress2]

すっかりゲーム・モードな、るしはです、今晩は。
あまり疲れを引きずらぬまま久しぶりの連休に突入出来たおかげでしょうか。
この休み中、大掃除Part1以外はほとんどゲームしかしていませんでした。
[疲れてる][時間がない]と真っ先に減退するのがゲーム欲なんですが、久しぶりに両方の条件がクリアされたもので、今までの反動か、些か暴走気味です。

こうして遅番勤務中に例によって頭痛に苛まれながらも「早く帰ってゲームしてー!」とか思ってます、この男。
なんか変な脳内麻薬でも分泌異常を起こしてるに違いない。
まー、ホント久しぶりのゲーム満喫なんで勘弁してください。
特に、映画ネタでお越しいただいてる方には、つまらない(つーかわけわかんない)内容だと思います。ゴメンなさいね><
---------------------------------------------------------------------------------
では、FPSの日の続きです。
Teamfortless2_2.jpg

[Team Fortress2]
「The Orange Box」収録の1本。オンライン特化型チーム対戦FPS。
元祖ポリゴンFPS「QUAKE」の有名MODのリメイクだそうで、実に堅実かつ面白い。
「Shadowrun」の複雑な要素に対して非常にシンプル&カジュアルだけど、これはこれでとても楽しい。
シンプルなだけあってチュートリアルがなく、初オンライン時には大変失礼いたしました。
(まぁ外人さん達だったのでコレ読んでるわけもないのですが)

何故かシステムリンク(Xbox360同志を直繋ぎするマルチプレイ方式)を単体(プレイヤー一人)で出来たので、これでマップ構成&おおまかなルールを把握して、その後のマルチは本当に楽しかった。
(一人システムリンクで実績解除出来ちゃうのはどうかと思うけど)

個人的にはキャプチャー・ザ・フラッグより陣取りルールの方が楽しかったんだけど、それも占拠すべきポイントをシステムリンクで理解していたからこそなんですよね。
マップの把握って大事だな〜、と実感しました。
陣(ポイント)取りは自陣から近い順にしか占拠していけないので(コッソリ敵陣奥のポイントをイキナリ占拠は出来ない)前線の移動がわかりやすいため、マルチプレイFPS初心者の私でも結構戦闘に絡めました。
(コレってチーム戦だとポピュラーなルールなんでしょうか?マルチ暦の浅い私は初体験でした)

ヘイローと違って職種によって使える武器は決まっている(武器を拾うという概念がない)のですが、シンプルなゲームデザインにはコレで正解だったんじゃないかな?
シンプルとはいっても一つの職種で数種類の武器、戦法が選べるし、工兵はセントリーガンを設置出来たり、暗殺者は敵側に変装出来たり(変装時のポイント占拠は無理)と、シンプルながら凝っています。

どちらもちょっとしかやってないんだけど、ヘイロー3のマルチより楽しく感じたのは内緒w
ともあれ、そこらへんの検証方々、またマルチに突貫したいタイトルではあります。
Teamfortless2_1.jpg

赤と青に二分されたカラーリングも初心者にはわかりやすくて良いです。

残念なのは英語が喋れない点ね。
ゲーム開始後、戦場へのゲートが開くまでちょっと間があるんですが、そこでの作戦会議に加われないのがなんとも寂しいのです。
英語が喋れたらどんくらい楽しさが広がったのかわかりません。喋れる人が羨ましいなぁ。
せめてヒアリングだけでも出来ればなぁ・・・

そうそう、それぞれの職種紹介ムービーってのがあって、これのノリがまた楽しいんですよ。
追記でペタペタ貼っておきます。楽しいので観てね♪
Team Fortress2職種紹介ムービー集
posted by るしは at 00:45| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

[ヘイロー3]クリア

掃除ついでに居間と寝室を冬仕様にしたんですが、一日仕事になってしまいました。
まぁでもゴチャついた部屋が綺麗になってよかった。
後はキッチンと書庫をなんとかすれば、早めの大掃除が完了です。
来週あたりに出来るとイイナ。
-----------------------------------------------------------------------------
で、ヘイロー3をクリア(難易度は勿論ノーマル)したのですが・・・

どうにもキャンペーンの冗長さと単調さが気になってしまって心の底から楽しめなかったのが正直な感想。
(これはヘイロー2でも気になった点)
各マップでの戦闘自体はとても楽しく、特にCO-OPでは珍プレイが続出(特に爆風系の死に様)して爆笑モノの面白さなのだけれどね。
私見ですが、キャンペーンだけで判断するなら、同じく「とってつけたような添え物のストーリー」の「ギアーズ・オブ・ウォー」の方が構成のバリエーションも長さも丁度良い塩梅でした。
(勿論その分、ギアーズはマップの種類が少なく、狭く、そして最大対戦人数も少ないのだが)

ストーリーについては途中要所で挿入されるコルタナのF.E.A.R.のアルマみたいなイメージ(独白)がマスターチーフとの個人的繋がりを示唆していて、しかも「コルタナを助け出せ」という物語なので私は勝手に、
「こりゃラストでチーフがコルタナに伝説の樹の下で告白!エンディングは白黒ツートンのフォーマル仕様スパルタン・アーマーに身を包んだチーフとウェディング仕様ホログラム・コルタナの結婚式で、仲人は勿論ジョンソン軍曹」
なんてトンデモEDを期待していたのですが裏切られて残念です。(当たり前だ)

まぁ冗談はさておき、最後まで影の薄いアービターとか、最後まで凡庸な敵だった真実の預言者とか、さして劇的でない主要人物の唐突な死であるとか、ホントにストーリーは添え物だったなぁ・・・
せめて状況自体を緊迫感のあるものにしてくれれば良かったんだけど。
(1はそれで乗り切りましたからね)
実は直前にHalf-Life2を少しプレイして、そのキャンペーンの素晴らしさに感動した後だったので、少し辛口な感想になっちゃったかもしれません。
(Half-Life2の雑感は後日UPする『FPSの日A』で)

しかし、ヘイローの肝はやはりマルチプレイ。
マルチプレイを語らずしてヘイローを語ったとは言えないでしょう。
マルチプレイは一戦外人さんとやっただけなので、もうちょいやりこんでからこちらの感想はUPすることにします。
そうですね、せめて実績『トレーニング完了』を解除してから^^;
posted by るしは at 00:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

機動戦士ガンダムOO#4「対外折衝」

前回の「北アイルランド紛争終結」にありそうな理由が用意されてて一安心。
対ガンダムにカスタマイズされたフラッグ(超カッコヨス)部隊を新設するユニオン、人革連もまた新設した捕獲部隊に《超人計画》の超人壱号(設定的にジンラ号を思い出すが美少女)を配置し、小国はソレスタルビーイグの活動を自国の国益に利用しようとする。
周辺勢力の動きとそのキャラが実に楽しいし、ヒロインの登場・紹介編としても悪くなく、前回で見限らなくて良かった良かった。

次回はヘタレっぷりで唯一キャラが立ってるガンダムマイスターに焦点があたるようで、懸案の「主人公達が一番つまらない」が改善される布石となるのか注目してみたい。
------------------------------------------------------------------------------
余談ですががこの作品のMS(特にガンダム以外)はデザインが素晴らしく、20年ぶりくらいにプラモ買おうかなぁ、なんて考えています。
ガンダムのデザインも悪くないんですけどね。特に背中の円錐状のユニットなんてまるでグラント(※注1)の背中みたいで、見る度に頬が緩みます。にやにや。
※注1
posted by るしは at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ・特撮 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

FPSの日@[Shadowrun体験版]

連休はイイ。連休は最高です。連休にノーベル平和賞を授与してあげたい気持ち。
で、晴れて(雨だったが)連休初日を迎えた昨日は、るしは的にはFPSの日という祝日に指定してもいいほどFPS三昧でしたので、遊んだFPS色々の雑感などを。(長くなりそうなので分割で)

まずは、
「Shadowrunって、あのテーブルトークRPGのシャドウランだったのね!」
と今頃気付いた私がShadowrun体験版をやってみました。
やはり、異色なFPSですねぇ。
武器だけでなく、魔法や特殊能力を取捨選択するシステムなんですが、その魔法や特殊能力が武器並みに重要です。(その分、武器の種類は少ないのかな?)
[グライダー]で滑空出来たり、[近くにいるとライフを回復してくれる樹]を植えられたり、死んだ仲間を[復活]させられたり、[突風]で敵をフッ飛ばさせたり。
(ドラゴンボールの気合砲を思い出す)

中でも白眉は[テレポート]

8メートル先の進行方向に瞬間転移する魔法なんですが、これのおかげで普通のFPSではアリエナイ戦術が可能です。
[透視]で壁の向こうの敵の位置を把握し、壁をすり抜けて奇襲とか、1Fから2Fへ、敵の背後にテレポートしたりとか、一瞬で間合いを詰めてショットガン叩き込むとか。
(これまたドラゴンボールのVSセル完全体での瞬間移動→かめはめ波を思い出す)
また逆に追われてる場合は弾幕はりながら後ろ向きに壁の向こうに撤退したりもできます。

魔法類はMP制(MPは時間で回復)ですが、中にはMPの最大値を消費するのなんかもあり、どの魔法や特殊能力をセットし、どんな武器を選ぶかで、戦い方がガラリと変わるわけですね。
選択する種族の特性もかなりの差があるようで(ここらへんは体験版では体感出来なかったけど)これは色々試行錯誤するのが楽しそう。
しかし、ただでさえ超の付く方向音痴の私にとって、テレポートという移動手段を考慮した上での立体構造の把握は、かなり難易度の高い要求ですな。
実際、チュートリアル後のBOT戦(自分以外全部NPC)で翻弄されたり、迷子になって孤独にウロウロしてるうちに決着が付くとか、かなり情けない事態に(汗)
が・・・頑張らねば。

ちなみに、コレ体験版のくせにマルチプレイを選べます。
(製品版自体マルチプレイ特化型ソフトだし当然か)
で、いっちょ実戦を・・・と、部屋を検索してみたら・・・

ありませんでした^^;

まぁ、半年以上前に製品版が発売されてるので当然か(笑)
多分今日明日中には製品版が届くと思うので、マルチプレイはもうちょいお預けです。
posted by るしは at 11:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム(Xbox360) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝手にゾンビ映画祭 アウト・オブ・東京国際映画祭:続報

katteniZOMBIE_time.jpg

・・・オールナイトかうむむむむ・・・しかし3本3千円はお得だ・・・

関係ないけど前日には「バイオハザード史上初の3作イッキミNIGHT」なんてイベントも(やはりオールナイトで)やるそうです。
バイオハザードと言えば、先日3のノベライズが刊行されまして、もう中身を覗きたくって仕方がありません。
いえ、いまだにシエンナさんの生存に一縷の望みを託してるのですよ^^;
「バイオ3」も、なるたけ早急に観るように頑張ろう。

・・・しかし「ヒルハブ」とレイト2連発・・・ううむ大丈夫かいな。
posted by るしは at 09:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 映画雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

時計も設置してやんよ♪

初音さんは導入したものの、それだけだと流行りに乗っかっただけのようで(まぁ乗っかったんだが)面白くない。
というわけでネットを彷徨ってたらnokomanma様の時計が一際目を引きました。超可愛いの黒ハート






 






左側の白猫はシンプルで可愛らしいが、右側のはカラフルで動きもあってイイよね。ちょっと時間がわかりにくいのが残念だけど。
ん〜、どうしよっかな・・・とりあえず動きをとってみるか。
posted by るしは at 14:59| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。